<<前のページ123456次のページ>>

団ニュース no.167号 台風19号 避難勧告を受けアンケート実施 防災対策提言へ

団ニュース no.167号 台風19号 避難勧告を受けて



梅田市長に要望書提出

マイナンバーの問題点

台風19号は、農家の皆さんにも大きな被害が 
 冠水と台風の風によって、稲わらが大量に集積 その量は 軽トラック 500台以上

2020.01.16 22:24:58

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

議員団ニュースno.166 11月議会 取り組み 一般質問 重要議案も

団ニュース no.166号 一般質問 公共施設~




11月議会には、市の公共施設すべてを今後どうするかについて市民参加で検討するための議案が出されました。



 この件は、そもそも市民から 検討を要望されたものではありません。国(財務省サイド)から




歳出見直しによって経費削減を求めてきた経過があります。これまで市は、「総合管理計画」を協議してきていました。しかし、今回は、国から令和2年度末までに策定を求められ、この検討委員会の提案になったものです。



久喜市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例


議員は、自らの報酬を自らが議決する立場にあることから、議員報酬の改定は、透明性を高め市民からの理解を得ることが不可欠です。






「久喜市空家等対策協議会条例」可決 


久喜市には空き家等の適正管理に関する条例があり、助言、指導、勧告、命令が明記されていますが、平成30年度は助言が47件のみです。また、行政代執行の規定はありません。答弁では「空家に対して相談、苦情、適切な管理を求める市民の声が多くなってきた。切れ目のない対応を推進するため協議会条例を作った。協議会では行政代執行も含め、慎重に協議をしてもらい、協議の結果を受けて、必要とあるならば市が行政代執行の判断をし、予算を計上する。」としています。



一般質問 報告 
 ご意見お待ちしています





2019.12.20 22:19:47

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニュースno.165 11月議会台風19号に対する久喜市の対応を検証

団ニュース no.165  台風19号に対する 久喜市の対応を問う



台風19号に対する 緊急市民アンケート実施中

11月議会が始まります。今議会の焦点は、台風19号における久喜市の対応について検証することが第一に問われます。



久喜市は初めて避難勧告を発令し避難を呼びかけましたが多くの問題点、課題が出ています。



この間、日本共産党久喜市議団では、市民の皆さんに「緊急市民アンケート」をお願いし、集約中です。



皆さんからの声や提案を受け、洪水時においても犠牲者ゼロの久喜市をめざして一般質問にのぞみます。




11月29日()



杉野 修 議員  3番目 午前中



平間ますみ議員  6番目 午後



12月 2日()



石田 利春議員  2番目 午前中



渡辺まさよ議員  3番目 午前中



時間は、あくまでも予定です。





月 日



曜日



適用



1125





本会議 議案の上程



1129日~125



一般質問 右の表



12月 9





本会議 議案質疑



1210





総務財政市民 常任委員会



1211





福祉健康   常任委員会



1212





建設上下水道 常任委員会



1213





教育環境   常任委員会



1219





本会議 討論・採決



是非傍聴にいらしてください













2019.11.26 08:31:26

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニュース164号 台風19号の経験を生かすことが・・ アンケート実施中

団ニユース NO.164  アンケート実施中


台風19号によって出された「避難勧告」は深夜の2時、暴風雨が吹き荒れる最悪の条件の中で出されたと言えます。水害による犠牲者を出さない、実効性のある対策を準備することが求められています。
アンケート実施中 ご協力を


議員団は、皆さんが体験された生の声をいただき、「犠牲者ゼロ」の水害対策を構築するためアンケートを実施しています。皆さんのご協力をお願い致します。

1026日、久喜市女性議会が開かれました。久喜市では、「子ども議会」と毎年隔年で開催しています。議会を身近に感じ、行政に関心を持って貰う良い機会になっています。




2019.11.17 09:04:22

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議団ニユース no.163号 台風19号 9m61Cm 避難者約9000人

市議団ニュース no.163


台風19号は全国で大きな被害を出し、久喜市でも荒川の氾濫、利根川では決壊の恐れがある「氾濫危険水位8.9m」を超え、最大9.61mに達しました。



久喜市でも初めて「避難勧告」が発令され、職員の皆さんや自発的に頑張られた区長さんなど、徹夜の対応となりました。心から感謝を申し上げます。



今回の経験は、避難のあり方など多くの課題も明らかになりました。




市民の皆さんからの声、現場での実態から見えた問題点を報告します。


台風19号に伴う対策本部からの発令


             【防災無線メール から抜粋】
            荒川・ 菖蒲地区【菖蒲地区のみ放送】 
               12  15:51【警戒レベル3】



避難準備・高齢者等避難開始
         利根川・ 久喜・栗橋・鷲宮地区
    13日  1:00【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始


    13日  2:00  【警戒レベル4】避難勧告
緊急放送、警戒レベル4、避難開始。利根川が、氾濫するおそれのある水位に到達しました。速やかに全員避難を開始。避難所は、市内の小中学校を開設しています。


 


避難勧告発令は、真夜中の2時で、風雨が激しく雨戸を閉め「まったく聞こえなかった」との声が圧倒的です。




課題は山積み

近日中に 緊急市民 アンケートをお願いします。
ご協力お願い致します。

一般質問 9月議会報告も









 


2019.10.29 22:16:57

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲