<<前のページ56789101112131415次のページ>>

文化田園都市構想で誘致した理科大。跡地を産業系に変更。問われる久喜市の未来

2015年11月議会、最大の議案が総合振興計画・都市計画マスタープランの変更といえるでしょう。平成25年3月に、10年先を考え、練に練った計画を何故、変更するに至ったのか。あなたは、知っていますか。
  

議会で、議論になったのが、東京理科大学跡地をどうするのかです。

久喜市は40億円の税金を投入し、文化田園都市構想をかかげ、実現した東京理科大学の誘致。理科大は2016年4月には撤退することが決定した。

久喜市は撤退と同時に、東京理科大学が「物流関係」を手がける事業者に販売しやすいようにと、高額でしかも、まとめて売りやすいようにと「住居系」~「産業系」に用途変更するため、久喜市が街づくりの「総合振興計画・都市計画マスタープラン」を変更したことになる。

久喜市は理科大が「跡地の40%を無償で久喜市に提供する」としたことが、「理科大は最大限の譲歩」と受け止めたようだ。

しかし、地元からは、 下記のような請願が提出された。


「請願第2号 東京理科大久喜キャンパス 撤退跡地の 他の用途変更を行わないこと。即ち現行久喜市都市計画マスタープランの土地利用計画に則した土地利用を堅持して頂きたい。」用途変更しないでとの請願である。
文化田園都市環境を形成しつつあったと言える。理科大の撤退にあわせ、余りにも拙速であった考えられるし、「住居系」のまま、久喜市が残り60%の土地購入を検討すらしなかったのは残念でならない。 久喜市の都市構想、20年先30年先を考えての決断であったのか、問われた議会となった。
日本共産党久喜市議団は、請願の紹介議員になるとともに、委員会や本会議で議論を展開した。
請願に対する本会議での賛成討論です。 

請願に賛成の立場から討論致します。
この請願には、地元に関係する区長さんの署名が添えられています。


区長さんは、日頃は、久喜市の行政と深く結びつき、行政の執行の一旦を担っておられる方がたです。その方がたが、久喜市がすすめようとしている事業に対して、異を唱え、請願を出すことは、勇気が必要だったのではないかと思います。私は、それだけに、今回の請願を重いものがあると受け止めたところです。


さて、請願の内容は、表題にもあるように、現在の 久喜市都市計画マスタープランの 土地利用計画に則した土地利用を堅持して頂きたい。という内容で、自分達地域のエゴ的な立場からではなく、これまで久喜市が貫いて来た、街づくりの計画を、今後も継続してほしい。という素直なものです。


その思いは、これまでの住居系から産業系に用途変更を行うことになれば、これまで、醸成されて来た東京理科大学を含む近隣の環境が大きく変わることになると懸念するからです。


請願審査では、地元市民の皆さんの思いが語られ、大型車両の通行、24時間創業で深夜の騒音、家屋の振動、大気汚染、渋滞による排気ガスの増加、農業面では夜間照明による農作物への影響、車両通行による公害は道路沿線の住宅など大変苦渋すると考えられる。「第3の清久ショック」と呼んでいると述べられました。


変更される、現在理科大跡地の様子を具体的に言えば、周辺地域には、特別支援学校や、介護施設などがあります。この環境を守り続け久喜市の発展を考えることができないのか。投げかけられています。


東京理科大の撤退はやもう得ないとしても、一旦久喜市が買取り環境の維持方向など、十分検討していただくことも大切ではとの提案も、理解できるものです。


パブリックコメントにおいて、理科大の跡地は「産業系」にしないで、今ある緑を残して「久喜市の公園」にしてほしい。など環境保全を求める意見が出され、これに対する市の回答は、「東京理科大跡地が何も利用されずに荒地になる恐れや、土地所有者の都合による無秩序な土地利用の恐れがあります。」としています。


しかし、東京理科大が撤退したとしても、東京理科大には、住居系にふさわしい環境を維持していく責任が土地所有者としてあります。市は、これまでも、土地所有者が空き地を放置し、草などが茂っていれば、管理をしっかりするよう指導して来ました。


東京理科大跡地を、撤退に合わせ早急に「用途変更」しなければならない理由とはいいがたいと、言わなければなりません。


久喜市は、跡地を購入しようとする意思はあったのかとの問に、「特に市のほうで積極的に買い取ろうという考えは言っておりません。」との答弁でした。東京理科大が一方的に示した簿価82億円を前提に交渉する意欲すら示さないとすれば 市民の願いに耳を傾けない姿勢で残念でなりません。


撤退後、東京理科大とこれまでの経過を大切にしながら、久喜市の街づくりにふさわしい、跡地利用はどんな選択肢があるのか、用途変更せずに時間をかけて検討することは、十分可能な選択肢の一つであったと言えます。今回の用途変更はあまりにも「拙速」です。


請願の審査では、平成5年、東京理科大学を誘致した際には、当時は農業をする方が多く、そしてやる気のある農家の方が非常に多かった。けれども、久喜市の文教地区をつくっていくという熱意に皆さん協力をして、久喜市における高等教育機関という公共施設のために協力し土地を提供したと語られました。


久喜市民は、公正公平な立場から、市民の利益にかなった事業には賛同するものです。久喜市と久喜議会が請願趣旨を受け止め、請願に賛同して頂きたいと願って 賛成討論と致します。   

石田としはる 記







 

2016.01.04 19:08:13

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

11月議会 日本共産党議員団 質問日程が決定 是非傍聴にいらしてください

11月議会が始まりました。

 日本共産党議員団は、一般質問受付日に全員が提出
日程は、12月1日が本会議で議案など提出されます。

 一般質問は
 12月4日 金曜日 9時からです
  ②番目に渡辺議員 ③番目に平間議員 ⑤番目に杉野議員

 12月7日 月曜日 9時から
  ②番目に石田議員が 登壇します。

是非 傍聴にお出かけください。 本庁舎5階で受付しています。




写真は、久喜市栗橋地区 栗橋ハイツで行なわれた防災訓練です。
炊き出し訓練を兼ね、カレーライス、焼きそば、豚汁が作られ、ウオーキングのあと参加者全員でいただきました。約90名が参加。寒い日でしたが雨はふらず、しっかり訓練ができました。
地域で支え合い、だれもが安心して暮らせる街に、同時に久喜市も地域を支えて行くことが求められています。

2015.11.26 16:18:57

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

各総合支所から「建設課」が消えることに。効率化とはサービス低下なのか。


菖蒲、鷲宮、栗橋の各支所から建設課がなくなる




9月11日全員協議会が開かれ、現在、菖蒲、栗橋、鷲宮の各総合支所にある建設課を本庁にある第二庁舎、建設部の各課に統合するとの報告がされました。



建設課は、道路の新設、補修や、道路が冠水した時などにも、被害が拡大しないよう手だてとるなど日常生活に密着した事業を進めている事業部です。先日の台風の際にも、いち早く危険箇所に「通行止め」の対策など泊まり込みで対応しています。この建設課が各支所より遠い位置に移動することは、市のサービスが遠のくことと同じです。合併の弊害が拡大するものと言えます。



「事務の一元化、効率化のため」としての集約化は、市民の暮らしにとって何をもたらすのか、考えるべきです。効率化というのは、サービスを低下させずに進めるものです。
もう総合支所との名称は付けられません。「支所」になるのでは。


統合となる 久喜市第二庁舎




2015.11.01 08:50:54

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

撤退後跡地40%を譲渡 どれぐらいの広さかな 覚書の内容は

2015年9月24日 東京理科大と久喜市が覚書を締結しました。
下の地図は、青い部分、約40%を無償で久喜市に譲渡するというものです。






覚書の内容は 2枚あります


 

理科大は、これまで 物流を基本とした施設建設を主流にしている「レッドウオッド」から跡地を購入したいとの打診があり、レッドウオッドに売却するには、久喜市が土地利用を産業系に変更してもらわないと、利用価値がなく販売できない。市も協力してほしいと言っていました。

久喜市は、理科大としても最大限の譲歩をしてくれ、市民の理解も得られるものと判断し覚書を締結するとしています。

理科大が無償譲渡する跡地は、建物などを含み、資産価値は約50億と見込まれるとしています。
今後、議会には、久喜市総合振興計画と利計画マスタープランの変更が議案としてだされて来ます。会派「新政久喜」は、既に賛成の意思を示していることから、総合振興計画など変更される可能性が高い状況です。

ただ、地元の区長さんなどからは、理科大を誘致した際には、教育施設として土地を提供した。物流企業が来れば大型トラックなどが行き交うことになり、環境が一変する。とても賛成できない。用途変更はしないでほしいとの声が上がっています。

請願を
11月議会に提出するとの動きもあります。市民の皆さんの声を大切にした対応をして行きたいと考えています。





2015.10.11 12:54:18

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

久喜議会「慎重な取り扱いを求める意見書」11名が賛成も少数で「否決」


安保関連法案慎重な取り扱いを求める 意見書 否決   



意見書第7号 「安全保障関連法案の慎重な取り扱いを求める意見書」の質疑が9月11日 久喜市議会で行われました。この意見書は、現在参議院で審議中であり、審議を早めて「先議」し質疑、採決が行われました。久喜市議会始まって以来の、意見書の「先議」となったものだと思います。それだけに、「慎重な取り扱いを求める」意見書の採決は、注目され、私は可決への可能性に期待していました。

 9月4日の戦争法案反対集会 大宮に若い人やママなどもいて、これまでの最大の集会に。
 


結果は残念ながら、賛成は11名、少数で「否決」となりました。 



提案した共産党や市民の政治を進める会、無会派の田中氏は、安保法制は憲法違反であり、廃案しかないとの立場は変わらないものの、久喜市議会が「慎重な取り扱い」で一致できるよう、討論や呼びかけなどを通じて、最大限の努力をしたと考えています。 

 私が特に残念だったのは、1期目である若い議員の方々には、久喜市民の思いに寄り添う対応を示してほしかったと思っています。  安保法制に対して、賛成だけど審議は十分とは言えない との立場から賛成討論もありました。会派「新政久喜」の中でも賛否が別れていた結果を見ると、「会派拘束」はなかったように思えます。久喜市民から選出された議員として、安保法制が本当に、憲法違反である「武力行使」につながらないのか、今一度検証してほしいと願うばかりです。集団的自衛権行使は、日本が直接攻撃されていなくても・・・・・などなど

賛成議員を紹介します。(敬称略)
杉野修 渡辺昌代 石田利春 平間益美 猪股和雄 川辺美信 田中勝 山田達雄 春山千明 富澤孝至 大谷和子 以上11名です。

討論は5名が行いました。 共産党からは石田が討論に立ちました。賛同を得るよう言葉を選んで討論しました。

日本共産党久喜市議団 石田利春の討論です
安全保障関連法案の慎重な取り扱いを求める意見書 に賛成の立場から討論します。
政府が「安保法制」として第189回通常国会に、提出した「国際平和支援法案」と「平和安全法制整備法案」は、5月15日に上程され、これまでに衆議院で可決され、911日現在参議院において審議中です。これまでの審議経過は今国会の最大の議案としてマスコミなどでも、随時取り上げられ報道されて来ました。しかしながら、安保法制の問題点が解明され審議は十分尽くされたとは言い切れません。各種の世論調査を見ても、賛否についても意見が分かれています。特徴的なのは、十分審議がつくされていないとする意見が8割を超えていることです。日本共産党久喜市議団は、安保法制は憲法違反であり、廃案しかないとの立場から6月議会で、安保法制反対の意見書を共同で提出しました。その立場は変わらないものですが、同時に国民の理解が十分進んでいないことは、さらに重要であると考えます。日本の安全保障にかかわる議案については、十分な説明と同時に、国民の理解を得ることが必須だと考えるものです。いま現在においても、安全保障問題について多くの議論と意見が交わされています。審議時間だけを見れば、一定の時間審議はされましたが、当初の答弁が変わって来るなど、審議はまだ十分とは言えません。


意見書では「法案の評価もさまざまで、多くの国民もさらに十分な説明を求めています。 国においては、安全保障法案の審議にあたり、国民に焦慮(しょうりょ)や不安の念を抱かせることのないよう、また、日本国民の将来にとって最善の選択が導かれるよう、いっそうの慎重かつ十分な審議を尽くすよう求める」としています。この意見書は、国民の思いとも重なるものであると同時に、現在参議院で審議中という緊迫した時期にかなったものであります。久喜議会として意見書が提出できるよう各議員の皆さんに賛同をお願いし、賛成討論といたします。 



 



安全保障関連法案の慎重な取扱いを求める意見書 (原文)
去る5月15日、内閣から、集団的自衛権の行使を容認する内容を含んだ安全保障関  連法案が国会に提出され、衆議院で可決され、現在、参議院で審議中です。
この法案は、国家安全保障上の課題に対処し、我が国の平和と安全を維持し、その存立を全うするとともに、国民の命を守るといった責務を果たすべく、政府内で検討重ねられてきたとされています。しかし、現在、その法案を審議している国会内のみならず、国民の間でも多くの安全保障問題について多くの議論と意見が交わされ、法案の評価もさまざまで、多くの国民もさらに十分な説明を求めています。よって、国においては、安全保障法案の審議にあたり、国民に焦慮や不安の念を抱かせることのないよう、また、日本国民の将来にとって最善の選択が導かれるよう、いっそうの慎重な審議を尽くすよう求めます。



 
石田としはる 記

2015.09.13 09:38:36

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲