<<前のページ123456789次のページ>>

「きれいな国」を返したい



福島第1原発で事故後初の「被ばく労災認定」を考える

 すでに報道されたように、事故収束作業に従事し、白血病を発症した40代の作業員について福島労働局富岡基準監督署は、「被ばくと疾病の因果関係が否定できない」として労災認定をした。 男性の「累積被ばく線量」は1年半で19.8ミリシーベルトにのぼるという。

 日本人の放射能被曝は、広島、長崎、ビキニ諸島、に続き「4度目」になる。しかし、今回は、福島原発、いわゆる「いちエフ」での事故に伴うものであり、各地の原発では、これまで作業員の「がん」で労災認定された方は、実に13人にも上る。被ばくは4度目ではないのだ。

 完全防備の作業服でも、長時間高線量の被ばくがつづくと、意味はない。メルトスルーした核燃料は、ヒトの染色体を確実に傷付けていく。そういえば、事故のとき、水蒸気爆発はメルトスルーの結果なのに、政府も東電も「メルトスルーはしていない」と言っていた。なにもわかっていないのにだ。
 私としては、作業員の被ばく線量が果たして正確かどうか疑問も残る。それは、生きるために作業をつづけなければならなかったから。多くの作業員が線量計のスイッチを切って作業をしたという。いずれにしても、労災認定されると「医療費と休業補償」は支払われるが、その代償は決して小さくはない。 事故現場は、何がどうなっているのかさえもまだ良く分かっていない。そして廃炉に向けての行程はまだ見えていない。日本人にとって廃炉作業は初めてのことである。この先、40年で終わらない場合もある。
 3.11事故で「安全神話」が何の根拠もないものであることが明らかになった。「すべての原発は廃炉に!」は国策として掲げるべき課題である。クリーンエネルギーへの大転換は、早急に着手しなければならない。日本は、これ以上の「ヒバクシャ」を産んではならない。

 原子力は、ほんのひと握りの人たちにとっては、莫大な利権と利益をもたらす「打ち出の小槌」であるが、大多数の国民にとっては、未来を消し去る危険極まりない害悪である。
 いま、「戦争法を廃止する政府」を提案している共産党だが、「原発を廃炉にし、クリーンエネルギーへの転換を進める政府」も遅くない時期に実現したいと願っている。
 まだ顔を見ぬ未来の日本人に「きれいな国」を返す義務が私たちにはあると思う。 杉野 記

2015.10.23 12:23:03

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

鷲宮三題で思う

これから路肩で脱皮
桜田ニュータウンの団地内で、歩道の路肩でセミが脱皮しようとしていた。普通は木の葉の裏など目立たないところで脱皮するものだが、これは余りにも目立ちすぎだ。いや、むしろ危険でさえある。
 次に出てくるムクドリや雀が狙っている。しかし、こればかりはどうしようもない。こうしたセミをいちいち安全な所へ移動させようとすれば、私の生活が成り立たなくなってしまう。申し訳ないが、写真を撮った後、その場を去った。無事空に飛び立てることを祈るしかない。

ムクドリの群れ
 写真はムクドリの群れである。この時期、どうってことのない景色である。しかし、見て頂きたいのは、かれらが電線にとまっている「間隔」である。ほぼ等間隔。後から来た個体が、もし、少しでも近すぎると激しく拒否されてしまう。
 自然界にも、それなりのルールが存在するのである。(私の勝手な決めつけ)人間界でも同じような所がある。電車の座席で「近すぎる」と、座っていた人は、それとなく離れる。(10センチくらい)しかし、離れすぎると「嫌味」になるので少しだけ離れるのである。これも気遣いか。

川内原発、再稼働の「異常」
 川内原発が再稼働を始めてしまった。世界でも異常な「安全よりも利益優先」の電力会社と、そこから献金をもらう自民党の政治。原発が1基も動かなかった700日。電力は十分すぎるほどある。必要性が全くない中での運転再開である。 
 そもそも規制委員会の「新規制基準」は、安倍首相の言う「世界最高水準」ではない。実に、恥ずかしいほどのウソである。総理大臣というのは、自ら調べて検証するなどということはできないのだろうか? この基準は、アメリカやヨーロッパの基準よりも劣っている。調べればすぐわかることである。 
 住民の「避難計画」は「安全の要件」にすら入っていない。「福島の教訓」はどこかに捨てられている。F1は「初めての廃炉」の危険な作業が手探りで行われているが、労災事故を含めて多数の犠牲者が出ている。

 原発というのは、立地する地方自治体にとって「麻薬」でしかない。金に目がくらんで、住民のいのちはどうでもよくなってくる。国民の反対を無視して再稼働を強行した安倍政治は、一刻も早く終わりにさせなくてはならないと思う。  杉野 記

2015.08.12 20:58:00

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

「鷲宮三題」


公共工事の現場訪問
 7月17日、埼玉土建久喜幸手支部のみなさんが久喜市役所内での耐震化工事の現場を訪問しました。当日は、行政への仲介をお願いした当議員団から私が立ち合いをさせていただきました。
 この現場訪問では、市が発注・契約する公共工事では、元請け会社から様々な下請け会社に仕事が回りますが、そうした時、①安全な工事環境が維持されているか。②建退共など労働者の身分保障の制度が生かされているか。③最低賃金や、適正な労務単価が支払われているか。が課題となっていました。懇談の中では、元請け担当者から説明があり、おおむね適正な条件があることを確認することができました。後日には、実際に現場で働く下請け会社の社員・職人からの聞き取りを行うことも確認されました。これからも下請けの社員や、ひとり親方のみなさんが「安心して働ける現場と労働条件」を保てるよう関係者(行政、受注者、議会)が連携する必要があります。当日は、市側と元請けの小川工業のご配慮もあり、有意義な現場訪問ができました。たいへん、ありがとうございました。

無念の張り紙
 これは、市内のある店先に張られた「お知らせ」である。35年間、続いてきた店を閉めざるを得なくなった事情は、察するに余りある。「もうひと踏ん張りでなんとか・・」「いや、もう無理だよ」家族でいろんな話を重ねたことだろう。こどもは、こうした親の会話を聞いていたかもしれない。大型ショッピングセンターの出店や、コンビニエンスストアの「乱立」(私個人の感想)の影響は大きい。街づくりや支援での課題もある。議会も責任の一端はある。選挙のたびに「地域活性化推進を」というチラシを配布する議員は多い。 兎にも角にも、庶民の多くが、救済を必要としていることは間違いないと思う。

共通の想い
車を走らせていたら、この表示が目に入った。これは、九条の会の澤地久枝さんのホームページにアップされていた金子兜太さん筆のものであることは、私も聞いていた。「何かしなければ」
という想いは同じである。先日、テレビで創価学会の方たちがSGI(創価学会インターナショナル)の三色旗を掲げて、反戦争法の訴えをしている姿を映し出していた。「平和の党」と標榜する公明党が、憲法違反の戦争に踏み込む法案を提出しているのであるから、支持してきた学会員はさぞかし「裏切られた思い」だろう。戦争だけはさせない、この一点で力を合わせよう。      杉野 記

2015.07.28 12:58:42

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

夏の3題に思う

「怒り」
「戦争法」を委員会で強行採決したことに抗議をしようと、実に多くのみなさんが官邸前に駆け付けた。そのひとりが私であった。SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)の若者が多くて目立っていた。「なんか自民党、感じ悪ーいっ!」とアピールを繰り返している。官邸前だけで数千人はいただろうと.思う。 
 実は、この場所に近づくまでにいろいろあった。ひどいのは警察の対応である。「抗議集会に参加する方は、この先を進んではいけません。Uターンしてください。」とか「いま、会場はいっぱいで入れませーん」とメガホンで叫ぶ警官たち。しかし、それは、ぜんぶウソだった。行ってみるとまったくそんなことはなかったのである。

 警察を信じた善良な人たちは引き返していた。「公共の秩序」のためならウソはОKなのか・・・。

志位委員長のアピール・スピーチ
わたしは、警察をあまり信じない方だったために、運よく、官邸前スピーチ場所まで来ることができた。ついて2,3分で目の前にいきなり、志位委員長が現われてゲストスピーチを始めた。

 「国民に追い詰められた挙げ句の、強行採決だ。国民主権が蹂躙されている。断固として抗議しますっ!」志位さんは、身体の大きな人だが、その大きな体を震わせて怒りをあらわにした。集まった人々が、それに呼応する。久喜市議会の保守的議員、公明議員は「これは平和法だ。戦争なんかしない」と言って、戦争法反対の意見書を否決したが、国会の答弁で、総理も、関係大臣も、みんな戦争になることを、自ら認める答弁をしている。それでみんな怒って集まったのだ。しんぶん赤旗には、元自衛官で現在、共産党の市議になっている人や、候補者である若者が登場している。
 本物の自衛官だった体験から、「戦争はしてはいけない」「危険な動きを止めるには共産党だ」と確信をするに至ったのである。

私たちは、すべて真実が分かったから、行動している。衆議院を通っても、これは憲法で禁じている戦争に踏み出す法案なのだ。これが制定され、さらに軍事力を増強すれば、中国や北朝鮮は、さらに先鋭化をするだろう。日本国民をいっそう危険にさらすことになる。安倍首相や、山口代表は戦地にはいかない。行くのは自衛隊員だ。私たちは、一人の自衛隊員も戦場に送りたくない。やって良い戦争などありはしないのだ。
 「地下道の英雄」
写真が小さくて恐縮です。毎週土曜日、早朝4時過ぎから西大輪の地下道を掃除する方がいて、以前からブログで紹介をしたかったのですが、今日になってしまいました。お名前もお顔も公表いたしません。彼こそが本当の「英雄」です。  杉野 記

2015.07.17 00:13:52

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

庶民の願いは平和

自治会「七夕祭り」

7月4日、5日の2日間、駅前通り自治会では、恒例の七夕祭りを行いました。4日は「ふるさと学級」のみなさん、自治会幹事で七夕飾りを作成しました。子どもたちも参加していろんな飾りを次から次へと作りました。いやー疲れました。みなさんほんとうにご苦労様でした。
 5日は、長い大竹に飾りをつけていく作業。やはり、大変だったのは、長く重い大竹を立ち上げて固定する作業でした。みんなで一緒に5本の飾り竹を立てました。その全景をお見せできないのが残念です。そして、「焼きそば、フランクフルト、カレーライス、」をそれぞれ.200食づつ分担して調理。すべて100円です。自治会員もこれを楽しみにしている方も多く、昼前から家族連れでどんどんやってきました。
 私は「ひも風船」のプレゼントと、笹につける願い事の短冊をみなさんに書いていただく係りでした。 さて、みなさんの願い事は・・・

願い事を短冊に
 子どもたちの書いた願いは「○○で1番になりますように」とか「テストができますように」「サッカーがうまくなりますように」が多かったが、「平和だから七夕祭りができる」と書いた児童もいました。


砂川事件と砂川裁判
 いわゆる戦争法案を正当化するために自民党の高村氏が砂川判決をたびたび引用している。自民・公明が強行しながらも、多くの国民から、「これでは戦争になる。憲法違反だ」と言われ、焦ったのだろう。高村氏の言い分は「砂川判決で、集団的自衛権行使は認められている」というもの。

 しかし、少しでも砂川事件、伊達判決、最高裁判決の流れや内容を知っている者にとっては、「絶対にゆるせないこと」である。裁判で問われたのは、米軍施設に数メートル立ち入った7名の学生、労働者が刑事罰にあたるかどうか、米軍基地の存在は憲法9条が禁ずる戦力かどうか、であった。伊達判決は、米軍基地が憲法9条に違反する軍事力である、被告は無罪。と明快だった。地裁は当時の日本の良識を示した。
 
 当時のアメリカ・マッカーサー大使(元帥の甥)は、それをつぶそうとした。彼は、当時の田中最高裁長官や、藤山愛一郎外務大臣などの岸政権幹部を何度も何度も帝国ホテルに呼び出して指示を出した。内容は「高裁に上告せず、最高裁に跳躍して上告、長官は伊達判決をひっくり返せ。」というものだった。このような「日本を目下の部下」としか見ないアメリカの態度は今も変わっていない。日本の行政も司法もアメリカの命令でどうにでもなると思っている。
 最高裁は、アメリカ言いなりに動いて異例の速さで判決を下した。経過は今回は端折るが、とにかく、アメリカ言いなりの砂川判決ですら、日本が攻撃されていないのに、海外にまで軍隊を派兵するなどということは、容認していない。集団的自衛権は想定すらしていない。認めたのは、個別的自衛権だけである。
 私は、この判決を持ち出す自民・公明の政権の無神経さと、国民をばかにする態度に腹の底から怒っている。  杉野 記

2015.07.08 12:40:44

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲