<<前のページ632631649648630|629|628627625624623次のページ>>

八坂神社はどこへ! 栗橋地区で利根川の堤防強化工事が進んでいます。

2015年10月現在 利根川の栗橋地区における堤防強化工事 どこまで進んでいるのか報告がありました。
栗橋では2015年11月1日 18:00より 栗橋公民館において地元説明会が開催されます。是非お出かけ下さい。


 利根川の強化堤防工事は、「首都圏氾濫区域堤防強化対策事業」と呼ばれています。栗橋地区で堤防が決壊すれば、首都圏まで被害が及ぶことからでしょう。
堤防強化対策の実施手順は、上の図の順で進められていきます。
栗橋地区の堤防強化事業は現在、③埋蔵文化財調査がほぼ終了し、④既設道路等切り回し⑤地盤対策のところまで進んでいます。



⑤地盤対策の期間は1年~3年かかる計画で、これから実施される「地盤対策」は、堤防の一番下の部分にあたる管理道路と堤防の法面の間に矢板などを打ち込み「縁切り」をすすめるものです。地盤改良の箇所は、今回3箇所実施される計画です。

八坂神社はどこへ移動するのかな
よく「八坂神社」はどこにいくんだい?と聞かれます。上の地図で示されているように、左上の位置です。現在の「利根川上流河川事務所」の南東より、現在ある八坂神社の位置からすると、利根川の方向へそして北へずれる位置になります。面積の広さは変更ないとの説明です。



上の図面が、現在地と新しくなる道路など重ね合わせたものです。
黄色い2本線は、現在の道路で、赤い2本線が新しくできる道路となります。
八坂神社は「かぼちゃ色」の部分、緑に囲まれてエリアが「防災公園」となります。

久喜市防災公園内に、防災センターや、栗橋関所の復元など地元の皆さんの思いを盛り込んだ計画にしてほしいものです。

「地区計画」に地元の思いを反映することが大切
それには、「久喜市防災公園」をどういう計画にするのか、「地区計画」と呼ばれますが、そこに、地元の皆さんの思いが織り込まれる計画ができるかどうか、重要です。

栗橋地区の活性化にもつながる重要な事業だと思います。
私も、皆さんの声を受け止めご一緒にがんばります。
ご意見などおよせください。
 石田としはる




2015.10.28 18:00:51

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

スーパー堤防

堤防強化は大賛成ですが 9月の大雨時の
利根川・栗橋付近の水嵩が2階建て住宅の屋根付近だったのご存知ですか?大利根カスリーン台風公園付近のスーパー堤防説明看板を読むと洪水を防水する為でなく 越水時に利根川の水流を緩やかに流すのがスーパー堤防の役割だったΣ(・□・;)

電チャリヒルクライマー 2015/10/30(Fri)07:54:07 編集

ページの先頭へ▲