<<前のページ1234567次のページ>>

環境整備進めて 通行の激しい道路 なぜ舗装しないのか 

環境整備を進めてほしいの思いから続きです。

この道路 写真を見ただけで 「あそこだー」とわかる方も多いと思います。
栗橋西中学校(左奥)の南側を走り、佐間浄水場へ向かう道路です。



以前、道路幅が狭い改善をと求めた経過があります。
その際早速道路幅を拡げる対策を講じました。 よかった! なのですが、拡げた部分何故舗装にしないのか疑問です。雨水の浸透を考えてのことからもしれませんが、田んぼと道路の間に、側溝の対策を講じればと思います。
栗橋から鷲宮に通じる幹線道路です。整備するべきです。
 皆さんは、どのように感じていますか。

石田としはる 記

2017.11.11 18:46:39

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

液状化対策工事に伴う道路仮舗装の整備 丁寧な舗装整備求める

南栗橋地域 液状化の再発防止対策として、地下に穴の空いたパイプを埋め込む「地下水位低下工法」による工事が進められて来ました。再液状化のおそれのある地域の工事を進めて来ました。
道路部分にパイプを埋めたことから、舗装の綺麗なところが、でこぼこになってしまっていました。仮舗装とはいえ、丁寧な舗装整備をすすめるべきと求めて来ました。

整備前の写真

整備後の写真

これで、自転車で通行しても大丈夫かな。

11月25日、液状化対策工事が完成したとして「記念式典」が予定されています。
私の感情としては、地下水位が低下し、効果が確認されて始めて「対策工事が完成」と言えると思っています。

皆さんの声、聞かせてください。

 記 石田としはる


2017.11.11 18:35:04

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

大企業の内部留保 400兆円超えから何が見えてくるか! 




企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表



 財務省は1日、2016年度の法人企業統計を公表しました。企業が得た利益から株主への配当などを差し引いた利益剰余金(金融業、保険業を除く)は前年度よりも約28兆円多い406兆2348億円と、過去最高を更新しました。アベノミクス 安倍政権の経済政策が、企業のいわゆる「内部留保」を積み上げたことになります。
企業の経常利益は2012年度の35.9兆円から2016年度は52.8兆円へと増加しています。

その一方で働く人の賃金は3.6%の増加、物価が5.0%上昇しているので実質賃金は下落しいることになります。

安倍政権は、企業の税負担を下げれば設備投資や賃金は増えるとして、法人実効税率を引き下げ、政権発足時37.0%2016年度から29.97%と7.03%も引き下げています。
しかし、企業の設備投資は6.4兆円で減税分が設備投資や賃金に回ったとは言えず、内部留保は2012年度から2016年度で56兆円も積みましていることが明らかになりました。

税金の集め方、労働者の働き方改革が喫緊の課題になっていることを示しています。消費税の増税ではなく、大企業や企業役員などの富裕層に応分の負担を求め、価値の再配分を大胆に切り替えることが迫られています。

働く人の賃金アップ、最低賃金を1500円に、正社員を望む労働者はすべて正社員に、労働時間の短縮も重要です。

国民の所得、ふところを温め、消費拡大につなげて経済の好循環を生み出して行く、国民本位の新しい経済政策への転換が求められ、内部留保の額はそれが「可能」であることを示しています。

大企業から政治献金を「パーティ開催」とカモフラージュして受け取る政治家や政党、自民党には、この改革を進めることはできません。大企業はパーティ券を購入し、政治家に減税を迫る。大企業にすれば最も効果的な「投資」と言えるかもしましれません。

私達国民は、このカラクリを見破り、賃金アップ、働き方改革を進め「過労死」という言葉を早く「死語」にしたいものです。大企業に対する応分の負担で、安心して頼れる社会保障の充実を実現しましょう。

大企業に溜まっていく「内部留保」は、政治の転換をすればそれが可能であることを示しています。

 石田としはる 記


2017.09.02 11:09:36

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(2)/

ページの先頭へ▲

栗橋しずか館 運動場の草刈と、ラウンドワン近くの道路修復をお願いしました。

暑い夏ですが、草は元気ですね。



しずか館の運動場は、ソフトボール、少年野球、サッカーなど多くの方が利用しています





暑い中草刈も大変だと思いますが、公共施設であり、草刈をお願いします。

 
道路が少しの雨でも冠水する場所です。これまで幾度となく久喜市でも修復を進めて来ました。この間私も通路部分の穴が大きくなった時は、「道路レスキュー」にお願いをして来たところです。道路の横を用水路があり、そこから水が漏れて溜まってしまうこともあります。写真撮影の日は天候も晴れの日でしたが、ごらんのように水が溜まっています。




石田としはる 記






2017.08.07 12:03:24

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

交通安全上から早期の草刈を依頼しました。 伊坂駅前どおり


写真は2017年7月13日の朝 撮影したものです。

交差点から出ようとする際に、車の通行が見えず危険と感じました。早期の草刈などの対応が求められると思い、7月21日依頼しました。

 市民目線で街を見て行くのが大切と思っています。

記 石田としはる

2017.07.21 14:53:34

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲