<<前のページ1234567次のページ>>

新久喜2019年1月号 no.30 日本共産党の躍進で安倍暴走政治にサヨナラを

新久喜 2019年1月号 no.30 1面 参議院選挙の年 安倍暴走政治にサヨナラを

2019年、選挙の年が始まりました。昨年の国会では公文書偽造、ねつ造だけでなく、  隠し逃げる、又、強引な国会運営に終始する安倍暴走政権でしたが行き詰まっています。


空前のもうけを上げている大企業や富裕層には減税し、所得を減らしている庶民には消費税増税を押しつける、こんな政治を続けさせるわけにはいきません。

安倍首相が消費税10%を掲げて戦う選挙が今年の統一地方選挙と参議院選挙です。安倍首相の憲法9条改憲を断念に追い込む絶好の機会でもあります。


市民と野党の本気の共闘を成功させ、その要となって頑張る日本共産党の躍進で、安倍自公政権に退場の審判を下しましょう。2019年を新しい歴史の扉を開く年にしようではありませんか。



市民が願う政治を


2019年、国民が願う政治実現へ転換するチャンスの年を迎えました。


久喜市では、昨年若い市長が誕生し久喜市政に新風が起きると期待が膨らみました。


 







 

2019.01.24 09:32:22

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜2018年1月号 市民の願いを大切に 議員団の取り組みは

市民の願いを大切に 議員団これまでの取り組みは ←クリックで訪問◆


日本共産党は「くらし守れ」の思いから市民のみなさんと力を合わせ「水道料金10%引き下げを求める請願」1万7千筆の署名を添え提出しました。 結果は不採択でした。
※1万2千食の大規模給食センターを建設する問題では「学校給食を考える会」から子ども達のことを第一に考えた学校給食、自校調理方式への計画的転換を求める請願が、1万筆を超える署名を添えて提出されました。日本共産党は紹介議員となり採択に全力を尽くしましたが、結果は不採択となりました。
市民の願い実現に力を尽くした議員は誰か、明らかではないでしょうか。



2018.01.18 20:49:06

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜2018年1月号 久喜市議選挙 候補者現職4名を発表

新久喜 市議会議員選挙 現職4名を発表◆ここをクリック◆

日本共産党久喜市委員会は、今年の4月に予定されている市議会選挙に現職4名をたて、必勝を期すことを決定しました。
みなさまのあたたかいご支援をよろしくお願いします。

今回の市議会議員選挙は定数が30名から3名減り、27名の定数で行われます。
厳しい選挙が予想され、1月現在でも30数名の立候補が予定されています。

合併後8年が経過し、日本共産党久喜市議団が実施したアンケートでも、暮らしが苦しくなったと回答
された方は41%に達しています。いのち・くらし守り 住んで安心の久喜市を現職4人が力を合わせてがんばります。

2018.01.18 20:45:01

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜 2017年11・12月号 13区では野党共闘実現 選挙結果は

新久喜 2017年11・12月号





市民のみなさん、日本共産党へのご支援に心から感謝を申しあげます。



残念ながら、日本共産党は現有21議席から12議席に後退する結果となりました。「比例北関東ブロック」では、塩川てつや氏の議席は確保しましたが、残念ながら梅村さえこ氏の議席は失いました。


選挙区では前回と同様の支持をいただきました。が比例区では減らしました。その結果が議席減となりました。捲土重来を期してがんばります。


2017.11.22 09:49:53

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜2017年11月 国保税来年度どうなる 学校給食は自校方式が優れている

新久喜 2017年11・12月号 2面 

来年度から広域化となる国民健康保険。埼玉県は3回目の試算を公表しました。久喜市が県に支払う納付金は約43億円(国保税のもとに なる額)一人あたりにすると102,395円。久喜市の平成28年度の実績は99,965(調定額)ですから、2,430円高い金額です。

一般会計からの繰り入れや基金の活用を



しかし、久喜市が国保会計に、県平均ぐらいの「その他繰り入れ」を実施すれば、引き上げすることなく、引き下げも十分可能です。基金も9億円あります。高すぎて払いきれない世帯が多い中、引き上げは絶対許されません。



県は市町村の収支を均衡させる期間を「6年」と目標を立てましたが、困難な場合「市の実態を踏まえた設定」と柔軟な考え方も示しています。



国保滞納者が全国で312万世帯15.9%に達しています。国の負担を元に戻し増額すること。市は市民のくらしを守る姿勢が求められます。




2017.11.22 09:40:52

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲