<<前のページ123456次のページ>>

8月9日11時2分 久喜市役所内でも、長崎の原爆被災で「黙とう」

8月9日11時2分 長崎に原爆がおとされた時間です。久喜市の市役所内でも「黙とう」が実施されました。私も市役所内で「黙とう」させていただきました。

原爆、核兵器は人類とは共存できない、政党支持、思想信条の垣根を越えて昨年7月7日には,国連で、核兵器禁止条約が採択されました。

今年、広島・長崎の原爆で亡くなられた方々の追悼式典には、国連の事務総長が初めて参加されています。「昨年国連で核兵器禁止条約ができました。本当に生きていてよかったなと思った瞬間でした。でも核兵器がなくなったわけではありません。国連のみなさんと協力して廃絶までがんばっていきたい」と語られています。

世界は、核兵器廃絶に向かって、まちがいなく前進しています。これは、被爆者の皆さんが勇気をふるって、原爆の悲惨さを訴えて来た努力が大きいと思います。



写真は、核兵器廃絶にむけ、2018年の平和行進、栃木コースとの引継ぎ集会の時の写真です。
核兵器廃絶が進まない、最大の壁は「核兵器が抑止力」となるとの考え方です。核兵器を持つことが「平和」につながるなら、世界中で「核兵器」をもてば持つほど「平和」になるということになります。 そんなことにはならないですよね。

核兵器を開発する国に、核兵器保有国が「作るな」と叫ぶのであれば、自らも「核兵器は捨てるからあなたも捨てなさい」と話してこそ説得力があります。

核兵器は人類と共存できない。 政党支持の違い、思想信条の違いを超えて核兵器廃絶に向け手をつなぎましょう。 
 
 石田としはる 記




2018.08.09 11:38:22

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

核兵器廃絶を願い猛暑の中平和行進 栗橋総合支所~八坂神社付近まで

2018.7.14 猛暑の中 栗橋総合支所を出発地点に、核兵器廃絶を願って平和行進が行われました。



総合支所から出発する際には、暑い中支所長さんを始め職員の方も、参加いただき「出発式」をすることができました。暑い激励をいただき感謝とともに、「元気」もいただきました。
ありがとうございました。
平和行進は今年で60回目を迎えたとのことです。行進中には、「ピースコール」もしながら行進しました。
 「核兵器禁止条約に政府は参加を」と これまでになかったコールをすることができました。
世界で唯一の被爆国です。世界に先駆けて批准してほしい。
 

栃木県から平和行進をして来た方々から、横断幕など預かり行進が続きます。

埼玉県原水協から、私たちはどこまで歩くのかと、自らに問いかけ、「核兵器が廃絶されるところまで歩きます」と答えられていました。

これまでの行進では、核兵器廃絶は、とても、とても遠い未来のように感じてしまうことが多かったのですが、昨年の7月7日に国連で「核兵器禁止条約」が採択され、核兵器と人類は共存できない。核兵器はなくすことが一番良いのだと、「核抑止力」を乗り越えて、世界の世論が広がっていると感じています。

核兵器が「抑止力」と考える人にいいたい。それならば世界中が「核兵器」を持てば持つほど平和になるということになる。そんなことにはならないだろう。

核兵器禁止条約が国連で採択された原動力は、被爆者の皆さんが勇気を持って、核兵器の残虐性を訴えて来たことが、世界を動かしたと言えます。核兵器が廃絶されるまで、私も歩き続けたいと思っています。
大きな出来事も「小さな一歩」から始まるものではないでしょうか。

是非、皆さんも毎年行なわれる、この平和行進に参加していただきたいと思います。

清々しい気持ちになります。

石田としはる 記


2018.07.15 21:45:20

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

暑い中お疲れ様!梅雨明けの中、権現堂行幸湖(みゆきこ)の清掃だー 

2018.07.01 権現堂 行幸湖(みゆき)周辺の清掃活動が行われました。


6月中に梅雨が開け、強いまぶしい日差しが照りつける中、清掃活動が行われました。
行幸湖は国道4号線の東側に位置して、国道と並行して広がっています。写真にあるように桜並木があり、多くの方がウオーキングを楽しんでいます。歩道部分には、さくらの木とともに、ツツジも植樹してあり、4月から5月はとりわけ歩く方も多いところです。

権現堂公園もあり、駐車場も整備されています。まだ「行ったことないなー」という方は是非一度いらしてください。

この日は、みゆきこの中間地点に集合して、栗橋地区のスポーツ団体、彩愛クラブの皆さん、自治会の皆さんなど、多数の方が参加しての清掃活動となりました。毎年この時期に行っているものです。

毎年市長も参加し行って来ました。今年は、写真にもあるように、梅田市長が初参加、清掃活動出発の前に挨拶されました。「楽しくがんばりましょう」との挨拶が、さわやかに感じました。

みんなで汗をながし、約2時間弱で終了。ごみも毎年少なくなっている感じがしますが、それでもペットボトルなど放置されたものが・・・・
今日からまた、気持ちよく、多くの皆さんが歩いてもらえればと思います。

議会の様子など、皆さんと話しながらの清掃活動で、私にとっても有意義な時間となりました。
参加された皆さん お疲れ様でした。

なお、並木議員さん 田村議員さんも参加されていました。お疲れ様でした。
石田としはる 記

2018.07.01 22:24:14

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

利根川の土手で水防訓練 280名の団員が勢ぞろいしました 月の輪工とは

2018年6月3日 8時30分開始
 利根川栗橋流域水防事務組合主催 水防訓練を実施



台風の影響により300ミリの雨が降り、水量が増し、利根川の堤防の水位が上昇したことを想定して水防訓練が行われました。

土のうづくり 月の輪工 シート張りなどの訓練が行われました。
 月の輪工 と言ってもわかる人は少ないと思います。

私も、こんな工法で土手を守れるのかなーと半信半疑でした。
しかし、今日の訓練で工法の解説を聞いて、科学的根拠に基づくもので「大切な訓練」であると改めて認識しました。

 堤防の下から水圧などから、住宅側に水が湧いて出て来たときの対処法のひとつです。
湧き出た水の廻りに土のうを積んで、そこに水を入れ、水圧で水の漏水を拡大させないやり方です。時には50メートルの輪を土のうを積み上げ対処することもあるといいます。

利根川の土手でも、数年まえでしょうか。実際に漏水がありこの「月の輪工」を実施したことがあります。

「絶対大丈夫」ということはありません。災害を最小限に防ぐ手だてをつくすことが大切だと思います。

この訓練は、関係者のみで実施されます。水防団の皆さん、水防組合に関係する行政関係、水防組合議員、地元の区長代表の方などです。

近隣の地元の市民の方にもお知らせし、市民のみなさんも見守る中で実施してはどうでしょうか。

水防団の皆さん おつかれさまでした。

 石田としはる 記







2018.06.03 21:36:30

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

第一コース 石田としはる君 青空のもと運動会に参加

2018年5月19日 雨も上がり青空のもとで
栗橋西小学校 平成30年度 春季大運動会が開催されました。



朝6時ごろには、どしゃ降りの雨でしたが、雨もあがり、青空のもとでの運動会となりました。グランドも乾いていただけに雨がふったおかげで、絶好のコンディションとなりました。 

運動会、最初の種目は徒競走 一年生から6年生まで全ての子がグランドを走りました。

第一コース ○○○○君 フルネームでの名前を一人ひとり呼ばれて、「 よーい ドン 」緊張感が高まり、フライングも。

私も来賓参加の種目で、走りました。短い距離でしたが、それでも緊張が・・・

 少人数の学校ならではの取り組みがあり、子どもたちの成長にとってもすばらしい運動会だと感じました。

石田としはる 記





2018.05.21 08:40:07

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲