<<前のページ861860859858857|856|855854853852851次のページ>>

あなたはこのまま見過ごすのか 憲法9条を改定する と自民党が始めて公約に掲げた 

 戦争する国はいやだ 9条改憲はゆるさない 
   平和憲法を守りましょう 





突然 解散という感じで始まった総選挙
しかも、「希望の党」なるものが突然立ち上がり、「安倍暴走政治の受け皿にと期待する」と持ち上げるマスコミの影響もあり、「何処に投票して良いのか 「わかりずらい」との声も聞かれる。

選択の基準の一つを示したい。

重要な選挙 選択基準の一つ 平和憲法に対する公約

 自民党   始めて、憲法改定を公約に掲げた
 維新の党  始めて、憲法改定を公約に掲げた
 希望の党  憲法改定を掲げている。民進党から希望の党に移る議員の「踏み絵」にした

 日本共産党 憲法改定 絶対反対
 社民党   憲法改定 反対
 立憲民主党 専守防衛の範囲を超える憲法改定反対

平和憲法改定する道を選ぶのか 平和憲法を守るのかが 問われています。

現在の平和憲法は、侵略戦争の反省の上に出来た憲法で、「2度と戦争はしない」との思いが込められた憲法です。


北朝鮮の行為から、軍事的対応も必要と考え、憲法改定も必要と考えている方も少なくないようです。

挑発行為は絶対許せません。許せないが武力で制圧することは絶対してはならない。戦争だけは絶対にしてはならない。
北朝鮮に対して武力でない経済制裁を強化しつつ対話を求め、話し合いによって解決する道を選ぶべきです。

 政治家が選ぶのではないと思います。今度の選挙で 私達一人一人が選択する道です。

北朝鮮の挑発を理由に、軍事的な制圧や圧力が必要だ 日本の国を守るためには との考えは勇ましいように見えるけれども、現実には、日本の国民を最も棄権にさらす道です。

平和憲法は世界の宝と言われています。日本を戦争する国にしてはならない。

日本共産党は先の戦争において、いのちをかけて戦争反対を貫きました。それは誰よりも日本の国を大切に思い、家族を愛していたからではないでしょうか。

 今度の選挙 小選挙区と比例区 2回投票します。
 比例は 日本共産党を選択してください。
  
 ともに 日本の平和を守っていきましょう。

石田としはる














2017.10.15 07:59:59

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲