<<前のページ1234567次のページ>>

庭のバラが満開に咲きました


 
 となりに住む母が育てている庭のバラが満開になりました。
お言葉に甘えてきれいなところを花瓶に移させてもらいました。とっても華やかで家の中が明るくなります。今日は、雨のため、菖蒲で予定していたスタンディングは中止となりました。残念。

 でも、うれしいニュースがありました。安倍首相が検察官の定年を引き上げる「検察庁法改正案」の今国会での成立を断念しました。もともと安倍政権に近いとされる黒川弘務・東京高検検事長定年延長を、検察庁法でなく国家公務員法による「解釈」で63歳になる前に閣議決定したことが発端です。検察の中立性が失われ、時の政権が検察まで思うがままにできる、三権分立の原則が壊されてしまいかねない問題でした。「役職定年」の年齢を過ぎても政府の判断で幹部にとどまることができるなど、あり得ません。

 国民の多くの批判と元検事総長総長を含む検察OBからの反対の意見書も提出されていました。政府の強権的なやり方に現職の裁判官も「まともな法治国家とは言えない」と異例の批判もしていました。「しかも、今はコロナ感染対策に全力を注ぐべきさなかに、火事場泥棒的に押し通そうなど断じて許されない」と日本共産党の塩川議員も衆院本会議で批判をしました。

 安倍首相は「国民のみなさまのご理解なくして前へ進めない」と言っていましたが、国民世論と何より内閣支持率の低下(朝日世論では33%)によるものではないかと思われます。しかし、次期国会に持ち越す構えのようです。民主主義の根幹を揺るがす政権に厳しい審判を・・・
皆さん共に頑張りましょう。

 「コロナ感染自粛要請は補償と一体で」スタンディングしています。明日は11時30分から健美の湯前交差点でやります。皆さん一緒に声を上げましょう。
                                  ワタナベ

2020.05.18 23:55:55

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

とても暑い中、中央公民館前でのスタンディング



 5月17日(日)とても暑い中、中央公民館前でスタンディングをしました。
30度に気温が上がるとさすがにマスクが息苦しいです。
先日、マスクをしながらマラソンをしていた中国の学生が死亡したと聞きました。
何事も、やはり時期と場所と環境を考え、対応していかないとコロナ感染ではない犠牲者が出てしまうことになると思います。

 仕事が無くなったことで、収入がたたれ、生活が出来ない人が出てしまえば、生活苦で死者がでます。コロナ感染の死亡者ではなく、尊い命がなくなることは、何としても無くしていかなければならない。

 もっとスピーディに、的確に、必要なところに補償をすべきです。感染後の経済対策が今必要だとはどうしても思えません。安倍さんには、今の国民の現状を街に出て、様々なところで聞いて感じてほしい。・・・無理か。それができていれば、このような後手後手の政策にはならないか・・・。

 声を上げて、世論と国民の力で政治を変えていきましょう。今日は、親子リズムでご一緒したご家族がたまたま通られて、声を掛けてくださいました。久しぶりに子ども達に会いましたが、みんな大きくなって、「なにやってるの?」と聞かれました。とてもかわいらしかったです。

                ワタナベ

2020.05.17 22:24:08

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

雨のためスタンディングは中止でした、残念。



 5月16日(土)今日のスタンディングを予定していた、菖蒲JAグリーンセンターへ向かう途中から雨が降り出して、行動は中止になりました。残念です。
雨が降り出したグリーンセンターには、近隣の農家の皆さんの野菜や総菜、果物、お花などがたくさん出荷されていて、大変賑わっていました。新鮮な野菜はずいぶんと売り切れていて、私も、卵・キュウリ・トマトなど購入させていただきました。

 「緊急事態宣言」が出される中、私は、安倍政権が言い出した「緊急事態条項」での改憲を進めようとしていることに大変危険を感じている一人です。
  元参院議長・元法相の江田五月氏の記事を読みました。「感染が拡大する中、安倍首相や自民党は「緊急事態条項」での改憲を言い出し、憲法審査会を開こうとしている。そんなことをやっている場合ですか。今の憲法がおかしいからコロナ対策ができないことはありません。むしろ憲法から外れたことをしているから十分な対策をとれないのです。十分な補償をしないので、自粛と言ってもそれに実効性が出てこないのです。」とありました。そして憲法に「緊急事態条項」を書き込むことが首相に権限を集中させ戒厳令のような不当な人権制限が行われる恐れを危惧されていました。

 今の安倍政権は、政治を私物化し、うそと国民だましの政治を続け、検察官の定年を政府の判断で延長までして思い通りの政治をしようとしています。このような政権が憲法を変えたらどうなるか、危険きわまりないことです。

 私達にできることは、わずかです。でも、流されてはいけません。変えて行かなければ・・・
頑張りましょう。        
                 ワタナベ

2020.05.16 23:32:51

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

意外に人通りが出てきている久喜駅前のスタンディング



 5月15日(金)今日は南支部の後援会の皆さんが協力してくれました。
11時半から久喜駅西口でのスタンディングでしたが、意外にも人通りが多いので驚きました。
5月1日にも同じ場所で行ったのですが、そのときにはほとんど人通りはありませんでした。「緊急事態宣言」がゆるんで来ているのか、昨日の39県解除で気の持ちようが変わったのか・・・・

 私達は、毎日少人数で間隔を空けて、30分と短い時間で、3密にならないようにして、訴えています。後手後手になっている安倍政権の政策がようやく充足しつつある中、必死に「医療崩壊」を食い止めている医療従事者の皆さんの努力がムダにならないか、と心配です。

 久喜市でも、郡市医師会の皆さんの協力、力をお借りして「発熱外来」でPCR検査ができるようになるところまで来ています。でもここでゆるんで第2波が来たら、また医療にかかれずに命を落とす方が出るかもしれません。
 どうぞ、専門家の方達の評価と判断が出るまで、力を合わせて頑張りましょう。そして、安倍政権には、自粛要請と一体の補償をさせるまで、ご一緒に声を上げて行きましょう。             
                  ワタナベ

2020.05.16 00:24:28

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

久喜菖蒲公園をお借りしました



 5月14日(木)今日は新婦人の皆さんと久喜菖蒲公園をお借りして、ダンベル体操をしました。駐車場は使用出来ない状態でしたので、タイムのツリーピアの駐車場をお借りしました。管理センターでは、密にならなければ大丈夫ですと了解も得て体を動かしました。その後公園2.8㎞を一週して、いい汗をかきました。とてもいい天気ですがすがしい朝でした。公園の駐車場が使えないので近隣の方が利用しているだけなので、ほんとうにがらんとしていました。
 公園を利用して体を動かしたい方はたくさんいるだろうに・・・工夫すれば皆さん一時の気分転換ができるのでは・・・・と考えてしまいました。その後皆さんとスタンディングをしました。

 
 久喜菖蒲公園の前の交差点で新婦人の皆さんと行いました。さすがにトラックや大型車が多く皆さん良くのぞいて見ていってくれました。会釈をすると会釈で返してくださる方もいました。

 政府のコロナ対策は本当に遅すぎます。PCR検査も韓国やドイツに比べ話にならないほど少なく、より簡便な抗体検査キッドの検査態勢も遅い。これだけ犠牲者が出て、今頃のドライブスルーです。日本共産党は「自粛と一体での補償」は単なる経済対策ではなく感染防止策だと「緊急事態宣言」が出される前から言ってきました。安倍政権の緊急対策の遅れは、自分たちの利権を先に考えるからではないか、と考えます。ドイツのメルケル首相が、国民を第一に国民の生活を先に政策を立てているのと大違いです。だから、不衛生なマスクを配布したり訳のわからない星野源への便乗ビデオとなるのです。安倍首相には国民の大変な暮らしが見えていません。
 今国民が望んでいるのは、コロナ対策・経済対策として思い切った財政支援です。

 財源は5兆円を超える不要不急の戦闘機・戦車などの軍事費を削れば確保できます。さらに、今こそため込んだ企業の内部留保金(400兆円をはるかに超えている)をはき出させるべきです。何のためにため込んでいるのか。今が絶好の使い道です。損失補償・生活保障を皆さんの力で、安倍政権にさせていきましょう。
                   ワタナベ

2020.05.14 23:05:11

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲