<<前のページ10321031103010291028|1027|10261025102410231022次のページ>>

利根川の堤防の高さは 計画高9.9m 栗橋は右岸だが 意識はあとからついてくる

利根川の堤防の高さはどれぐらい 明確に答えられる人は少ないようだ。
氾濫危険水位 8.9メートルとしているとすれば、堤防の高さは、少なくともこれよりは高い。



堤防の高さを計測する場所によっても違う。
栗橋で計測する場所は、利根川上流河川事務所の近くにある場所と思っている。

栗橋地区の標高は10.2m でここを起点として、水位や堤防の高さを計測することになる。

利根川栗橋流域水防事務組合の資料によると、堤防の高さの計画は9.9メートル。計画より低いところは・・・議会でも聞いてみたいところ。

9.9mだとすれば、今回の台風19号は9.61mまで来ていたことからすれば、本当に紙一重で、堤防を水位が超える 「越水」が起きた可能性が高い。

具体的に言えば、台風が動く速度がもう少し遅かったら、 もう少し雨量が多かったら、 もう少し台風の進路がずれていたら、・・・

人間の意識は、客観的に進む事態を見て認識して行く。 客観的現象を追いかけることになる。今回の事態は、まさにそんな状況ではなかったか。

台風19号は、我々に警告してくれた。そして、つぶやいて去って行った。
今度は、もっと大きく、もっと強くなって来るからな と。

 われわれは、この警告を受け取め、再び来るであろう、台風を想定を超えた対策を打って迎える必要がある。 残された時間も、想定し対策を打たなければならない。

 石田としはる 記


















 

2019.10.30 09:12:34

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

浸水テープで経費かけるより

地方自治体が必ず予算を付 浸水テープを電柱等に掲げるが水が来るのが解っているのなら新築時の基礎のかさ上げ等予防の防水対策があるのではないか?
古い農家等は水害に備えて舟や高台があります。さいたま市付近の見沼田んぼは、浸水に備えて戦後すぐに開発凍結を決め今現在も続けてます。

電チャリ師匠 2019/10/31(Thu)17:51:18 編集

ページの先頭へ▲