<<前のページ56789101112131415次のページ>>

液状化対策工事完成 花火は上がらなかったが新たな出発点に


スイッチを入れると同時に地下水の排水が始まりました。思っていた以上に水量が多いと感じました。設定した水量を排水すると自動的に止まるようになっているとのことです。地下3mまで地下水位を下げて行きます。


11月25日、液状化が激しかった南栗橋スポーツ広場のすぐとなり、南栗橋近隣公園で、液状化対策工事完成記念式典が行われました。

平成23年3月11日、南栗橋地域で液状化発生。月日が過ぎるのは早いもので、6年と8ヶ月が過ぎ、ようやくここまで来たとの感じです。多くの方の努力があったことも忘れてはならないと思います。

今回の対策は「地下水位低下工法」によるものです。家屋が液状化した地盤の上に立ち並ぶ中での対策のあり方として、液状化対策検討委員会が、実証実験も踏まえながら決定したものと理解しています。

実際の工事には地元の事業者さんが分担して担い、着工後は、想定外の地盤構造があったり困難があったものの、この9月に総ての工区、7工区に、地下水を組み上げるポンプが設置されたことを持って「完成」となりました。お疲れ様でした。

また、液状化発生後においては、被災された市民の皆さんの声を丁寧に受け止め対応されて来た多くの職員の皆さんの苦労がありました。私としては、被災者の皆さんや苦労された職員の皆さんとともに、今日の式典がもたれればよかったなーとの思いもあります。

今後はモニタリング調査の推移を見ながら「水抜き」を進めて行くことになります。地下水位を組み上げることから「地盤沈下」が起きるリスクがあります。

今日の来賓挨拶で、液状化対策委員会の会長を務めていただいた東京大学名誉教授の坂本功様は、「工事は完成したが、今日が新たな出発点になる」と話されました。印象に残りました。地盤沈下のリスクをしっかりと認識されている挨拶であったと受け止めさせていただきました。

私も、議会においては、度々液状化に関する質問をさせていただいていますが、被災された皆さんの気持ちに少しでもよりそい、行政に届けられたらとの思いで取り組んでいます。
今日を新たな出発点として、被災された皆さんに引き続きよりそい、できることを精一杯取り組んでいきたいと思っています。

 
 記 石田としはる

2017.11.25 18:17:42

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

さわやかな秋晴れのもと ウォーキングしませんか 栗橋街中新たな発見あるかも

第3回くき健康ウォークを平成29年11月19日(日曜)に開催します。
10kmコースと5kmコースを設定。栗橋地区の魅力を再発見できるコースになっています。
秋を感じながら栗橋の街中をウォーキングしませんか?

http://www.city.kuki.lg.jp/kosodate/life_sports/3rdkukiwalk.html

  
11月19日は、ちょっと寒いかもしれませんが、元気に歩けば・・・天気予報は晴れ時どきくもり 気温は12度(最高気温)

元気にあるいて健康増進です。利根川の土手に上がると ・・山 ・・山 ・・山が一望できます。 是非いらしてください。

 記 石田としはる

2017.11.17 19:12:31

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

冷え込んだ朝でした。火を使う冬を間近にして 久喜市消防特別点検が

2017年11月12日 日曜日の朝 冷え込みました。
消防団員の方々は、朝6時には会場の菖蒲支所の駐車場に集合
キビキビとした対応で、緊張感を持ちながらの「消防特別点検」でした。

 

消防特別点検では、久喜消防団・菖蒲消防団・鷲宮消防団・栗橋消防団、350名が参加。日頃は地元の商店や、地元で事業を進めている方が消防団として活動されています。
 心からの敬意と感謝を申し上げたいと思います。
特別点検では「服装規律の点検」「機械器具の点検」が行われました。消防自動車が一同に並ぶと、心強い思いがしました。

 加須市を含む4市2町で構成する埼玉東部消防組合(久喜市・管理者は久喜市長)管内で2016年に発生した火災は148件。うち建物火災は72件。その原因は、放火(疑い含む)が32件も発生し、火災全体の4分の1を占めているとのことです。絶対に許せない犯罪行為です。他に、たばこ、電気機器、コンロなどによる火災です。
 

女性消防団によるAEDを使用した、心肺蘇生の実演も実施されました。
倒れている人がいたら、いきなりは近づかないで「大丈夫ですか」と声をかける・・・

寒くなり「火」を使うことが多くなります。火の元には十分気をつけましょう。

石田としはる 記

2017.11.14 18:38:36

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

環境整備進めて 通行の激しい道路 なぜ舗装しないのか 

環境整備を進めてほしいの思いから続きです。

この道路 写真を見ただけで 「あそこだー」とわかる方も多いと思います。
栗橋西中学校(左奥)の南側を走り、佐間浄水場へ向かう道路です。



以前、道路幅が狭い改善をと求めた経過があります。
その際早速道路幅を拡げる対策を講じました。 よかった! なのですが、拡げた部分何故舗装にしないのか疑問です。雨水の浸透を考えてのことからもしれませんが、田んぼと道路の間に、側溝の対策を講じればと思います。
栗橋から鷲宮に通じる幹線道路です。整備するべきです。
 皆さんは、どのように感じていますか。

石田としはる 記

2017.11.11 18:46:39

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

液状化対策工事に伴う道路仮舗装の整備 丁寧な舗装整備求める

南栗橋地域 液状化の再発防止対策として、地下に穴の空いたパイプを埋め込む「地下水位低下工法」による工事が進められて来ました。再液状化のおそれのある地域の工事を進めて来ました。
道路部分にパイプを埋めたことから、舗装の綺麗なところが、でこぼこになってしまっていました。仮舗装とはいえ、丁寧な舗装整備をすすめるべきと求めて来ました。

整備前の写真

整備後の写真

これで、自転車で通行しても大丈夫かな。

11月25日、液状化対策工事が完成したとして「記念式典」が予定されています。
私の感情としては、地下水位が低下し、効果が確認されて始めて「対策工事が完成」と言えると思っています。

皆さんの声、聞かせてください。

 記 石田としはる


2017.11.11 18:35:04

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲