<<前のページ1234567次のページ>>

72年目を迎えた終戦記念日 核兵器禁止条約が採択 北朝鮮に対して無条件で対話を


皆さん、8月15日は終戦記念日です。アジア・太平洋諸国で2000万人以上、日本で310万人以上がなくなった太平洋戦争から72回目を迎えたことになります。日本共産党は侵略戦争によって犠牲となった人々に深い哀悼の意を表明します。
8月15日が終戦記念日であることを知らない人が、やく30%いるとのこと。社会の出来事でよく「忘れてはいけないこと」と言われることがあります。この8月15日はそのひとつであることは間違いないと思います。なぜ「忘れてはいけないのか」二度と過ちを犯さないためですね。

さて、皆さん、今、安倍政権が進める政治を見ると、特定秘密保護法、戦争法の強行、共謀罪の強行、そして、憲法9条に新たな条文を加え、日本が再び戦争できる「憲法」に変えようとしています。 日本が再び戦争をする国に進むのか、平和の道を進むのか歴史的な岐路にたっていると言えます。日本共産党は、日本は二度と戦争はしないと誓った、平和憲法9条を守り、平和な日本を築くため、思想・心情、政治的立場の違いを越え、平和を願う総てのみなさん、野党と市民が力を合わせ、日本の新しい政治を切り開くために全力を尽くします。ご一緒に力を合わせましょう。

そして皆さん2017年7月7日には、国連で核兵器禁止条約が採択されました。核兵器廃絶に向け、世界の歴史が大きく前に進んだ歴史的な快挙だと言えます。しかし、残念ながら、世界で唯一の被爆国である日本政府は、この国連の会議にすら参加しませんでした。皆さん、今回核兵器禁止条約が採択された背景には、ヒハクシャの皆さんが、勇気を出して、核兵器の残虐性を世界に訴え続けてきたからです。国民の多くは、政治的立場の違いを越えて人類を滅ぼす核兵器廃絶の先頭にたってがんばる政府であってほしいと願っていると思います。日本共産党は、核兵器廃絶に向け、これからも全力を尽くします。
 



皆さん、今テレビを見ていると、毎日のように北朝鮮のニュースが流れます。このようなニュースを見て、心配される方が多くいると思います。
北朝鮮は、国連安保理の制裁決議を理由に、ミサイルの連続的な発射を繰り返し、緊張が高まっています。日本共産党は、北朝鮮にこれ以上の軍事的な挑発行為を中止することを強く求めるとともに、軍事的対応ではなく、現在の危機を打開する道は、無条件で直接対話に踏み出すこと。との声明を出しました。それは決して不可能なことではありません。この間、アメリカのトランプ大統領は「オバマ大統領は話しすらしなかったが、私は話す、誰かがやらなければならない」と述べています。日本政府は緊張をさらに高める「軍事的対応の強化」に力を入れるのではなく、外交交渉にこそ力をつくすべきです。
ドイツのメルケル首相は「この紛争に軍事的解決はない」と強調、各国からも軍事的対応をやめるべきとの呼びかけがあいついでいます。
日本政府も「核兵器禁止条約」を世界でいち早く締結し、北朝鮮に対し「核兵器開発を止め廃絶すべき」と追い詰めることこそが重要です。


記 石田としはる


2017.08.17 20:47:54

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

まさか!の日本政府の対応 核兵器禁止条約国連会議 いま世界が注目



   

核兵器禁止条約の国連会議で日本共産党志位委員長が演説 

親愛なる議長


日本の国会議員で日本共産党の志位和夫です。「核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)に所属しています。
日本政府が、この議場にいないことはたいへんに残念なことです。しかし、被爆者の方々と日本国民の大多数がこの「国連決議」を支持していることは明らかです。

核兵器禁止条約の交渉について言えば、核兵器に依存する国々に、核兵器保有国と「核の傘」のもとにある国の参加が求められることはいうまでもありません。しかし、仮に、最初はそれらの国々の参加がえられなかったとしても、賛成する圧倒的多数の国々のよって核兵器禁止条約が締結されるならば、核兵器の使用と威かくは違法化され、核兵器の保有には「悪の烙印」が押されることになります。

核兵器禁止条約の締結は、市民社会の組織の力と合わさることによって、核兵器に依存する国々に対して、政策を変え、核兵器の完全廃絶への取り組みに加わるよう迫るものとなります。
私は、この「国連決議」が大成功することを強く願っています。被爆者の方々もまさしく同じ思いでしょう。
ご清聴ありがとうございました。

世界中のNGOが会議に参加し、発言を求めている中、演説時間は2分~3分程度とのことです。オランダ反核NGOのメンバーは、「日本政府のかわりに日本の声をアピールしました」と歓迎しました。

日本共産党の代表が国連の場で発言するのは始めてです。

残念なのは、この内容が日本ではほとんど報道されないことです。私が耳にしたのはNHKのラジオで聴いただけでした。


核兵器禁止条約の先頭に立って、日本政府はアピールすべきです。世界で唯一の被爆国であり、核兵器の恐ろしさを世界のどこの国よりも痛切に感じている国だからです。しかし、日本政府が、アメリカ政府の指示に従い、ここまで従う姿勢を示したことはなさけないというしかありません。


政府は「核保有国以外だけで議論しても具体的な結果は望めない」としています。核保有国は、「段階的アプローチ」の名で「核兵器廃絶」を先送りし、自国の各軍備を強化して来ました。「核保有している大国が条約制定に向け協力するよう迫ることこそ、被爆国政府がすべきことです。


このような姿勢は、北朝鮮の核兵器開発に対する日本政府の抗議も、本気度が疑われ、弱いものとなってしまうでしょう。


世界では、「毒ガスの使用が禁止」されていながら、核兵器を禁止できないわけがありません。


核戦争が起これば、敵味方関係なく、人類が滅びる危険性さえあります。そんな悪魔の兵器の使用を認めることは許してはならない。

石田としはる 記


2017.03.31 17:57:02

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

虎にまたがっている人は食べられることを恐れて降りられない・・・


核なき世界へ
核兵器禁止条約交渉会議 27日から始まる

アイルランド政府の代表の言葉に感動しました。

「虎にまたがっている人は食べられることを恐れて降りられない。しかし、彼は降りなければならない」この「有害兵器」に依存する者たち(核兵器保有国)に対して、この兵器が非人道的で「合法性はまったくない」ことを理解させるのが、核兵器禁止条約交渉会議の目的であり、今こそ核兵器を廃絶するという「変革の時だ」と訴えました。

2017.03.18 21:34:50

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

日本共産党の埼玉県党会議開催 社民党・自由党から連帯の挨拶が

新しい政治実現に向けた、歴史的な党会議が開催されました。



 
日本共産党の最高決定会議が党大会で、第27回党大会には、来賓として民進党・自由党・社会民主党・沖縄の風ーから出席をいただき挨拶をいただきました。

 安倍・自公政権は、戦争法を強行し、立憲主義を踏みにじり、1%の富裕層や大企業のための政治をすすめ99%の国民は置き去り、これまで3度廃案となった「共謀罪」まで持ち出しています。強権政治そのものです。これに対し、野党と市民が共闘し、新しい政治をつくる運動がひろがり、発展しています。今度の大会は、野党共闘で日本の新しい政治を切り開く歴史的な大会になったと思います。

その後、日本共産党埼玉県党会議が2月5日、さいたま市内でひらかれ、私も参加しました。
県党会議においても、社会民主党埼玉県連合の佐藤征二郎代表と、自由党の松崎哲久埼玉県責任者のお2人が来賓で出席いただきました。

社民党の佐藤県連合代表は、もと岩槻市の市長もされた方で「野党共闘を何としても実現させたい。参院選後からそのことを強く意識してきました野党共闘を実現しましょう」と挨拶。
 続いて、松崎自由党県責任者は、「野党共闘を実現することが市民の願い、悲願であると考えて出席しました。原発、消費税、TPPなど、野党が結集して何とかしなければなりません」と挨拶がありました。松崎氏は、久喜市のリレートークなどにも参加され、新しい政治をともに切り開こうと連帯感を感じました。

  県党会議では「『野党と市民の共闘』の発展・強大な埼玉県党の建設を、『日本の政治の新しい時代』をさらに前へ!」とスローガンが掲げられました。

市民の皆さんとともに「希望が見える年に」なるようがんばりたいと思います。

 石田としはる 記




2017.02.11 18:48:09

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

核兵器廃絶へ大きな一歩 国連決議!すばらしい! しかし日本政府は反対票


  悪魔の兵器 核兵器は廃絶しかない
核兵器禁止条約の交渉開始決議案の採択
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-29/2016102901_02_1.html

国連総会の第1委員会は27日、核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案を圧倒的多数の賛成で採択しました。これにより、「核兵器を禁止しその全面廃絶につながるような法的拘束力のある法文書」の交渉が、市民社会も参加して、来年3月、6~7月に国連で開催されることが確実となった。核兵器を違法化して「核兵器のない世界」へ向けて扉を開く画期的決議案の採択となりました。

 悪魔の兵器である 核兵器廃絶に向けた大きな一歩が踏み出された。と思います。日本も当然賛成と思いきや、この決議案に反対票を投じたとのこと。


世界で唯一の被爆国である日本が、核兵器廃絶の先頭にたって訴えるべきなのに、それをこともあろうに反対票を投じるとは情けない。しかも、これまで「棄権」していたものを「反対」にまわるとは、残念で情けない。

今の安倍政権の本質が浮き彫りになったと思います。
「アメリカの核の傘に守られている立場」だから賛成できない。この考え方を脱しない限り、「核兵器は廃絶すべき」と言えなくなるでしょう。

核兵器は国を守るものではありません。人類を、人間を人間でなくする兵器なのです。核兵器は使うことはできないのです。

日本の被爆体験がそのことを、照明しているではありませんか。
思想信条を超えて、廃絶すべきものです。現在保有している国に対して、その悲惨さを体験した国として、核兵器は廃絶すべき。この声を上げるべきです。

 核兵器禁止条約の締結交渉を来年開始する決議案に反対しておいて、北朝鮮に「核兵器作るな」と言っても、真剣に受け止めるでしょうか。

 核兵器を廃絶させるため、ともに ちから を合わせましょう。
石田としはる 記
 


2016.10.30 08:31:17

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲