<<前のページ1234567次のページ>>

第27回治水の日式典 久喜市川上和宏副市長が決意文を 伊藤岳さんも挨拶

2019年9月16日 加須市パストラルにて 治水の日 継承式典が開催されました。
久喜市も、治水に全力で取組む「決意文」を表明。川上副市長が梅田市長に変わり代読されました。

昭和22年カスリーン台風(占領下でアメリカがつけた名前)から72年目。1100人が死亡。忘れてはならない、本当にそうですね。
壇上では、加須市の大橋良一市長も決意文を発表。印象に残ったのは、加須市では広域避難に取り組み、民間のバスも活用して実際に避難訓練をしているとのことでした。

最近強調されるのは、地球温暖化が進む中、想定されない災害がいつ起きるかわからない。水害は予報も参考にして「早めの避難」を実行し、死亡者を一人も出さないことが求められる。としています。そのとおりだと思いつつ、久喜市は関東平野のど真ん中、ある意味水平で、高い土地がない。「どうする」と聞くと、多くの人は「利根川の土手が一番」と答える。
しかし、利根川に避難することは、正直現実的ではない。防災公園も計画され、造成が進んでいるが、避難者が押しかけたら、とても間に合う広さではない。
その意味で、早めの「広域避難」は大切で、的を得ているのではと感じました。
久喜市は「結城市」と災害時の「相互応援協定」を結んでいる。避難市民も受け入れてもらえるのだろうか。


 台風15号では、停電も長期に渡っています。

日本共産党参議院議員 伊藤岳さんも初めて出席し、地球温暖化について言及していました。
災害が急増している根本には、地球温暖化の進行がある。私も実感しています。

21世紀、国と国が争っている場合ではない。それこそ地球的規模で取り組まなければならない緊急課題。岳さん 頑張って行きましょう。 
 
石田利春 記





2019.09.17 17:27:01

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

捜査救助犬 人間が犬を捜査するのでなく、犬が人間を捜査してくれるのです。その影には・・

2019年8月31日 久喜市総合防災訓練が実施されました。メイン会場の毎日興業アリーナに参加しました。これまで栗橋地区の防災訓練に参加するのみでしたので、いろんな団体が会場に参加され、勉強になりました。 下記の写真は、捜査救助犬協会を支援する年会費の案内です。
注目してほしいのは、一番下、菖蒲の「しらさぎ公園」の近くで、毎週ボランティアで訓練しているとのことです。



捜査救助犬協会 犬を人間が捜査するのではありません。災害時に「犬」に人間を捜査してもらうものです。犬にがんばってもらうために、休むことなく訓練を実施しているとのことです。

来賓の挨拶で必ず語られたこと「災害はいつ起こるかわからない」というキーワードです。
犬に人間を見つけてもらうためには、相当の訓練が必要です。粘り強く、根気のいる活動だと思います。いつでも出動できるよう訓練を続ける。大変なことだと思います。

そんな活動を久喜市内、菖蒲で、毎週実施しているとのこと。しかも全部ボランティアとのこと。感激しました。感謝でいっぱいです。
 皆さんにも是非知っていただきたいと、アップしました。

特定非営利活動法人 日本捜査救助犬協会 埼玉本部 郵便346-0104
埼玉県久喜市菖蒲町三箇759番地3 0480-85-8340

 久喜市は災害が少ない地域だと思います。でも大きな地震が来たらと心配になります。
 
記 石田としはる






2019.08.31 22:01:11

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

石田としはる 活動ニュースno.18 2019年3月議会 

石田としはる活動ニュース no.18  



栗橋地域に係わる主な事業を紹介します


暮らしを支援する予算修正案を提出


◆高すぎる国保税 0歳児にもかかる「均等割」子育て支援にも反することから、子どもにかかる「均等割」は削除する提案。18歳まで、6465万円で実施できます。


◆介護保険料を引き下げます。国が調整して減額している分を久喜市が補填するものです。


◆埼玉県内でも高い位置にある水道料金 高い要因のひとつ「基本料金」の引き下げを提案。10%引き下げで8500万円。引き下げても水道事業は計画通り実施できます。


その他 は ニュースを見てください。


 


一般質問


◆済生会 栗橋病院現在地での整備 久喜市も支援を示し対応を


◆公共交通 国の特別交付税 対象事業であり、交付税を活用して事業展開を


 


その他


 意見書など報告





2019.03.22 16:32:35

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

石田としはる活動ニュースno.17 2019.1月号 地元の声を第一に

石田としはる活動ニュース no.17  済生会栗橋病院 加須市移転後は


 済生会栗橋病院 加須市移転後 外来診療はなんとしても

理事会の内容・現在の施設活用は



 済生会栗橋病院の移転は「埼玉県支部理事会で決定」すると認識しています。11月9日開催された支部理事会の内容はどうでしたか。



 加須市に移転するが、栗橋病院の医療提供を引き続き検討する案が示されました。市長は基本構想案に病院側と努力していく旨の発言をしています。



 現在地の医療資源を活用し、外来診療など必ず守らなければなりません。再整備の選択肢はどのような案があるのですか。



 済生会栗橋病院長からは、19床以下のベッド数を持つ診療所で一次的な救急は担える。その可能性を考えていくとの話が出ています。


気軽にでかけられる公共交通を


 実証実験後を延長


久喜市は、旧久喜市内のみを走る「デマンドタクシー実証実験」を2020年3月31日まで延長します。利用の仕方も、直前に電話申し込みが可能に。久喜市全体の公共交通見直しも先送りとなりました。


その他、地元の皆さんからいただいている声を議会に届けました。
ご一読お願いします。
また、要望などおよせください。
  お待ちしています。


 


 


 




 





 


 




2019.01.16 18:28:29

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

地元で防災訓練 タンカーをつくり避難先へ 繰り返すことが大切

2018年11月25日 公園にあつまり防災訓練が行われました。地元の区長さんや自治会の役員さんを中心に勧められました。写真は毛布でタンカーをつくり、負傷した方を運ぶ訓練です。


毎年、繰り返し実施していることから、タンカーもすぐ作れるようになりました。


健康維持も兼ねた「ウオーキング」「避難訓練」で、栗橋ハイツから権現堂公園まで行きます。
まずは、準備体操。
 炊き出しなど、準備されたみなさん お疲れ様でした。

災害はいつやって来るかわかりません。繰り返し準備することは大切なことです。地域の方と実際に顔を合わせることも重要だと思います。

 お疲れ様でした。 石田としはる 記




2018.11.25 20:51:49

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲