<<前のページ12345678次のページ>>

俳優の石田純一もコール 安保法制=戦争法案は廃案に 憲法守れ 平和を守れ

2015年9月17日 20時国会前


安保法制 = 戦争法案 廃案に向け 国会へ



時折どしゃぶりの雨が降る中3万人が押し寄せた。国会前は人の波で埋まり、強行採決もどきは無効 戦争法案は廃案 9条守れ のコールが鳴り響いた。私も議会終了後駆けつけました。平和を守るためにできることはしたい。しなければならない。そんな思いでいっぱいです。



国会では、安倍総理は国民をなめるな と言いたい と大学生のコール 



俳優の石田純一さんも登場し、自由に言いたいことが言える社会は重要、今の憲法は先輩の命の犠牲の上にできた憲法、70年続いた平和を100150年と続けよう。と訴えた。



戦争法案はゆるさない!参議院内では、不信任案などで、裁決を許さないと頑張っている野党と連帯して、国会内に聞こえるようコールが遅くまで続いた。



これまでの審議を通して「武力行使」を禁じた憲法に違反することは明らかになって来た。アメリカのニーズに、アメリカの要請に応える、安保法制=戦争法案であることが、よく見えて来た。自衛隊とアメリカ軍は、国会の審議など関係なく、軍軍連絡所の設置など約束してきていることも明らかになって来ている。
このまま、この法律を作れば、自衛隊はアメリカ軍と一緒に戦闘行為を行う日が遠からず来ることになる。そうなれば、自衛隊員が命を落とすことになる。「日本を守るために尊い命を」と安倍総理は嘆くのだろうか。人間と人間が武器を持って争うことを許してはならない。世界の宝と言われる平和憲法を持つ日本。平和を願うすべての人が、今、一緒に声を上げるときです。
石田としはる 記

2015.09.18 08:34:54

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

戦争法案反対 請願署名国会へ届ける

2015年9月4日 戦争法案反対の請願署名を届ける
 衆議院第二議員会館 日本共産党紙智子参議員議員 塩川鉄也衆議院議員 梅村さえこ衆議院議員へ 



埼玉県全体では4万人を超える署名数となりました。
 廃案に向け引き続き頑張りましょう。

 石田としはる 参加

2015.09.07 18:59:35

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

埼玉県知事選挙 柴田やすひこさんを当選させ 戦争法を廃案にしよう!

2015.08.01 新都心駅東口において、埼玉県知事候補 柴田やすひこ街頭演説が行なわれた。
参議員議員の 小池晃さんも駆けつけ、戦争法案が大きな争点となって来ている。

戦争法案に反対の意志を明確にしている、柴田やすひこ候補を当選させ、「あの時私達は、戦争法案に反対する知事を当選させ、平和な日本を守ったと誇れる歴史を作ろう」と呼びかけました。



埼玉から、声を上げよう。歴史を作るのは わたしたちだ。

2015.08.01 22:51:23

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

戦争と火事は同じだと考えているの 燃えているアメリカの家を消火する(安倍総理) 

戦争法案、安倍総理は 火事の模型を例にしながら、燃えているアメリカの家を一緒に消化するのが集団的自衛権だと安倍首相は強調しているが。

20150722191425asdoip4.jpg

日曜討論 日本共産党 小池政策委員長の発言
火事は消せば済むが「武力の行使」は反撃される。「武力行使」は憎しみを生む。

火事の消火活動は、人の命を助けるけれども、「戦闘行動」は、殺し殺される。まったく違います。

本気でこ戦争法案のことを説明しているとすれば、まったくこの法案を理解していないことになる。
さすが、そんなことはないだろうから、結局のねらいは、国民をごまかそうとしている

政府は、国民の世論がいくら反対が多くてもいずれ賛成するといい、反対は刹那的な世論だと「高村正彦、自民党副総裁もいったが、ゆるされない態度!

 戦争法案よくわからない と 言う人もいます。
しかし、わからないように、ごまかそうとする話があるだけに、私たちはしっかり見極めましょう。

 石田としはる 記

2015.07.27 23:12:40

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

2015.07.23 埼玉県知事選挙告示 柴田当選で つぶせ!戦争法案を廃案に

2015.07.23 進撃の柴田
つぶせ!戦争法案 「第一声で他候補圧倒」

 いよいよスタートした埼玉県知事選。第一声は浦和駅東口、1000人を超える方がローターリーを埋め尽くしています。人数、熱気とも西口で演説をしていた他候補を圧倒、「柴田やすひこ」への期待を大きく感じました。

柴田候補の訴え
  先日22日に「安保関連法案に反対するママの会・埼玉」から私も含む主要3陣営に対して「安保法案の強行採決の是非を知事選の争点を求める」要望書をいただきました。「戦争法案NO!」「子どもたちを戦場に送るな」とはっきり訴えることができる候補者は「柴田やすひこ」ただ一人です。埼玉県知事選挙で安倍政権へ「戦争法案NO!」の審判を下し、県民の「いのち・くらし」を守る県政を実現してく埼玉県新知事「柴田やすひこ」を誕生させるため、17日間全力で戦い抜く決意です。

戦争法案にきっぱり反対を貫けない知事では、埼玉県民、久喜市民の命を守ることができません。
今回の知事選挙で、「戦争法案」ゆるさない知事を誕生させることができれば、「戦争法案」を廃案に追い込むことができます。

平和を願う皆さん、立場の違いはあっても、今回の知事選挙では「戦争法案」反対の一点で手をつなぎましょう。日頃は違う政党を支援していても、平和を守る戦いです。ともに手をつないでも決して「バチ」はあたりません。

 平和は黙っていては、守れないときがあります。
 それが 「今」ではないでしょうか。。

2015.07.23 20:53:13

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲