<<前のページ12次のページ>>

参議院選挙 何を基準に投票するか この演説を聞いてほしい


 


参院選4日目 7月7日 志位和夫委員長がJR大宮駅西口で街頭演説。この間連日の選挙戦の中での党首討論会、テレビ出演を踏まえ、安倍政治の国民不在の政治を気迫込めての訴えでした。
比例区で日本共産党の躍進を! 埼玉選挙区は伊藤岳候補を何としても国会へ! 雨にもかかわらず集まった大勢の聴衆を前に、気迫を込めて訴えには道理の通った希望を展望を示す訴えでした。


埼玉選挙区の伊藤岳候補、現場の声を、梅村さえこ候補(前衆院議員)が、消費税増税ゆるさない必勝の決意を力強く訴えました。


志位委員長は、年金問題や消費税10%増税、憲法9条の問題について、国会での論戦や党首討論での安倍首相との論戦を交えながら訴えました。


明日の暮らしに希望がもてる、日本共産党の3つの提案――第1、8時間働けば普通に暮らせる社会に。第2、暮らしを支える安心の社会保障に。第3、お金の心配なく学び、子育てができる社会を。
志位委員長は、3つの提案を実行するには7・5兆円の財源が必要であると指摘し、その内容を記した、大きなパネルを示して丁寧に解説。7・5兆円は、消費税3%分に相当すると強調しました。

消費税を増税しなくても、財源はある。増税しないで、庶民の負担なく財源をつくれるということは、増税で差し引かれる分がなくなり、別のところから暮らしを支える財源政治ができるということは、2倍以上の効果が生まれて来ます。本当に希望のある暮らし、実現できます。 
 その道は、私たちが握つているし、私たちが賢くなって 1票を投じればいいのです。
日本共産党が信じられるかどうか、97年の足跡を見てほしい。前回の衆議院選挙、自らの候補者を降ろしても、日本の民主主義が守れるなら・・・と、がんばりました。
 先の侵略戦争に、反対した政党なのです。昨日今日生まれた政党とは違うのです。
日本共産党の批判されることは、言論の自由として認めるものですが、その批判が事実がどうかを検証すれば、日本共産党の真の姿が、返って光って来ると思っています。
 参院選、比例区は日本共産党へ、選挙区は伊藤岳候補にお願いします。


石田としはる 記


2019.07.11 21:17:53

テーマ:安倍内閣は退陣せよ! 暮らし・福祉守る市政を!/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

埼玉県の未来を託す選挙 県議選挙が29日告示4月7日投票 春日部県議 秋山文和さん

埼玉県 県議会選挙が3月29日告示 4月7日投票で行われます。

 日本共産党では、春日部市で現職の秋山文和さんが立候補予定です。
秋山さんは、やさしい人柄で困った人がいると、とことん相談にのり親身になって解決にちからをつくす人です。 顔の表情にも 人柄が出ていると感じます。

         秋山 文和

今度の県議会選挙は、今の政治に対する審判を示す選挙にもなります。10月に予定されている 消費税増税、今度の県議選、一斉地方選挙で「消費税ノー」の一票を投じる人が多数を占めれば、消費税増税は、できなくなります。
 消費税ノーの 一票は ブレない日本共産党に、そして やさしい人だからこそ、市民の暮らしを破戒する悪政にはきっぱり対決する強い人、それが秋山文和さんです。

 春日部にお知り合いの方などいらしたら、秋山さんへのご支援、是非声をかけてください。

日本共産党久喜市議団も応援しています。

2019.03.19 21:28:36

テーマ:安倍内閣は退陣せよ! 暮らし・福祉守る市政を!/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲