<<前のページ10131012101110101009|1008|10061005100410031002次のページ>>

久喜市栗橋 高柳地区の開発整備事業 埼玉県による開発整備始まる


久喜市栗橋高柳地区 開発整備事業 埼玉県企業局による開発整備始まる



2019820


日 久喜市全員協議会が開催され、高柳地区開発整備事業について報告がありました。久喜市では高柳地区における産業基盤整備の実現に向け、埼玉県「企業局、田園都市づくり課」との協議を進めて来ていました。


主な事業経過
◆平成23年5月21日 土地利用に関する意向調査にむけた説明会開催


◆平成25年6月17日 当該地区の開発整備要望書が提出される。


 18.1ha案 地権者72
◆平成26年3月23日 高柳地区土地利用推進協議会が設立される。
◆平成30年11月26日 「産業基盤づくり構想策定支援会議」によるヒアリング
 (平成27年度に埼玉県企業局による基礎調査(予備調査)が実施済みであることが報告された。


◆令和元年6月12日 事業化に向けた前段の調査をするための「可能性調査業務委託」の入札執行に係わる公告がされた。 6/26に株式会社復建技術コンサルタントに決定。


可能性調査の主な内容



1. 基本計画の作成



2. 事業可能性の検討



・開発区域の整理 ・土地利用計画



・道路 交差点計画・造成計画



・給排水計画   ・公園緑地計画



・企業立地ニーズの調査



・採算性



・課題 ・問題点の抽出と対応検討


役割分担等



県企業局の役割



市の役割り



・整備工事の施工



・立地企業の選定・調整



・全体調整



・地元調整(用地交渉等)



・都市計画、農林協議資料等の作成



・企業ニーズの把握



県企業局の負担



市の負担



・用地買収費



・造成工事費



・事務費(市に支払う)



・取付け道路の整備



問 開発面積は確定しているのか   問 地権者数は


答 1920ha未満 詳細は未定   答 97


問 開発期間の目処は        問 開発に伴う同意率は


答 令和4年度造成         答 93%  (未同意は主に連絡が取れない方)                
                    開発地域内の宅地は8軒  

今後高柳地区の開発が進むことになります。
開発に伴う意見などございましたら お寄せください
石田としはる 記







 





 





 




 


 


 


 


 


 


 

2019.08.20 21:07:05

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲