<<前のページ123456次のページ>>

原発をなくす久喜地域連絡会の学習会を開きました

9
9月8日 の10時から、原発をなくす久喜地域連絡会の学習会を行いました。DVD「ウクライナ政府は訴える」を1時間視聴しました。

中身はとても濃い内容でした。チェルノブイリ原発事故から25年、ウクライナ政府は国民の健康について、ずっと医師たちが研究を続けてきた声を国連に訴えた内容です。
除染が進まなかった30キロ圏内に住んでいる人たちは、白血病、白内障、甲状腺がんだけでなく、心臓、ガン、循環器の病でずっと苦しい思いをしています。とても悲しいのは、そこで生まれ育った子どもたちが、12.13歳で血圧が160もあったり、朝起きると関節が痛んだり、めまいがしたり、心臓が痛んだりしていることです。そして70%の子どもが、普通の体育の授業ができないことや、1日に多い時で3回も救急車で子どもが運ばれているということです。放射能の恐ろしさは、現在の科学ではコントロールできないことはあきらかです。
 
 福島の子どもたちに同じことを繰り返してはいけません。政府はこれからの除染や汚染水問題を真剣に、長期的に取り組まなければならないと考えます。オリンピック誘致の時に、阿倍首相は「今もこれからも何も問題はない。コントロールできる。」と言いました。「何をいっているのだろう、今、福島第一原発の汚染水は、なにもコントロールできずに、制御不能ではないか。」と私は思いました。
 
 ぜひ、小さい子どもを持つ若いお母さん、お父さんたちに見てもらいたいと思いました。
また、どこかで企画したいです。
           

                         記   渡辺昌代


     

2013.09.10 18:18:21

テーマ:ごあいさつ・議員紹介・なんでも相談/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

要望実現に向け全力で

新春をお喜び申し上げます。
昨年は市民の声を大切に、そのご意見・要望の実現に向け、
全力をあげてきました。
今年もとくに合併後の住民サービスの向上と
住民負担の軽減のため議員団は住民と一緒に草の根の運動を広げて行く決意です。
どうぞ、よろしくお願いします。
        久喜市日本共産党市議団



2013.01.01 06:00:00

テーマ:ごあいさつ・議員紹介・なんでも相談/ コメント(3)/

ページの先頭へ▲

生活なんでも相談 お気軽にどうぞ 

生活相談 どんなことでもどうぞ
こんにちは
 税金があがる一方年金は減らされ、毎日の生活が本当に大変です。
年間3万人もの方が、みずから命を絶つ事態は"異常"です。

 なにかと自己責任が叫ばれる中、一人に悩んでいませんか。
  生活苦の根底には、あなた一人の問題にとどまらないことがたくさんあります。
   ご一緒に考え、解決しましょう。 

 久喜市議団
  木村とものり  tel 22-8567
     渡辺まさよ   tel  21-9058
      杉野おさむ   tel  58-9010
      石田としはる  tel  52-7260

日本共産党のしんぶん 赤旗 を是非お読みください。 
  暮らしに役立つだけでなく、本当のことが見えてきます。

2012.07.11 12:20:19

テーマ:ごあいさつ・議員紹介・なんでも相談/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

ごあいさつ

こんにちは
 本日は久喜市議団ブログへの訪問ありがとうございます。

久喜市議団では議会活動の報告はもちろんのこと、日常活動の
報告やみなさんからよせられたご意見への回答など、機敏に対応
していきたいと考えています。

ご意見など是非お寄せください。
 


何年ぶりかで咲きました。シャクナゲの花です。
 

シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」「警戒」だそうです。
可憐な花からはおよそ想像がつかないのですが、
もともとヒマラヤや中国の奥地に咲く神秘的な花だったことや、
高山では危険を伴うことも多かったことから
そういう風な花言葉になったのかも知れません。
また一説には花の女王シャクナゲといわれることから来ているとも。

2012.06.09 08:04:47

テーマ:ごあいさつ・議員紹介・なんでも相談/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

渡辺昌代プロフィール

石田としはる

1961年群馬県館林市生まれ(50歳)
上野学園短期大学音楽学部卒業
音楽教員、ヤマハピアノ講師を経験
新日本婦人の会久喜支部事務局長
幸手ひまわり幼稚園保護者会会長
久喜市立清久小学校PTA副会長
久喜市立南中学校PTA副会長
家族 夫、3男、1女(6人家族)
趣味 コーラス、スキー
特技 レクレーションリーダー・リズムリーダー
子どものころは、3人姉弟の1番上で、とてもおとなしい子でした。中学の頃はピアノ伴奏をずっとしていたので、歌が歌いたいとずっと思っていました。
子どもが生まれ、新婦人の親子リズム小組に通ったり、親子げきじょうで活動し、たくさんの人と出会い、学びたくさん遊びました。今も活動をしていますが、私の民主的活動の原点だと思っています。

2012.05.10 11:01:06

テーマ:ごあいさつ・議員紹介・なんでも相談/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲