<<前のページ123456789次のページ>>

新久喜no.17 暮らし守る予算修正提出 エアコン来年には設置

新久喜 no.17 平成27年4月号 2面 ← ログインしてね




2月議会(予算議会)は、第3次安倍政権の暴走政治に対し、市民に寄り添い暮らしや福祉を守っていくのかが問われる議会でした。しかし、出された予算は、市民を守ろうという基本姿勢に欠ける内容であったことから、日本共産党久喜市議団は、2015年度の予算に対し、昨年に続き予算修正案を議長に提出しました。


多くの保護者の願いであり、子どもたちが待ち望んでいたエアコンが、来年の夏からすべての小中学校で一斉に利用できます。
 久喜市平成27年度予算で小中学校空調設備賃貸借契約が承認され、平成27年から38年度まで10年間、総額約30億円のリースです。今年度から工事などが始まり平成28年度からの利用となります。



その他 もりだくさん どうぞ ご意見を



2015.04.30 21:55:53

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 no.16

新久喜 no.16 2面 


 



久喜市は連絡が取れないまま給水停止することがあり、それは不測の事態が起きる危険性があります。社会福祉課などと連携し進めるべきと質問。市は「生活実態というのは把握していない」との答弁です。面談せず進めることは悪質事例かどうかも判別できません。 石田としはる




合併による税の統一では、歳出である医療費の伸び率を7・0%に予想、歳入では市から県の平均額7億8千万円を繰入算出しました。これにより大幅な値上げとなった家庭が多く、支払いきれない現状です。





平成25年度決算は、医療費の伸びは4.6%で、想定より2.4%も低い伸びです。繰入は2億円以上減らし県平均以下です。それでも剰余金は13億円を超え昨年に比べ2億3000万円も増えています。基金も7億円となっています。



市民の暮らしは年金が引き下げられ、物価高、増税で大変です。収納率は69・3%、高すぎて払いきれない状況です。引き下げの政治判断をすべきと要望しました。  渡辺まさよ


 


2015.01.25 22:10:01

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 no.16

新久喜 no.16 1面 


  

新しい年が明けました。



昨年の総選挙で解散を仕掛けた自民党は、2年前の選挙より議席減。多数議席は、民意をゆがめる小選挙区制によるものでしかありません。


今度の総選挙一番の特徴は日本共産党の躍進です。8から21議席へ13議席増と、最も議席を増やしたのが日本共産党。


暮れの総選挙での共産党の躍進は、国民が「暮らしを守るために共産党を大きくしたい」との願いを行動で示した結果です。



 議員団も、今年こそ市民、国民のみなさんにとって希望の持てる社会になるよう、まずは市民のくらしと福祉を守るため全力をあげる決意です。



 


2015.01.25 22:06:55

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

衆議院選挙8議席から21議席へ大躍進 ありがとうございました。

2014年12月 衆議院選挙 久喜市鷲宮・栗橋の結果  ←得票数などクリック


日本共産党
8議席から21議席に大躍進!

国民の願いが届く政治へ全力をつくします。


今回、ご支持・ご支援を寄せていただいた市民のみなさんに心から御礼を申し上げます。選挙戦で共産党は、安倍政権の暴走に対し経済・財源でも、暮らし・外交でもしっかり対案を示して正面から対決をしました。沖縄では「自民党は退場!」の審判が下されました。



 これからは、21議席を得たことで、党首討論や、議案を提出することができます。消費税10%への再値上げも、危険な原発の再稼働もストップを!の声をごいっしょに上げていきましょう!



これから憲法改悪の動きに対しては、「平和憲法守れ」の一点で保守の方々とも共同してまいります。



2014.12.18 11:53:30

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 NO.15 2面 米が豊作、しかし価格が暴落。これでいいのか日本の農業

新久喜 NO.15 2面  ← クリックして見てね

今年の米は豊作
しかし米の価格が暴落しています。

労賃を得て米作りをするには、農水省の調査によると、平均で玄米60キロ1万6000円が必要です。しかし、米価の相場となる、農協の「概算金」(年内支払い価格)発表では、60キロ8000円から7000円、生産にかかる費用の半分にも満たない価格が、大勢を占めようとしています。

久喜市のごみの焼却場 老朽化が進み、今後どうするのかが問われています。そんな中久喜市は計画を発表
計画では、現在の菖蒲清掃センターを建て替えることと、その周辺に7ヘクタールほどの面積で「本多静六記念市民の森・緑の公園」を整備する内容となっています。

 菖蒲清掃センター 手前に広がる稲田が市民の森となる予定地です。
 


9月議会
市民の願い実現に向け、一般質問

 
ご意見をおよせください。
お待ちしています。


2014.10.23 18:59:29

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲