<<前のページ12345678910次のページ>>

裁かれるべき者が・・

化血研の全景
 明けましておめでとうございます!新年早々にブログをご覧いただき、ありがとうございます。
年末まで多忙な日々が続き、投稿できずにいましたが、どうしても伝えたいことがあります。それは、「化血研」。正式には「化学及び血清療法研究所」のことである。熊本市にあり、日本国内のワクチンなど血清の3割ほどを『生産」している「企業」でもある。

 その化血研が国、厚労省の示す製法に沿わない方法で血清を造っていた、ということが明るみに出た。理事長などが責任をとって辞職したというが、これはどう考えてもいわゆる「会社ぐるみ」であり、極めて悪質である。私としては、営業停止を含め、厳罰を望むところだが、どうもそうはいかないようである。というのもこれから流行するインフルエンザワクチンの3割前後を、この化血研が供給することになっているので、生産ラインを止めるわけにはいかない、というのが厚労省、検察の基本になっているからである。 
 今回、私がみなさんに知っていただきたいことは、そのことではなく、別にある。それは、化血研と、あの「731部隊」との系譜である。731部隊といえば、かなりの方々がご存知だと思うが、石井四郎中将を中心とした、関東軍の防疫「研究」を担い、細菌を使った民族殲滅法の研究をしていた、当時でも国際法違反の部隊である。
 731部隊の研究者は、多くの者が武田製薬の人間であるが、石井とともに中心的メンバーであった幹部に「内藤良一大佐」という人物がいて、戦後、石井隊長らとともに研究資料の一切をGHℚに提供したので、戦犯容疑は免責されていて、数えきれないほどの「生体実験」の罪はなんら問われることはなかった。 その内藤らが作ったのが「化血研」なのである。
 ちなみに、内藤が得意としていたのは、細菌・血漿を「凍結真空乾燥」するやりかた、いまでいうとフリーズドドライ製法だろうか、これをアメリカに伝授し、途方もない利益を手にしている。アメリカは、.この技術を、のちに朝鮮戦争での細菌戦に使ったとされている。近くはベトナム戦争での「枯葉剤」爆弾である。

 731部隊の出身者の多くは、製薬会社や、大学教授の職についているが、化血研のほかには、ミドリ十字(現三菱ウェルファーマ)も彼らがつくったとされている。戦争中は人体実験を繰り返し、何の反省もなく、戦後は薬害エイズを引き起こす。

 私が書きたかったのは、「裁かれるべき者」が裁かれずに、権力者にさえなっている日本の現実のことである。あの3・11での福島原発爆発事故に反省するどころか、電力会社と安倍政権は原発の再稼働を強引に進めんとしている。この両者は、もちろん「裁かれるべき者」である。

 私たちには議会選挙において「1票を投じる」ことで裁くことができる権利がある。原発をすすめ、戦争法を強行した「命よりもカネを優先させる議員さん」を少数派にしなければ日本に未来はない。 
 正月から重い話になってしまい、申し訳ありませんでした。反省。次回は明るい話題に努めます。   杉野 記

 

2016.01.01 00:21:32

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

中身の濃かった会派視察


議員団で視察しました〈尾道市立みつぎ総合病院のスタッフの方々と〉

 11月9,10,11の2泊3日で日本共産党久喜市議団は、会派視察を行いました。視察先は①尾道市(地域包括医療ケア事業)②大牟田市(認知症対策事業)③葛飾区(リサイクル事業)でした。一枚目の写真は、市立病院の副院長さんからの講義・座学こんだんを終えた後のもの。

 尾道市の「地域包括ケアシステム」は、治療と、保健サービスによる健康づくり、在宅ケア、リハビリ、介護、福祉サービスすべてを含んで在宅ケアと施設ケアの連携を行政・住民が一体となってすすめる事業の「総体」を指しています。専門職としては保健師、管理栄養士、医師、療法士、薬剤師など(公務員)が協働して地域の健康づくりや、介護予防を楽しく活動していました。

 行政としても「寝たきりゼロ作戦」として位置付けており、職員の皆さんの表情からも“本気度”を感じました。そして何より、3日間を通して党議員団がどこでも大歓迎を受けましたことをご報告いたします。また、この場をお借りして久喜市・訪問先の事務局の皆さんにも感謝を申し上げます。つづきは次回をお楽しみに。 杉野 記

2015.11.19 17:28:15

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

「きれいな国」を返したい



福島第1原発で事故後初の「被ばく労災認定」を考える

 すでに報道されたように、事故収束作業に従事し、白血病を発症した40代の作業員について福島労働局富岡基準監督署は、「被ばくと疾病の因果関係が否定できない」として労災認定をした。 男性の「累積被ばく線量」は1年半で19.8ミリシーベルトにのぼるという。

 日本人の放射能被曝は、広島、長崎、ビキニ諸島、に続き「4度目」になる。しかし、今回は、福島原発、いわゆる「いちエフ」での事故に伴うものであり、各地の原発では、これまで作業員の「がん」で労災認定された方は、実に13人にも上る。被ばくは4度目ではないのだ。

 完全防備の作業服でも、長時間高線量の被ばくがつづくと、意味はない。メルトスルーした核燃料は、ヒトの染色体を確実に傷付けていく。そういえば、事故のとき、水蒸気爆発はメルトスルーの結果なのに、政府も東電も「メルトスルーはしていない」と言っていた。なにもわかっていないのにだ。
 私としては、作業員の被ばく線量が果たして正確かどうか疑問も残る。それは、生きるために作業をつづけなければならなかったから。多くの作業員が線量計のスイッチを切って作業をしたという。いずれにしても、労災認定されると「医療費と休業補償」は支払われるが、その代償は決して小さくはない。 事故現場は、何がどうなっているのかさえもまだ良く分かっていない。そして廃炉に向けての行程はまだ見えていない。日本人にとって廃炉作業は初めてのことである。この先、40年で終わらない場合もある。
 3.11事故で「安全神話」が何の根拠もないものであることが明らかになった。「すべての原発は廃炉に!」は国策として掲げるべき課題である。クリーンエネルギーへの大転換は、早急に着手しなければならない。日本は、これ以上の「ヒバクシャ」を産んではならない。

 原子力は、ほんのひと握りの人たちにとっては、莫大な利権と利益をもたらす「打ち出の小槌」であるが、大多数の国民にとっては、未来を消し去る危険極まりない害悪である。
 いま、「戦争法を廃止する政府」を提案している共産党だが、「原発を廃炉にし、クリーンエネルギーへの転換を進める政府」も遅くない時期に実現したいと願っている。
 まだ顔を見ぬ未来の日本人に「きれいな国」を返す義務が私たちにはあると思う。 杉野 記

2015.10.23 12:23:03

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

鷲宮三題で思う

これから路肩で脱皮
桜田ニュータウンの団地内で、歩道の路肩でセミが脱皮しようとしていた。普通は木の葉の裏など目立たないところで脱皮するものだが、これは余りにも目立ちすぎだ。いや、むしろ危険でさえある。
 次に出てくるムクドリや雀が狙っている。しかし、こればかりはどうしようもない。こうしたセミをいちいち安全な所へ移動させようとすれば、私の生活が成り立たなくなってしまう。申し訳ないが、写真を撮った後、その場を去った。無事空に飛び立てることを祈るしかない。

ムクドリの群れ
 写真はムクドリの群れである。この時期、どうってことのない景色である。しかし、見て頂きたいのは、かれらが電線にとまっている「間隔」である。ほぼ等間隔。後から来た個体が、もし、少しでも近すぎると激しく拒否されてしまう。
 自然界にも、それなりのルールが存在するのである。(私の勝手な決めつけ)人間界でも同じような所がある。電車の座席で「近すぎる」と、座っていた人は、それとなく離れる。(10センチくらい)しかし、離れすぎると「嫌味」になるので少しだけ離れるのである。これも気遣いか。

川内原発、再稼働の「異常」
 川内原発が再稼働を始めてしまった。世界でも異常な「安全よりも利益優先」の電力会社と、そこから献金をもらう自民党の政治。原発が1基も動かなかった700日。電力は十分すぎるほどある。必要性が全くない中での運転再開である。 
 そもそも規制委員会の「新規制基準」は、安倍首相の言う「世界最高水準」ではない。実に、恥ずかしいほどのウソである。総理大臣というのは、自ら調べて検証するなどということはできないのだろうか? この基準は、アメリカやヨーロッパの基準よりも劣っている。調べればすぐわかることである。 
 住民の「避難計画」は「安全の要件」にすら入っていない。「福島の教訓」はどこかに捨てられている。F1は「初めての廃炉」の危険な作業が手探りで行われているが、労災事故を含めて多数の犠牲者が出ている。

 原発というのは、立地する地方自治体にとって「麻薬」でしかない。金に目がくらんで、住民のいのちはどうでもよくなってくる。国民の反対を無視して再稼働を強行した安倍政治は、一刻も早く終わりにさせなくてはならないと思う。  杉野 記

2015.08.12 20:58:00

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

「鷲宮三題」


公共工事の現場訪問
 7月17日、埼玉土建久喜幸手支部のみなさんが久喜市役所内での耐震化工事の現場を訪問しました。当日は、行政への仲介をお願いした当議員団から私が立ち合いをさせていただきました。
 この現場訪問では、市が発注・契約する公共工事では、元請け会社から様々な下請け会社に仕事が回りますが、そうした時、①安全な工事環境が維持されているか。②建退共など労働者の身分保障の制度が生かされているか。③最低賃金や、適正な労務単価が支払われているか。が課題となっていました。懇談の中では、元請け担当者から説明があり、おおむね適正な条件があることを確認することができました。後日には、実際に現場で働く下請け会社の社員・職人からの聞き取りを行うことも確認されました。これからも下請けの社員や、ひとり親方のみなさんが「安心して働ける現場と労働条件」を保てるよう関係者(行政、受注者、議会)が連携する必要があります。当日は、市側と元請けの小川工業のご配慮もあり、有意義な現場訪問ができました。たいへん、ありがとうございました。

無念の張り紙
 これは、市内のある店先に張られた「お知らせ」である。35年間、続いてきた店を閉めざるを得なくなった事情は、察するに余りある。「もうひと踏ん張りでなんとか・・」「いや、もう無理だよ」家族でいろんな話を重ねたことだろう。こどもは、こうした親の会話を聞いていたかもしれない。大型ショッピングセンターの出店や、コンビニエンスストアの「乱立」(私個人の感想)の影響は大きい。街づくりや支援での課題もある。議会も責任の一端はある。選挙のたびに「地域活性化推進を」というチラシを配布する議員は多い。 兎にも角にも、庶民の多くが、救済を必要としていることは間違いないと思う。

共通の想い
車を走らせていたら、この表示が目に入った。これは、九条の会の澤地久枝さんのホームページにアップされていた金子兜太さん筆のものであることは、私も聞いていた。「何かしなければ」
という想いは同じである。先日、テレビで創価学会の方たちがSGI(創価学会インターナショナル)の三色旗を掲げて、反戦争法の訴えをしている姿を映し出していた。「平和の党」と標榜する公明党が、憲法違反の戦争に踏み込む法案を提出しているのであるから、支持してきた学会員はさぞかし「裏切られた思い」だろう。戦争だけはさせない、この一点で力を合わせよう。      杉野 記

2015.07.28 12:58:42

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲