<<前のページ1234567次のページ>>

新久喜 2017年4月号 学校給食・済生会移転問題など掲載 どうぞご意見を

新久喜 2017年4・5月号 2面


 ◆学校給食 大規模給食センター建設が理科大跡地に計画され、進められています。
  子ども達の学校給食のあり方をしっかり見つめ進めて行くことが求められています。

  施設整備が進められる場所が確保できた、財政的にメリットがあるとの視点だけで進めることには反対です。
 自校調理方式は、出来たての温かい給食、食育の面などセンター方式と比較すれば、自校調理方式が優れていることは、明らかです。
 今回、センター方式の施設整備を進めれば、今後50年以上はセンター方式が継続されていくでしょう。
 慎重に、市民の声も聞きながら施設整備は進めていくべきです。 
  是非、皆さん、ご一緒に考えて見て下さい。

 ご意見お待ちしています。

2017.04.19 13:43:44

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

済生会栗橋病院様 地元の市民に説明を あり方は地元の人との合意を得るもの  

日本共産党栗橋後援会ニユース


済生会栗橋病院あり方検討委員会は、地元市民との合意を得るために開かれて来たのではないでしょうか。

地元で 是非 移転に関する説明会を開催してほしい。

済生会栗橋病院あり方検討委員会
済生会からの案は「B」案が
「済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議」が作成した「済生会栗橋病院移転反対」のポスターが栗橋の全地域に、あっと言う間に貼り出されました。
「済生会病院が残ってほしい」との強い思いが溢れたのだと思います。

この声が、この思いが済生会に届いてほしい。そんな気持ちでいっぱいです。

2月15日には第6回目の会議が開催され、済生会栗橋病院から「B案、すなわち移転新築を実施する」との意向が示されました。理由は「本館が老朽化し、利根医療圏の医療、急性期、回復期、療養などの医療提供できない。B案は用地が確保され財政支援がある」というものです。
これに対して久喜市からは賛成できない。久喜市としては現在地に残る「A」案であれば必要な支援をすると表明しています。

最終的な結論は3月の会議に持ち越されました。

B案の、新病棟を移転させ、栗橋には「外来センター」との計画案は、分院体制となり経営的には非効率で赤字は必至です。済生会病院自らも経験しているものです。

合併前の栗橋町が誘致し、市民と済生会栗橋病院が協力しながら存続して来ました。
済生会栗橋病院には、お金に替えられない貴重な財産が積み上がっているのです。
存続を求める市民の願いを脇に追いやり、このまま加須市に移転していいのか。


最終結論をまとめる前に「済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議」との話し合いの場を設けること。少なくとも「必要な支援をする」としている久喜市と、率直な意見交換をし、今一度考えてから「結論」を出してほしい。

このまま、5月に予定される埼玉県の済生会理事会に図られ決定となれば悔いが残ります。


石田としはる 記


2017.03.03 21:17:19

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜新年号 衆議院埼玉14区 野党が共闘すれば希望がある!

新久喜2017年 新年号


野党と市民の共闘で希望のある2017
 ともにがんばりましょう。

埼玉14区の選挙区は、久喜市内で、旧鷲宮町と栗橋となります。
おちからぞえをよろしくお願い致します。

    
衆議院選挙 埼玉選挙区14区予定候補
苗村京子さんです。
プロフィールなど 新久喜をクリックお願いします。


2017.01.01 19:22:17

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 2017年1月号 2面 11月議会久喜市の抱える課題真正面から

新久喜 2017年1月号 2面


 2017年 久喜市もさまざまな課題が。

久喜市の医療連携
理科大跡地の活用
学校給食の建設など

 みなさんとともに考えがんばります。

 

2017.01.01 14:53:06

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 2017.01月号 埼玉13区の選挙区は 久喜市内、旧久喜市と菖蒲町の地域 

新久喜 2017年1月号 1面 13区



新年号です。 選挙区は 地域は旧久喜市と菖蒲地域です。
 
野党と市民の連帯し、野党共闘を作り上げ政治を変えよう。変えられる。



 埼玉13区衆議院予定候補 赤岸まさはる さんです。 経歴など 新久喜でごらんください。

2017.01.01 14:31:13

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲