<<前のページ10151014101310121011|1010|10091008100610051004次のページ>>

捜査救助犬 人間が犬を捜査するのでなく、犬が人間を捜査してくれるのです。その影には・・

2019年8月31日 久喜市総合防災訓練が実施されました。メイン会場の毎日興業アリーナに参加しました。これまで栗橋地区の防災訓練に参加するのみでしたので、いろんな団体が会場に参加され、勉強になりました。 下記の写真は、捜査救助犬協会を支援する年会費の案内です。
注目してほしいのは、一番下、菖蒲の「しらさぎ公園」の近くで、毎週ボランティアで訓練しているとのことです。



捜査救助犬協会 犬を人間が捜査するのではありません。災害時に「犬」に人間を捜査してもらうものです。犬にがんばってもらうために、休むことなく訓練を実施しているとのことです。

来賓の挨拶で必ず語られたこと「災害はいつ起こるかわからない」というキーワードです。
犬に人間を見つけてもらうためには、相当の訓練が必要です。粘り強く、根気のいる活動だと思います。いつでも出動できるよう訓練を続ける。大変なことだと思います。

そんな活動を久喜市内、菖蒲で、毎週実施しているとのこと。しかも全部ボランティアとのこと。感激しました。感謝でいっぱいです。
 皆さんにも是非知っていただきたいと、アップしました。

特定非営利活動法人 日本捜査救助犬協会 埼玉本部 郵便346-0104
埼玉県久喜市菖蒲町三箇759番地3 0480-85-8340

 久喜市は災害が少ない地域だと思います。でも大きな地震が来たらと心配になります。
 
記 石田としはる






2019.08.31 22:01:11

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲