<<前のページ1234567次のページ>>

団ニュース no.172 新型コロナ対策 市長に申し入れ 第2弾 

団ニユース no.172  新型コロナ対策 申し入れ 梅田市長に


4月7日、議員団は新型コロナ対策に伴う久喜市の取り組みについて、梅田市長に2回目17項目の申し入れを行いました。

◇同日の夕方には、「緊急事態宣言」が出されるという緊迫した中での申し入れとなりました。

市長からは「緊急事態宣言」に触れ、大変な事態でこれ以上の感染拡大がないよう、市民の皆さんにも引き続きのご協力をいただくことになる。よろしくお願いしたい」また、「要望いただいた内容については担当課とも協議し、検討していきたい」とのコメントがありました。



〈感染拡大の防止、医療対応について〉



市民や事業者からの相談をワンストップで受ける「新型コロナウイルス総合相談窓口」を設けること。 
◆市は医療関係者と協議し、感染症対策のPCR検査に特化した検査体制を確立すること。発熱外来を設置すること。など

■2月議会では、国民健康保険税の条例改正があり、賦課限度額の引き上げになりました。平成
30年度の県単位化(広域化)から昨年度は8万円、今年度も8万円、合計16万円もの引き上げです。確かに久喜市は、県基準額までの金額ではありません。しかし、これまでの久喜市は、一般会計から国保会計への法定外繰り入れ」を実施し、剰余金が出れば基金に積み立てをし、保険税の引き上げや、賦課限度額の引き上げを抑えてきました。ところが、県単位化された途端に、一般会計からの繰り入れをなくし、限度額はいきなり16万円の増税です。



後期高齢者医療保険税 値上げに反対!

アセットマネジメント推進で


市民の暮らしにどんな影響が?


 


 




 


 



 


 






 




 




 

2020.04.27 09:26:54

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニユース no.171 2020年度予算 暮らし守れの予算修正提案

団ニュース no.171号 予算修正提出

月議会最終日の17日、党議員団は、議案提案権を使い、梅田市政第3期目の予算に対し修正案を提出しました。



提案理由は、「消費税増税による実質収入減や、医療・年金・介護など社会保障、福祉の後退。更に、コロナ関連で市民の暮らしへの影響が懸念される今こそ、市民を応援する施策が必要」との考えからです。



一般会計と国保、介護、水道の特別会計での予算修正です。



結果は、残念ながら質疑、討論もなく他会派の反対によって否決されました。

修正案では、防災対策、子育て支援、福祉政策を重視してのとりくみ
 暮らし支援で水道料金引き下げなど提案

一般質問
 議員団4人の取り組み報告


2020.03.27 20:37:46

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニュース no.170号 新型コロナウイルス 科学的見地に立って対策を

団ニュース no.170号 新型コロナウイルス対策 


日本共産党久喜市議団では、みなさんの思いをお聞きし、調査など進め、久喜市対策本部に届けるとともに、引き続き対応を進めていきます。
 どんなことでも、ぜひ声をお寄せください。


 


中国・武漢から広がった新型コロナウィルス感染症は、やはり世界に拡散し、WHОはパンデミックと表明しました。科学的見地に立って、冷静な対応を示し、協力して


拡散防止を成功させる必要があります。


政府の対応には問題も


① 全国一律の同時休校は


◆政権内部や、有識者の意見も聞かないで決めてしまった。


◆準備期間もない中で、子どもたち優先でなく、休校に伴う損失補償などが「後回し」になった。


(例えば、給食の停止で食材が出荷できなくなった分の保障は、農水省と財務省がこれから協議の予定。)


② 必要な検査体制も進まず。


③ 「改正新型インフルエンザ対策特別措置法」を強行したが、「緊急事態宣言」で国民の自由や諸権利を奪い、国民生活に重大な影響をもたらす危険性が生まれた。

 一般質問のとりくみも報告しています。





 


 



 


 



 


 





 







 


 


 


 


 


 


2020.03.16 17:29:03

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニュース no.169号 2月議会始まる 代表質問・一般質問

団ニュース no.169号 2月議会 代表質問


10日新年度の久喜市の予算・事業を決める予算議会が始まりました。
 3年目を迎える梅田市政に対して各会派の代表質問が24日に行われます。
日本共産党久喜市議団からは、渡辺まさよ議員が質問します。


 議員団では、


第一に、安倍政権の下での消費税増税をはじめとする「国民への負担増」と「社会保障の後退」が進む中、市民のいのちと暮らしを何としても守るという姿勢を貫くこと。


 


第二に、気象変動によるあらゆる災害からどう市民の命を救うか。





第三には、子どもや若者に夢を与える市政であること。を梅田市長に求めていきます。

質問日は、24日月曜日です。多くの方の傍聴をお待ちしています。





 


 


 


 




2020.02.16 19:03:16

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議団ニユースno.168  台風19号アンケート 早めにの避難情報と広域避難を

団ニユース 台風19号アンケート 特集




日本共産党久喜市議団が実施した台風19号についてのアンケートには、600世帯を超える市民の皆さんからご回答をいただきました。皆様のご協力に感謝申し上げます。



 今回、その概要を報告するとともに、「災害に強い久喜市」を願い皆さんの声を久喜市に届けました。



今回の避難経験から「広域避難」を日常的に準備することが重要とわかりました。避難訓練にも取り入れ実施することを要望しました。



議員団も、皆さんの声を、街づくりの提案に役立てていく所存です。



 今後とも宜しくお願い致します。


ご意見をお寄せください。


2020.02.11 20:46:07

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲