<<前のページ1234567891011次のページ>>

「餅と裁判」

鷲宮 桜田もちつき大会

  
 暮れが押し迫ってくると、恒例の「年末もちつき大会」があちこちで行われる。わが44区「駅前通り自治会」のもちつき風景である。自治会役員や「ふるさと学級」の面々が交代で杵を持つ。

振り下ろすたびに「よいしょ!!」の掛け声がかかる。男たちが餅をつき、それを段取りよく、女たちがこねていく。日本各地で2000年以上続いてきた伝統である。大地震や新たな原発事故が起こらない限り、これからもつづけていくことだろう 関係者の皆さん、ごくろうさまでした。


さいたま地方裁判所 (市長選挙での標語取り消し)
          
16日午後、わたしはさいたま地裁の前にいた。浦和地裁と呼んでいたころ、何度となく通ったおなじみの「ところ」ではある。

今回は、松村元市議が原告となって提訴しているあの事件である。傍聴者で溢れている。当然のことながら市職員の姿も多かった。

原告側の弁護士は、市長選挙の際の選管が選んだ標語が、啓発品に使用されなかったことでの「使用中止の理由」と「中止した当事者」が誰かを論点としているようであった。原告側からの質問書に対する市側の回答は使用中止したのは、市長部局でも選挙管理委員会でもなく「選管事務局長」の独断であったとするものだったこと。

またそれについて原告弁護士は、(啓発消耗品の?)「契約主体」が市なのか選管なのか不明であるので書面で示すように、との要求をした。

裁判長は「1月16日までに書面で提出するよう」に命じた。

 住民監査請求の棄却理由では、共産党のビラの内容が取り上げられていたが、今回はそれが変更となっている。前後の論点を整理しないと整合性に問題が生じ始めてきたという印象を受けた。      杉野 記

2014.12.18 13:50:51

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

止めることができた事故


羽生選手の事故と対応について
 中国でのフィギュアスケート、男子のフリー競技。試合前の6分間練習の際、羽生選手は中国の選手とぶつかり大けがを負ったが試合に臨み、2位となった。多くの方がテレビで御覧になったと思われる。
 しかし、両選手が正面からぶつかって転倒している間、医者、看護師はおろか、タンカも来なかった。ようやく係員が2名きたが、脳震盪の恐れがあるにもかかわらず、無理やり起こして移動させた。大会主催者側の選手の安全をまったく考えていないことは一目瞭然であった。大けがもしており、すぐにでも救急車で入院させるべきだった。オーサーコーチも試合続行させてしまった。
 再開された試合は、ぶつかった2人はもちろん、他の選手たちも精神的なショックを受けていることは、演技でも良くわかった。テレビ関係者も、試合強行をあおるような状態で、負傷した羽生選手の心身への配慮はゼロであった。逆にコミックに出てくるような美談にしようという意図がありありであった。これでは、「スポーツ後進国の中国と日本」といわれても何も反論できないのではないか。 今後は、集団での練習は避けて、選手1名が本番前に2分くらいの練習にするなどに変更する必要もあると思う。関係者の猛省と安全対策や、ルール作りを心から望む。 杉野 記

2014.11.09 11:44:16

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

またまた鷲宮三題

我が家の綿の木
ご覧のものは、我が家のベランダ菜園で実がつき、その一つが弾けてふっくらとした綿が出てきた。知り合いの農家の方から種をいただき、育てたものである。他の実も6センチほどの大きさに育ってきた。指でつまむとカチンカチンである。綿が全部収穫できたらどうしようか。花瓶の座布団にでもしようか。
コスモスフェスタの猿回し
鷲宮のコスモスフェスタが、25,26日で盛大に開かれた。天気は申し分のない五月晴れであった。私を見つけた関係者から「買ってよー」と声をかけられ、ついには焼きそば3パックに
花瓶、瀬戸物セットなどを買い求めてしまった。でも焼きそばは、それぞれ美味しかったし、無駄な買い物ではなかったと確信している。ところで、写真のカレは、お馴染みの「竹馬乗り」、「ハイジャンプ」「バック転」と技をこなした後、すました顔でごあいさつしているところ。
粛々と指示に従って、淡々としている。とにかく、民間伝統芸をこうした若い方が継承していることに敬意を表したい。
東鷲宮学童保育の骨格できた
子供たちはもちろん、すべての関係者が完成を待ち望んでいる施設だ。一人当たりの面積基準も埼玉県の指針に沿ったもの。毎日そばを通る私としては、ここの隣の駐車場が荒れ果てているので、学童の新設に合わせてこちらの改修もきちんとやって欲しいと願っている。 杉野 記

2014.10.27 23:08:56

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(2)/

ページの先頭へ▲

暮らしを守る市政に

念願の学童新設!
 鷲宮東コミュニティセンターの2階で「間借り状態」で行っていた学童保育、放課後児童教室がいよいよ、隣の敷地に新設移転が決まり、工事が始まった。いま、基礎ができつつある。
 こんどは、県の基準に沿ったスペースや内容の事業が確保できるので、関係者はおおいに意気込んでいる。しかし、指定管理者にすべてお任せでは困る。議会は直営と違って事業に直接関与ができない。市は、保育の内容を検証し、保育向上に向けて環境を整える義務はあるはずだ。
福島の米だ。うまい!
 原発事故以来、福島産の食材がいまだに苦戦している。これはもう黙ってはいられない。これまでは埼玉の米だったが、当面、福島産に切り替えよう、と家族会議で決まった。我が家のCEОの提案だった。これまでは雑穀米や、麦を混ぜていたのを、米だけで食べてみた。もっちりしていて、甘い。じつにうまい。風評被害で福島の米や野菜に手が出ない人もいるが、安心の食材を提供している。ぜひとも食していただきたい。
せまい踏切直して
 東武鷲宮駅近くの踏切は2か所あるが、どちらもきわめて狭い。写真では実感が伝わらないが、ここに車がすれ違おうとすれば、もう大変である。通勤通学時間は、歩行者、自転車が多く、車が2台並ぶと自転車は線路上で降りて待つしかない。体に車が擦ることも稀ではない。
 「踏切を何とか拡張してほしい」住民・利用者の切なるそして、ささやかな願いである。鉄道事業者を動かすのは相当の努力が必要になる。やりがいのある、そしてやらなければならない課題だ。

           11月に質問します。    杉野 記

2014.10.03 16:41:16

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

夏、真っ盛り 「祭り三題」


恒例の桜田ニュータウン夏祭り
 いつも3000人近くの市民が集まる。いつもながら盛大です。そして、実行委員の方々の奮闘、ダイエーさんの協力なしでは実施できません。本当にありがとうございます。かつては毎年、「たこ焼き」の裏方に専念していましたが、もうその体力がありません。申し訳ない!いっぱい買わせていただきました。その夜の我が家は、模擬店の料理であふれかえりました。ごちそうさまでした。



けいわ祭りも盛大に
二つ目のまつりは、「けいわまつり」毎年参加させていただき、楽しんでおります。来賓の席には寄りませんで、議員の皆さんには失礼いたしました。顔見知りの方々にもお会いでき、良かったです。何より嬉しかったのは、鷲宮の通所者の青年が、2年ぶりくらいで再会したのにすぐに私の名前を呼んでくれたことでした。写真も撮ってくれました。参加者みなさんも踊りだしたり、ほんとに楽しそうでした。また来年お会いしましょう。


鷲宮旭町の神輿と町衆のみなさん
 ここの神輿は、実にみごとで格好がよい。てっぺんは「鐘軌さま」。
町衆も「いなせ」である。まつりはこうでなくてはいけない。
 「祭り三題」としたが、もっともっとみなさんに紹介していきたい。
こうして地域に庶民が息づいていることこそが、「国富」であり、「平和」なのだと思う。  杉野 記

2014.08.18 17:51:44

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲