<<前のページ12345678次のページ>>

菖蒲地域の本共産党後援会総会



  4月24日(日)日本共産党菖蒲後援会の総会がひらかれました。
前回を50%上回る参加者で、総会はスムーズに進みました。
 総会の記念講演として、県の浅井副委員長が「参議院選挙をめぐる情勢の特徴と後援会の役割」と題した話がありました。とてもわかりやすい内容でした。
 
 「政府による憲法を無視した政治のはじまりだ、として憲法9条の解釈を一内閣の勝手な判断で変えた。国民の意見も聞いていない。民意が無視されている。憲法の中身を変えることにていて、国会での採決が、最悪の形であった。その後のあるべき臨時国会でさえ開いていない。「私がこの国の最高責任者だ。」とする独裁政治のはじまりである。
 そのようなとき、5野党党首合意がなされた。合意の内容は、
  1安保法制廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回
  2安部政権打倒
  3国政選挙での与党と補完勢力の少数勢力への追い込み
  4国会対策、国政選挙などあらゆる場面での最大限の協力
である。これに対して、「野合」批判をしているが筋違いであり、立憲主義回復は民主政治の土台であること。
 さらに、市民の運動は、
  非戦運動(反戦ではない)
  武力を武力で解決するのではない。力で対抗するのではない。
  誰の子も殺させない。
  「おかしいよ」とだれもが声をあげている。
  立憲主義を憲法を守れと言っている。
 さらに、
  介護・福祉職の賃上げ、児童扶養手当拡充、保育士処遇改善、長時間労働規制法提案など、                       安保法制だけでなく、法案提出をしている。野党共闘の前進、国民の共闘が生まれている。
 結びに、政治は変えられる。市民・国民と戦う選挙戦を・・」とありました。

  私も、いつも市民の声、願いにこたえるにはどうしたらよいか。
 その声は市民にとってプラスになるのか。行政の提案は市民の権利、要求に合致しているか。考えています。その中で、憲法は国民を守り、国民主権、立憲主義、恒久平和を掲げた、日本の最高法規なのだから、国民を抜きにすすめてはだめなんだ。だから、安部首相は間違っていると発しています。
 
 TPP、原発、消費税、どれも今の政権の考え方は、おかしい。国民の一部人たちのことしか考えていないと感じてならないのです。
 参議院選挙がもうじきです。市民の暮らしを守るために私もできる限り頑張ります。

                   渡辺昌代

2016.04.28 08:06:13

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

自由釣り場として存続を

2016.04.28 08:03:35

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

くりっこ学童クラブの竣工式


 

 くりっこ学童クラブはこれまで栗橋公民館の奥校舎で行われていました。たくさんの学童が通う中、安全と管理の面で改善が求められていました。今回の学童改築は英断であります。
 くりっこには本当にたくさんの子ども達が通っていて、指導員の先生の話では、いつも入所をお断りしているほどだそうです。昨年はシングルファザーの方から入所の申し込みがあったが、一杯で入れず、本当に申し訳なかったとおっしゃっていました。
 今年度からは、定員も増員され100人の受け入れになります。使い勝手のよい、明るい、素敵な学童になりました。

 3月30日には、子ども達も参加してくれて、歌の披露もありました。健やかに、成長して欲しいです。

 4月5日には、栗橋西小学校内にできた、しずか学童クラブの開校式もありました。
こちらは、これまで旧保育園跡で行っていた、ほほえみ学童クラブをこちらに移すかたちになります。栗橋西小学校は、栗橋小学校と違って学童希望者も少ないようですので、30人の定員です。ただ、これまでやっていた、ほほえみ学童には栗橋内3カ所から集まったこどもたちの学童として運営を指定管理者のほほえみ学童クラブがやっていましたので、当面は、これまでの所で、運営を続け、徐々にしずか学童へ移行していくようです。
 私としては、70人規模え運営していた学童が「学校別になりますので、ほほえみは30人です」といってほほえみ学童クラブは運営が成り立つのか、少し疑問です。

 でも子ども達にとっては、改善されたクラブ校舎で生活が出来るのです。本当に良かった。
あとは、青葉学童の改修です。議会では、前向きに取り組むと 答えていました。
子育て支援しっかりと進めましょう。


             記   渡辺まさよ


2016.04.10 21:01:08

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

老朽化していた中央保育園 暖かみのある保育園に



  3月28日に中央保育園の完成式典がありました。
本当に待ちに待った改修でしたので、うれしい限りです。
園全体が明るくなり、各部屋は、木目を大切に、自然な暖かみのある園舎です。
トイレもとってもかわいらしく、以前の使用不可能トイレ、壁がはがれ、掃除をしてもきれいにならなかったトイレとは大違いです。
結露がひどく、湿気の多かった中央保育園とは思えないほどの変わりようです。
 
 園庭も遊具を入れ替え、子ども達も喜んでいることでしょう。
あとは、青葉保育園ですが、あそこは、耐震がクリアしていますので、大規模改修は出来ません。少しずつの改善になります。各部屋の壁、外壁など進むようです。
いずれにしても、子ども達のほとんど一日を過ごす場所です。生活環境整備は欠かせないものです。これから、この保育園で子ども達が、気よく、いきいきと活動出来ることを願ってやみません。
              記   渡辺昌代

2016.04.01 01:19:28

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

久喜市いきいきたいそう



 久喜市が取り組んでいるいきいき体操の見学にいきました。
会場は清久コミュニティセンター、参加人数は30人を超えていました。

参加してびっくりでした。
皆さん若々しく元気に難しい体操に取り組んでいるのです。
私もやりましたが、片足を上げたり、動き回ったり、ステップを踏んだりと
かなりハードな体操、柔軟、ストレッチを1時間半びっしりと行うのです。
ついて行くのがやっとでした。

指導者も市民で、募集をかけ、研修を受けた方が交代で指導してくれます。
この日は、指導研修の方もいらしていました。

何より会場が笑いに包まれて、とてもいい雰囲気なのです。
これから、もっと久喜市の介護保険の予防、多様なサービスとして位置付けをしていくのであれば、簡単に伝えられる、DVDや図や挿絵など、また、様々なサークルの中に取り入れていくのであれば、簡単にできる短縮バージョンが必要です。

これからの高齢化社会を支えるには、介護予防は大切であり、重要な課題です。
知らせ、広める事もしていかないといけないと考えています。社協では、認知症徘徊S0Sが計画されています。

地域で介護や認知症対策はどんどんと話し合う必要があると私は考えます。
2月議会でも、前回をひきつづき介護の問題を一般質問をしました。
今度介護保険の学習会も必要ですね。

              記 渡辺まさよ
           

2016.03.28 01:29:11

テーマ:渡辺 まさよ あったか日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲