<<前のページ123456次のページ>>

総選挙に向け訴えます 栗橋後援会ニュース 

日本共産党栗橋後援会ニュース 10月号 衆議員選挙


総選挙、投票日は10月22日 期日前の投票も始まっています。

 平和憲法を守るのかどうか     大切な選挙です
 消費税増税ストップするのかどうか 大切な選挙です
 原発再稼働をみとめるのかとうか  大切な選挙です
 核兵器禁止条約に加入するかどうか 大切な選挙です
 北朝鮮への対応、武力による解決を進めるのかどうか問われています
 
 社会保障などの財源をどのように作るのか問われています。

 ともに平和な日本 安心して暮らせる社会 安倍暴走政治をストップさせましょう。

 埼玉14区 小選挙区は 苗村京子
 比例は 日本共産党 へ 


「希望の党」の正体は



総選挙を前にして、マスコミは新党結成の動きを持ち上げていますが、小池百合子氏は憲法改定と安保法制容認を掲げており、核武装まで論じてきたタカ派です。
「希望の党」の顔ぶれは、これまで安倍暴走政治の中枢にいて戦争法など悪法の成立に手を貸した人、民進党にいて野党共闘に反対して離党した人などウルトラ右翼の政治家が中心です。 政権交代を掲げても自民党政治のしがらみを引きずっていくのでは何も変わりません。このような「新党」に日本の未来を託すわけにはいきません。日本の未来を拓く力は市民と野党の共闘です。後援会の皆さま、この選挙で日本共産党を躍進させて下さい。どうぞ宜しくお願いします。


2017.10.15 08:11:30

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 2017年4月号 13区 一面 新しい政治実現へ 赤岸さん

新久喜 2017年4月号 13区 一面 ここをクリック


森友問題から、 「教育勅語」を学校で教育して良い と 閣議決定したとの報道が!
 ご一緒に、考えましょう。このままの政治を進めてよいのかどうか。

安倍政権は、安保関連法(戦争法)の強行突破による南スーダンの自衛隊派遣の強行。「共謀罪」による国民の自由や人権の侵害。森友問題の政治との癒着。各地で原発の再稼働。沖縄の基地問題。核兵器廃絶をめぐる日本政府の態度後退。介護・年金・国保など社会保障制度の連続後退。
今国会では、共謀罪法案を提出 とんでもない動きが進んでいます。

特定秘密法案 (国民の知らせず隠す)  → 安保法制 戦争法を強行(海外で日本の国を守る自衛隊が戦争できるようにした) → そして今 共謀罪 (政府にさからったら、相談しただけで逮捕できる法案) 
テロ準備という ごまかしの鎧をまとい、これまで3回廃案になったものが出て来ました。

よくわからない 関心ない といっている内に、何も言えなくなってしまった。戦前の歴史を忘れてはならないと思います。

 ご一緒に考えましょう。

2017.04.19 13:59:32

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 2017年4月号 14区1面  新しい政治実現に向け展望を語る(苗村さん)

新久喜 2017年4月号 14区 一面 ここをクリック

安倍政権は、安保関連法(戦争法)の強行突破による南スーダンの自衛隊派遣の強行。「共謀罪」による国民の自由や人権の侵害。森友問題の政治との癒着。各地で原発の再稼働。沖縄の基地問題。核兵器廃絶をめぐる日本政府の態度後退。介護・年金・国保など社会保障制度の連続後退。
今国会では、共謀罪法案を提出 とんでもない動きが進んでいます。

特定秘密法案 (国民の知らせず隠す)  → 安保法制 戦争法を強行(海外で日本の国を守る自衛隊が戦争できるようにした) → そして今 共謀罪 (政府にさからったら、相談しただけで逮捕できる法案) 
テロ準備という ごまかしの鎧をまとい、これまで3回廃案になったものが出て来ました。

よくわからない 関心ない といっている内に、何も言えなくなってしまった。戦前の歴史を忘れてはならない。

 

2017.04.19 13:53:48

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 2017年4月号 学校給食・済生会移転問題など掲載 どうぞご意見を

新久喜 2017年4・5月号 2面


 ◆学校給食 大規模給食センター建設が理科大跡地に計画され、進められています。
  子ども達の学校給食のあり方をしっかり見つめ進めて行くことが求められています。

  施設整備が進められる場所が確保できた、財政的にメリットがあるとの視点だけで進めることには反対です。
 自校調理方式は、出来たての温かい給食、食育の面などセンター方式と比較すれば、自校調理方式が優れていることは、明らかです。
 今回、センター方式の施設整備を進めれば、今後50年以上はセンター方式が継続されていくでしょう。
 慎重に、市民の声も聞きながら施設整備は進めていくべきです。 
  是非、皆さん、ご一緒に考えて見て下さい。

 ご意見お待ちしています。

2017.04.19 13:43:44

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

済生会栗橋病院様 地元の市民に説明を あり方は地元の人との合意を得るもの  

日本共産党栗橋後援会ニユース


済生会栗橋病院あり方検討委員会は、地元市民との合意を得るために開かれて来たのではないでしょうか。

地元で 是非 移転に関する説明会を開催してほしい。

済生会栗橋病院あり方検討委員会
済生会からの案は「B」案が
「済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議」が作成した「済生会栗橋病院移転反対」のポスターが栗橋の全地域に、あっと言う間に貼り出されました。
「済生会病院が残ってほしい」との強い思いが溢れたのだと思います。

この声が、この思いが済生会に届いてほしい。そんな気持ちでいっぱいです。

2月15日には第6回目の会議が開催され、済生会栗橋病院から「B案、すなわち移転新築を実施する」との意向が示されました。理由は「本館が老朽化し、利根医療圏の医療、急性期、回復期、療養などの医療提供できない。B案は用地が確保され財政支援がある」というものです。
これに対して久喜市からは賛成できない。久喜市としては現在地に残る「A」案であれば必要な支援をすると表明しています。

最終的な結論は3月の会議に持ち越されました。

B案の、新病棟を移転させ、栗橋には「外来センター」との計画案は、分院体制となり経営的には非効率で赤字は必至です。済生会病院自らも経験しているものです。

合併前の栗橋町が誘致し、市民と済生会栗橋病院が協力しながら存続して来ました。
済生会栗橋病院には、お金に替えられない貴重な財産が積み上がっているのです。
存続を求める市民の願いを脇に追いやり、このまま加須市に移転していいのか。


最終結論をまとめる前に「済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議」との話し合いの場を設けること。少なくとも「必要な支援をする」としている久喜市と、率直な意見交換をし、今一度考えてから「結論」を出してほしい。

このまま、5月に予定される埼玉県の済生会理事会に図られ決定となれば悔いが残ります。


石田としはる 記


2017.03.03 21:17:19

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲