<<前のページ123456次のページ>>

ここは何処 下水道施設の一部 なかなか入れない場所です

2017.12.13 建設上下水道常任委員会 所管事務調査を実施しました。
下の写真は、下水道事業の中で、合流式による汚水処理をするため「貯水槽」が作られています。そこに通じるマンホール内です。


久喜市の合流式エリア(久喜駅近辺)で大雨が降ると、ここに流れこんで来ます。


雨水と汚水が一緒に流れ込んでくる「汚水」を貯水槽へ送り込むポンプです。


現在の久喜駅を中心に114.9㌶の範囲が合流式での処理が進められています。当時は画期的と言われましたが、雨が大量に降ると汚水も雨水も処理場に流れこむことから、未処理の汚水がそのまま河川に流れ込み、東京湾が汚染されるという問題があります。久喜市の汚水も最終的には東京湾に流れ込み、2020年には「東京オリンピック・パラリンピック」が開催される中、東京湾の汚水環境が問題となっています。
このような中、久喜市において緊急の対応策として、処理能力を超えた汚水を一旦貯留する貯水槽の設置事業が進められました。平成24年10月から26年3月に、金額147525000円をかけ完成、貯留可能な容量は650立法メートルです。この貯水槽の果たしている現状について処理場を視察しました。

貯留槽設置が完成したことにより、河川に流れ込む汚水の質や分量が大幅に改善されている様子が確認できました。しかしながら、合流式による汚水は、20ミリ程度降雨があった場合でも、越流堰を超え貯水槽へ誘導され、未処理の汚水が中落堀川へ放流されるとの説明でした。当日は、貯留されるマンホールの中に直接入り、現場を視察し、超水槽がいっぱいになると中落堀川へ自動的放流される様をリアルに見ることができました。



処理目標としては、これまで河川に放流していた分量を半分に抑えたいとしていますが。台風やゲリラ豪雨により50ミリを超えるによる雨量があると、実際にはなかなか厳しいとのことです。貯留槽はあくまでも、対処療法で、合流式を分流式に変更するなど根本的に解決する事業が求められていると感じました。



石田としはる 記

2017.12.15 13:37:52

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

子どもたちを第一に考えた学校給食 自校調理方式へ切り替えを求める請願提出

2017.11.16 午前中に11月議会に向け「久喜市の学校給食を考える会」は、自校調理方式への転換を求め請願書を議会に提出しました。
 



 日本共産党久喜市議団と「市民の政治を進める会」の議員が紹介議員となりました。会ではこの間、賛同署名に取り組み、寄せられた署名は
1万100筆を超えました。提出後も署名は寄せられています。(
16日現在)署名運動には、保護者を始め、栄養士さんなど、広範な市民のみなさんが取り組み、沢山の方が参加しました。
※なお、請願書のタイトルは、「子どもたちを第1に考えた学校給食を・巨大給食センター建設方針を見直し、既存の施設を生かしつつ、自校調理方式への計画的な切り替えを求めます。」となっています。
請願書の全文です。

件名
 子どもたちを第一に考えた学校給食を-巨大給食センター建設方針を見直し、既存の施設は生かしつつ、自校調理方式への計画的な切り替えを求めます 


趣旨
 久喜市は、久喜地区や鷲宮地区の学校給食センターの老朽化を口実に、11万2千食の調理能力を持つ巨大給食センター(工場)を理科大跡地に建設する計画です。


 市は大規模センター化を進める理由を、おもに「建設費や運営費が安くすむ」という財政的観点から説明しています。しかし、何よりも子どもたちを主人公として「望ましい学校給食」を考えたとき、「自校調理方式」が優れていることは明らかです。
 そこで、巨大給食センター建設を見直し、既存の施設は生かしつつ、自校調理方式への計画的な切り替えを求めます。 


以上、地方自治法第124条の規定により請願いたします。

請願は、久喜市議会の教育環境常任委員会に付託され12月14日に審議され採決される予定です。議会の採決としては、議会最終日の12月20日に採決予定です。
是非とも傍聴にいらしてください。


2017.11.16 15:00:58

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市政にとどけ!市民のこえ


2018年度予算要望書を田中市長に手渡しました

 11月6日、市議団と党久喜市委員会のメンバーは、2018年度予算に市民要望を反映させるため、田中市長に要望書を手渡しました。要望項目は、市に対してのものが208項目。国に対してのものが55項目に及びました。はじめに、杉野団長からは、そのうち12項目に関して提出した理由が説明されました。
(12項目は、「働き方改革」「済生会栗橋病院問題」「国保広域化問題」「大雨時の冠水対策」「デマンド交通改善」「行革による総合支所の縮小」「給食センター」「市立図書館の指定管理」「理科大学の跡地に巨大物流倉庫誘致について」「南栗橋の液状化対策」などです。)


 杉野団長は説明に当たり、総選挙後、安倍首相をはじめとする改憲勢力が「憲法改正」に向けた動きを強めていることに対し、「憲法に自衛隊を明記することは、戦力の不保持と不戦を誓った第9条を骨抜きすることになる。」とし、田中市長には「現行憲法の擁護に向けて、見識ある奮闘を期待する」と要請しました。
 その後、参加者からは「久喜市に若者世代の移住促進する目的で家賃の補助制度を」また、「保育所待機問題の解決を」などの要望が語られ、市長との懇談がおこなわれました。

2017.11.06 16:44:57

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

久喜市議会の政務活動費 ホームページに公開されました。ご覧ください

議会の活動費用として政務活動費が支給されます。

全国でこの政務活動費の支出、活用に対して問題点が指摘されています。
久喜市議会では「情報公開」することが、不正な使用をゆるさないことにつながるとの思いから、久喜市のホームページに、領収書などすべて公開することにしました。
2017年度の第一期分 2017年4月1日~6月30日分が公開されています。

 https://www.city.kuki.lg.jp/shigikai/seimu/seimu2017.html



是非ご覧ください。
ご意見をお寄せください。

 記 日本共産党久喜市議団 経理責任者 石田利春

2017.10.19 22:09:58

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

あなたの疑問に答えます  子どもたちを第一に考えた学校給食を Q&A

子どもたちを第一に考えた学校給食を」Q&A


「子どもたちを第一に考えた学校給食を」の署名に取り組んでいます

昨年の8月18日、久喜市は、審議会にも、市議会にも諮らず、独断で理科大跡地に全校分の給食センターを作るとしました。私たち「久喜市の学校給食を考える会」は、子どもたちにとって最良の給食は、自校調理方式だと考えています。多くの市民の皆さんから署名運動に御賛同を得られるよう、課題を整理しました。みなさんでお役立ていただき、署名に協力をお願いします。

上をクリックしてごらんください。
 
お知り合いの方などに拡げていただきますよう、署名運動にご協力をよろしくお願い致します。



2017.07.27 09:41:35

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲