<<前のページ856855854853852|851|850849848847845次のページ>>

団ニュースno.134 ゴミ焼却炉は小型を 久喜市の政務活動費はどうなっている?

団ニュースno.134


新ゴミ焼却炉建設は、分別の徹底など 進めることで減量し 焼却炉は小型化を

党市議団は提案します
  ごみ処理基本計画は徹底した分別と住民参加で減量を推進する。
  関連する地域住民には丁寧な説明会開催の実施。
  菖蒲センター1箇所への集中は、収集業務など効率が良くない。現状の処理施設、八甫センターの施設は引き続き有効活用する。
④ 減量目標を後退させず焼却炉は小型化をめざす。
⑤「3R」を市民とともに進める。

◆ 9月議会が始まります 是非傍聴においでください

◆ 久喜市議会と済生会栗橋病院長と、率直な意見交換会が

全国で問題視されている 
 政務活動費 久喜市の実態は 

ご意見お寄せください。
お待ちしています。


2017.09.01 08:58:16

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲