<<前のページ123456次のページ>>

二度と起こしてはならない


日米安保の壁を越えて解決を

17日未明、静岡県下田市沖で米海軍イージス艦フイッツジェラルド号とフィリッピン船籍・日本郵船のコンテナ船とが「衝突」した。私は即座に「またか!」と思った。もう、何度も、何度も繰り返されてきた事件である。これまで、多くの米潜水艦が日本の漁船に、そして、自衛艦がつり船に、「ぶつかって」いる。
 とくに、第一富士丸と潜水艦「なだしお」の事件は、忘れようがない。海上衝突予防法では、2隻の船舶が接近した時、「相手船を右舷に見る船に回避義務」があり「左舷に見る船に航路保持義務」があるとされている。あの時、回避義務は明らかに潜水艦側にあった。小さな釣り船は、衝突してわずか1分で沈んだ。乗客48人中、30人が命を落とした。
 この事件には、あらゆる罪悪があった。まず、回避義務があるのにもかかわらず潜水艦は避けなかったこと。そして、衝突後、「助けてくれーっ」と叫ぶおおぜいの人を救助せず、見殺しにしたこと。事故後、自衛隊は、警察の聴取に7時間応じなかった。つじつま合わせを必死にやっていたのだろう。(杉野推測)事実、航泊日誌を改ざんしていたことも審判の中で明らかになった。   翌日になって、海上幕僚長は「第一富士丸がぶつかってきた」とする声明を出した。同じ日本人である自衛隊で、こうである。  今回は、アメリカのイージス艦である。事故後、当然のように「公務中のアメリカ艦船の事故調査は、アメリカ合衆国に捜査権がある」日本の警察は、当面、立ち入り禁止とされた。
 日米安保条約・行政協定では、アメリカの基地はもちろん、艦船、航空機、戦車、車両、その存在自身がアメリカ合衆国なので、日本国内、領空、領海、すべてを自由に移動ができることになっている。コンテナ船が接近していることを早くから把握していたのに、なぜ衝突を回避しなかったのか、疑問が湧く。自衛隊員の話では、どこかに、しかも普通に「民間人が避けるべき」という気持ちがあるという。
 今回ぶつかったフィッツジェラルド号は、j東日本大震災でのアメリカの「トモダチ作戦」に参加した艦船だ。あの時、アメリカもたまには良いことするのか、と思ったが、後になって、作戦の費用を90億円くらい日本政府に請求してきたという。
 真相究明が大事になるが、アメリカは「死者数も明らかにできない」という。今後のこともある。アメリカ軍はすべてを公表して、2度とこういう悲しい事故が起こらないようしてほしい、と願うだけである。   杉野 記

2017.06.20 15:23:27

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

審議会決定の重み 都市計画審議会


これでいいのか 都市計画審議会

 去る3月29日水曜日、第3回久喜市都市計画審議会が開かれた。出されていた議案は、第1号が「久喜都市計画地区計画の変更。第2号が「久喜都市計画区域における一般廃棄物施設の敷地の位置について」の2議案だった。

 1号は、理科大学撤退後の跡地利用の方針に関して、具体的な決定をしようとする内容であった。すでに議会でも再三にわたって取り上げてきている事案だが、「A地区」は敷地全体の4割に当たる理科大の校舎が多くある部分で、「公共公益施設地区」という位置づけが去れており、すでに、久喜市に無償譲渡されている。この活用に関しては、市民からの意見も聞きながら「教育、子育て支援機能」を中心とした土地利用計画が進んできた。
 そしてくだんの巨大な給食センター計画が、「市民の合意なし」で進められていることは周知である。今回、この件はふれないが、都市計画審議会で問題になったのは、「B地区」である。

 「B地区」は、明確に「物流施設地区」の位置づけであり、「雇用や、地域の活性化に寄与する」として、積極的に誘導を図るものである。 しかし、である。物流施設を多く手掛けるレッドウッドグループが理科大学と土地の売買契約を結んだという話は、すでにネットでも公表され、地元の区長会は、「大学という教育施設だから認めてきたが、物流施設では、周辺環境が激変する」として、こぞって反対、撤回を求めてきている。しかも、である。倉庫は「ランプウェイ方式のマルチテナント型倉庫」と公表されているが、市の担当者は当時、「こちらもビックリしている」と言っていた。 つまり、市がマスタープランを変更はしつつも、地区計画を定める以前に計画だけが進行してきたことになる。審議会で出された資料には「参考」としながらも、ランプウェイ方式の図面が、示されていた。なぜか。

 先日、三芳町で発生した、アスクルの倉庫火災を、久喜市も、しっかり検証し、教訓化を図る必要がある。この関連で、私は審議会で発言した。理科大学跡地、特に「B地区」の周辺には、特別支援学校や、偕楽荘(高齢者デイサービスセンター)などがある。 法と政省令に基づいて造られた倉庫で、あのような重大な事件が発生しているのである。火災などの事件発生のとき、支援学校の生徒や、偕楽荘内にいる高齢者の「避難誘導計画」はどうなっているのか。火災の発生起因者が責任をとればよいのであって、市や、都市計画審議会には関係がない、というつもりであろうか。審議会が地区計画を定めることは、大変な重みのあることであり、決定する前に深慮を要するのではないか。

 審議会では、委員長が「異議なし」として進めようとしたので、私は「合意できる内容ではない」として、反対をした。最後に配布された「答申」には変更に関しては「異議なし」ではなく、「賛否の別 賛成」となっていた。反対は私一人であった。

 今回の地区計画変更は、地元住民の意向も無視し、周辺環境や、危険の除去に大きな問題がある。将来に禍根を残す結果となったことに対し、強く抗議と遺憾の意を表したい。 
 
   杉野 記




2017.04.03 11:14:13

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

大した学者に出会った幸せ

歩く「憲法」
      木村草太氏
 
先日、障害者団体主催で、新進気鋭の憲法学者である木村草太氏の講演を聞くことができた。

司会から「テレビやラジオなどで活躍され、おなじみの・・」と紹介されたことに、氏はまず噛みついた。
「テレビで有名だから私を呼んだのであれば、それは失礼な話だ」と。つづけて「憲法の話を鋭くわかりやすく話せる、優れた学者である・・と紹介するならわかるが・・」と。
 まことにもっともな弁である。しかも、主催者側が、気を回したのか、自民党の「改憲草案」が氏の講義要点とともに印刷され、配布されていたことに対しても、「べつに頼んでいないのに改憲草案が配られている。こんなものは、捨て置くべきもので、わざわざ印刷して配布するものではない。」と切り捨てた。  なるほど、この人は骨太で、決して妥協しない、正真正銘の憲法学者だと感じ入った次第である。

 「憲法は、国家の失敗を防ぐための法律である。」「今の社会に『息苦しさ』が蔓延しているとすれば、それは国家が何らかの失敗をしているということである。」「その解決は、憲法を学ぶことだ。必ず答えは憲法の中にある。」と語った。

 沖縄・辺野古への基地建設についても、「外国軍基地を、日本のひとつの内閣の判断で、決めてしまってよいのか?」「それは、地元自治体にとって、自治権を制約することになってしまう。これは、地方自治を定めた憲法に反することだ」と切った。
 そのほか、基本的人権についても熱弁を振るった。  あっという間の1時間が過ぎた。

 講演後に、先生の本に、私はサインをしていただいた。 これはもう、完全な「ミーハー」である。とにかく、木村氏の言うように、国民が抱いている「閉そく感」「苦しみ」の根源を探り、解決方法を見つけるために、もっともっと憲法を学ぼうと、改めて決意した1日だった。
                杉野 記

2017.01.17 17:39:59

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

若者へ、共に戦おう!よ

成人式は、いいっ!
 ようやくの投稿。去る8日に市内4か所で成人式が行われた。いつも鷲宮西コミだけにお邪魔させていただいている。20歳の若さ、初々しさが会場に溢れている。やはり成人式は、いいっ!
 付き添った保護者も感慨ひとしお、ではなかろうか。鷲宮会場では、かつて「鷲宮太鼓」のみなさんが「祝い太鼓」を打ち鳴らしてくれていたものである。ここのところ姿を見ることはできない。何かしらの条件が整わないのであろうか、残念ではある。それから、新成人の「誓いのことば」が今年は男性ひとりで、女性が出なかったのはなぜなのだろうか?その説明はなかったように思う。

 いずれにしても、多くの若者がブラック企業で働き、苦しんでいる。青春はもがくものではあるものの、このことは別である。大人が人為的に作った苦しみは取り除かなければならない。ましてや、幾人かが自衛隊員として戦地に赴くことになるとすれば、そして現地でアメリカ軍からの要請があれば、もう出動を断れない法律を作ってしまった。自らの意に反して銃を向け、弾を撃つことになる。ここ数年、われわれの「不幸な的中」をいくつも経験している。これだけは命がけで防がなければならない。「誰の子もころさせてはいけない!」のである。  杉野 記

 


 



  男



  女



 合計



久喜地域



 347



 354



 701



菖蒲地域



  96



  90



 186



栗橋地域



 165



 148



 313



鷲宮地域



 166



 183



 349



全  体



 774



 775



1549


2017.01.16 15:38:50

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

最近の中国という国は

中国・上海の高層ビル群

 久々の投稿。いろいろあった決算議会が終わり、気づけば季節は、もう秋になっていた。季節だけではない。政治の移ろいは、ことのほか速い。東京都の築地市場の移転問題や、オリンピック・パラリンピックの施設費用などは、次の機会に書くとして、今回は、最近の中国についてひと言いいたい。ご覧のように高層ビルが立ち並ぶ中国の都会には、日本も含め、世界中から大企業が進出している。
 中国の人口は、13億7462万人で世界で一番多く人が住んでいる。近いうちにインドがトップになるとしても(2位のインドは12億9271万人)その巨大な市場は各国の企業にとっては「魅力的な市場」なのである。
 かつては農業立国で、あって、あの毛沢東も農村民に依拠して「個人の利益より公の福祉優先を」というゲリラ革命を唱えていたことがあった。(それを日本にも押しつけようとしたが、日本共産党はそれを「そういう暴力革命のような路線は反対だ。日本には日本独自ののやりかたがある。」として断固拒否した。)とにかく中国は、社会主義を目指しているのではなく、資本主義を突き進む経済大国・軍事大国であることは、まちがいない!


 今の中国は、毎日、証券取引場を中心に経済は動き、金融市場が中国を支配している。ちなみに、鉄鋼生産は日本を圧倒している。(中国の昨年の粗鋼生産量は8.1億t。輸出量は日本の粗鋼生産量に匹敵する )工業最優先で開発を進めて、農村から労働力が大量に都会に押し寄せる。それらの場所確保のため、山林、自然は急速に減少してきた。自然の保水能力は低下し、公害は垂れ流し、河川や大気の汚染はひどい。公害防止の規制はほとんどない。ほとんど野放し状態。目を覆うばかりである。(かつての日本を見るよう)

 

フランスの核兵器・核爆発実験カノープス(Canopus)01













フランスの核実験

  ここまで、中国の紹介のようになったが、本題はこれから。  こうした中国が、一体、これからどこへ向かおうとしているか、である。私はここ10年ほど、中国の政治が「危険な方向」に向かっていると感じていた。複数の政党政治の存在を認めない1党独裁であり、政権や、中国共産党(この名前も非常に迷惑である。変えてほしい)に批判的な意見や、文書は発したとたんに弾圧されてきた。これは社会主義を目指すどころか、もはや民主主義でもない。

 国連でも、あの北朝鮮をかばって拒否権を発動することが多く、世界の異端児ですらある。その中国が、先日、クアラルンプールで開かれた「アジア政党国際会議」(35カ国、87の政党が参加。日本からは共産党と民新党)でとんでもないことをした。この会議は、与野党の区別も、考え方の違いも超えて、アジアと世界の平和と協力について話し合うフォーラムとして発展してきたもので、今年で第9回目の会議であった。

 日本共産党の代表は、「東アジアの平和、核兵器のない世界をどう築くか」というテーマで発言した。そして最終日に採択される「クアラルンプール宣言」が、世界から核兵器をなくすために効果的で、前向きな内容になるよう各政党と努力を重ねた。また、「核兵器禁止条約の速やかな交渉開始の呼びかけ」を盛り込むよう修正案を提出した。そして、それは最終日になって、その文言を取り入れた宣言案が全員に配布された。 ここまでは良かった。しかし、議事も最終になり、宣言採択の直前になって、中国の代表団が、この部分の削除を急きょ求めてきたのである。事前の宣言起草委員会では、全員一致で(もちろん中国も)確認しておいて、そのうえでの暴挙である。

 中国は、核保有国であるばかりでなく、世界の核兵器に固執する勢力(ロシア8420発、アメリカ7650発、フランス300発、中国260発、イギリス225発、パキスタン120発、インド110発、イスラエル80発、北朝鮮2~8発?)の一員として、世界から非人道的兵器である核兵器をなくそうという国際世論の「妨害者」となってしまった。

 安部政権の中には、核兵器保有を公言する大臣が何人もいる。もはや、他人ごとではない。日本こそ、ただ一つの被曝国として、そして戦争をしないことを誓った憲法を持つ国として、「世界から核兵器も戦争もなくそう」と、世界に呼びかけることが今こそ、求められているのではないかと思う。
                       杉野 記
 
 

2016.10.09 11:35:39

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲