<<前のページ123456789次のページ>>

理科大跡地の活用・開発は市民合意で


理科大の有効利用を・ 階段教室

 4月27日、東京理科大久喜キャンパスを議会で見学した。緑に囲まれた、たいへん恵まれた学習環境だという第一印象である。平成になってから建築された、鉄筋コンクリート(耐震済み)の建物群がすべて久喜市に無償譲渡された。(移転登記などは夏ごろか?)

 「活用方法」については、市民から多数の案が出されている。「教育」「福祉」の分野での提案が多い。大学の跡地ということもあり、学習・研究に特化した施設なので、教育分野での活用は自然な流れだし、「居抜き」の施設がそのまま転用できることは利点であると思う。
理科大・電算室

 活用方法、用途については、市長の直轄部署である「総合調整幹」が中心的に「調整」をすることになり、夏ごろには絞り込みが図られる予定である。「市民中心の利活用」が図られることが大前提になる。
 共産党市議団としては、他自治体の視察研修をふまえて、リサイクル事業の場としての提案をしている。内容は、家具など、これまで焼却していたものを手直しして格安・無料で市民に提供する事業である。修繕などの場所、展示する場所など、全体のごく一部の使用でも、十分な広さがとれるので有効と考えている。


 課題は、大きく言えば、ひとつは、施設全体の維持管理費の点である。現在、理科大は24時間体制で警備員を置いている。そのほかには「水光熱費」「補修・修繕費用」などのランニングコストが小さくない。あとあと市の財政を圧迫しかねない膨大な施設である。
 もうひとつは、跡地の約4割の部分が久喜市に譲渡される一方、残りの6割は、今後、工業・商業などの施設にされる恐れがあり、そうなれば、地域の環境は一変してしまうことである。周辺住民の多くは心配し、反対している。わたしたちも同じである。

 このことに関しては、市としての情報の提供がまだまだ少ないし、市民の間でもっと議論をすることが必要である。4割部分の活用がうまくいけばそれでよし、とは決してならない。 杉野 記
緑地もある理科大跡地

2016.05.02 13:18:57

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

すべての市民に「春」を

鷲宮
菜の花も、桜も、水仙も、すべてが「全開の春」だ。なにもいうことなし。である。
       杉野 記

2016.04.04 20:45:41

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

平和犬法くん

平和犬法くん
 写真は3月6日に大宮で1万人を集めて開かれた、「戦争法廃止・オール埼玉総行動」のひとコマである。会場でカメラに囲まれ、一番人気のラブちゃんだ。もちろん、なぜこんなに人気なのかカレには知る由もない。でも飼い主の心意気は、十分に伝わっていた。と思う。
 杉野 記

2016.04.04 17:24:29

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

「気持ちよく走った」

久喜マラソンイン鷲宮
 写真は、第1回久喜マラソン大会でのひとコマ。鷲宮の外野(そとの)地域で走る参加者の皆さんである。当日は、鷲宮地域を中心に10か所ほどを歩いて見て回った。とりわけ、市道が細くなっているところや、急な曲がり道のところなどである。
 懸念された事故や、大きな問題は発生しなかったということで、ひと安心である。

近所からハーフに参加した方から後で話を伺った。「給水所も多くて、スタッフの気遣いが感じられた。沿道から応援の住民も励まされた。気持ちよく走ることができた。」という。

 担当部署のみなさんや、関係者は総括をすでにされていると思うが、私なりに感じた点は
①、コース取りがまだ「完成度が低い」。参加者の安全が第一であるが、車両の「う回路」が十分確保されていなかったように感じた。それで、規制した数か所でドライバーとのトラブルがあったこと。

②、車両は規制できても、歩行者の規制はしていなかったので「自己判断にまかせていた」ため、ランナーとの軽い接触や、結果としてランナーの進路をふさぐ歩行者が見られたこと。


③、議会中の開催ということもあり、教育部、委員会、ボランティアのみなさんは大変だったと思う。何人かから『深夜3時ころまで準備をしていた』と聞いた。日程や、人数も再考が必要ではなかったか。

 いずれにしても、次回に向けて、前向きの総括をしていただきたいものである。本当にごくろうさまでした。

2016.04.04 17:16:50

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

見上げて思う。 空、世界


命がけの高所作業

久々の投稿。 車で移動中に見つけた、まさに命がけの仕事人である。この日、地上でも強い風が吹いていたので、この地上40mはあるだろうか、高所で揺れながらの作業に、つくづく感嘆したものである。1日も早く、働くものの汗が正当に評価され、むくわれる社会にしたいと思う、そんなひとコマであった



凍てつく空に「金星と月」が
 新聞配達も終わりかけた朝も5時半ころ、夜空を見上げると、木立の間で金星と月が「接近」していた。幻想的で、どこか懐かしくて、なんとなくほほえましいカップルに見えた。しかし、月までの距離は、地球から38万キロ。光速で1.3秒、金星までは、1億5000万キロ。光でも8分かかる。そんなにも互いに遠く離れているのに、地球からは並んで見えている。
 きょう、議員団は久喜総合病院の関係者と懇談をした。今晩も団交が行われる予定だという。
家族と暮らしがかかった交渉になるだろう。思い切りエールを送りたい。宇宙の摂理と人間社会の現実の対比は、意味もないが、共通した「必然の真理」があると思う。




北朝鮮のミサイル発射に抗議する!
 2月7日午前、北朝鮮が世界が反対する中、「事実上の」弾道ミサイルを発射した。これは、6日の実験とともに、核兵器の開発と結び付いた軍事行動である。世界の平和を脅かす行為であり、けっして許されるものではない。国連決議は「いかなる発射もおこなわない」ことをもっ止めている。6カ国協議の共同声明にも違反する。国際社会は、北朝鮮に対して、核兵器・ミサイルの放棄をさせるための実効ある措置をとることが急務である。 以上は、8日に発表した志位委員長の談話(骨子)である。我が国の中にも「日本も核武装しないと」という勢力が存在している。私たちは世界でただ一つの「被曝国」であり、核兵器がいかに非道なものであるかを一番知っている国のはずだ。 わたしは、ひるがえってアメリカ、ロシア、中国などの、核兵器を何百、何千発も保有している国に対しても言いたい。「あなたたちも北朝鮮と同じだ」「ちがう、というならただちに核兵器を廃棄しなさい!」と。  杉野 記

2016.02.10 18:03:26

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲