<<前のページ738737736735734|733|732731730729728次のページ>>

理科大跡地活用案示される すべての小中学校給食をまかなう給食センター建設も

東京理科大跡地 平面図 ここをクリツクしてください


東京理科大跡地活用案 示される



市民の皆さんから活用方法など募集していた、東京理科大跡地の活用案が8月18日の全員協議会で始めて示されました。(上記の平面図参照)



------ 12000食をまかなう 給食センターを建設 -----



説明では、子育て支援や教育の充実を中心に考えた。若い世代にも選ばれる魅力的な街づくりを推進するとし、中でもびっくりしたのは、東京理科大跡地に、給食センターを建設するという案が示されたことです。
市内34小中学校の給食12000食をまかなう給食センター、建設するというものです。活用予定は2020(平成32)を予定しています。

--------- 教育委員会事務局 も 移転 -------
菖蒲支所内にあった教育委員会も移転するとしています。

----- 児童館と子育て支援センターや、子ども図書館や市民ギャラリー 生涯学習センターも-------
この案については9月12日から10月11日まで、パブリックコメント(行政が政策、制度等を決定する際に、民などの意見を聞いて、それを考慮しながら最終決定を行う仕組み)を行うとしています。

費用については、先行して活用する部分もあり、これから積算していくことになる。工事は3期に分けるとしています。 



 パブリックコメントにも声を上げていきましょう。



栗橋地区など自校方式の給食が、保護者の皆さんの運動などもあり継続されて来ました。子どもたちからも喜ばれていた、自分の学校で作られていた給食が消えていくことになります。

栗橋南小学校で実施されていた自校方式の給食は、北校舎建設に伴い、現在は鷲宮給食センターで作られ配送されています。



皆さんの声を是非お寄せください。


2016.08.19 09:31:42

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

箱ものばかり増やしても

複合施設は魅力的ですが、人が集まるのは最初だけで、少したつとガラガラになり、赤字になりそう。
給食センターも、これからどんどん少子化が進んでいくのにそんな大きな施設を作っても。
菖蒲の給食センターはまだまだ新しいし、使える施設は既存の施設を使用すべきだと思います。

匿名 2016/10/06(Thu)05:59:53 編集

ページの先頭へ▲