<<前のページ1415161718192021222324次のページ>>

栗橋済生会病院 加須市へ移転! 現地「存置」求めて要望活動を


済生会栗橋病院と加須市で覚書を締結
済生会栗橋病院の「急性期部門」加須市へ移転

4月15日久喜市議会で全員協議会が開かれ「済生会栗橋病院の一部を加須市に移転する」との報告がありました。

社会福祉法人 恩賜財団済生会支部埼玉県済生会栗橋病院
 
正面「済生会栗橋病院」の看板がある建物が平成元年に建設された本館です。


この間の経過報告
3月23日に済生会栗橋病院の遠藤病院長から市長に面談の申し入れがあり30分間面談。その際には、「3月17日に加須市で加須市議会全員協議会が開催され、済生会病栗橋病院が加須市へ移転するとの覚書を締結した」との報告がなされた。
市長は詳細を確認する必要から4月6日に遠藤病院長と2回目の会談をし、以下のような内容が報告されました。

加須市と済生会病院の「覚書」の内容は
加須市からは、一部機能移転の要望書が、本年1月8日付で出され3月15日付で「覚書」を締結した。その内容は
①高度急性期に対応する医療機能を加須市に移転する。
②加須市が建設候補地を確保し、加須市から支援内容を提示する。
③済生会病院は、移転計画書を作成し加須市に提示する。
④移転が著しく困難であることが明らかな場合は覚書を解除できる。というものです。

何故「移転」の話が生まれたのか
済生会栗橋病院の本館は、平成元年の建築で約30年が経過し老朽化による建替え等を考慮する時期に来ていた。そのことが起因している。また、国の地域ケア構想や埼玉県の二次救急医療圏などを踏まえて、地域医療のニーズを把握し、済生会栗橋病院に何ができるかについて、今後模索検討していきたいとのこと。

一部移転の機能は、そして何が残るのか
病院の何が移転し、何が残るのかとの問には「移転する機能は、高度急性期医療で、外来機能は残し、回復期やリハビリ、訪問看護を行いたい。利根保険医療圏全体での医療の推進を基軸に、医療機能を分化し連携をはかっていきたい」とのことです。

移転の時期、場所は
移転の候補地は加須駅南口の、徒歩10分位のところで、移転時期については、建設費の高騰からオリンピックの年2020年以降で、団塊の世代が後期高齢者世代となる2025年前には建設したい。

済生会栗橋病院が作成する計画書の内容は
期限は決まっていない、できるだけ早く作りたい。幹部のドクターに指示した。

久喜市全員協議会で 議員からの確認事項で
田中市長は、「(移転を)了解したという立場ではない。久喜市の地域医療守る立場で、今後取り組んでいく」と表明しました。

久喜市がこれまで済生会栗橋病院に支援した内容は
 久喜市が当初の誘致したのは旧栗橋町で、済生会栗橋病院に対し、土地の提供など約7億円の補助金を支援、その後現在の病院の用地賃借料に毎年700万円の他、ボートピア栗橋から(毎年売上の1%、約1億円)市への納付金の中から、救急救命センター建設の補助金や医療機器購入の補助金として2010(平成22年)から2014(平成26)まで毎年5000万円、2015年には1000万円を支出しています。
これらを合計してみると、賃借料(1.9億円と計算)など含め115000万円ぐらいと見込まれます。

今後どのような対応が
全員協議会の後、議長と各会派の代表で話し合いがあり、議会としても「現地存続を求め決議することが必要では」と話し合われています。

地元栗橋地区では、「存置」求めて要望活動を
地元栗橋地区では、4月17日、栗橋地区選出議員5名、(山田達雄、柿沼繁男、並木隆一、矢崎康、石田利春)と地元46の行政区の内43の区長さんが集まり、今後、久喜市や久喜市議会、そして栗橋済生会病院へ、更に、埼玉県にも地元の声を届け「存置」を求め要望していくことを確認しました。

日本共産党久喜市議団は
済生会栗橋病院は、平成元年に開業以来、地域医療の中核病院として、高度医療を担い久喜市民の命を守ってきた医療機関です。日本共産党久喜市議団としても、久喜地域の医療を守る立場で久喜市や議会に働きかけ、市民の皆さんと力を合わせていきます。
 石田としはる 記


2016.04.21 19:34:37

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

狭くて怖い魔の道路とも言うべき「佐間・八甫線」道路の形が見えて来ました

佐間・八甫線の完成図面が明らかになりました。
栗橋、佐間から、中川を渡り東鷲宮へ向かう道路「佐間・八甫線」
680号線は、道路幅が狭く「車がすれ違う時サイドミラーが欠けた」「道路から落ちた」等の被害経験者が多数おり、早急な整備をとの声が数多く寄せられています。



この道路は、鷲宮地区と同様の広さに拡張し、現在T字路での接続を途中からカーブさせ十字路で結び、交差点は信号や右折帯も設置する計画です。2016年2月議会 平成28年度予算が審議されました。今年度は土地の買収など進めていきます。完成図面が明らかになりました。
完成は国の支援金の関係もあり平成31年完成の見込みです。一日も早い整備を求めていきます。




現在の道路を少しカーブさせ、佐間浄水場から来る道路と十字路で接続となります。
上の図面左部分、青色で示されているところは、佐間浄水場からの道路は市道434号線となります。この部分約80メートル 道路幅は6.5メートルとなります。
この道路も、非常に狭く、広げることが必要だと思います。改善を求めています。

 記 石田としはる




2016.04.04 12:02:15

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

よかったー! 環境整備が進む 冠水対策や バリアフリーなど

2016.03月 久喜市栗橋6丁目と隣町の五霞町の境目
冠水対策が終了しました。

 長年冠水する地域でしたが、利根川の堤防からも、雨水が流れ込むことが考えられ、国の予算で整備が進みました。冠水はこれで大丈夫か。今後の様子を見守りたいと思います。




栗橋郵便局 前の歩道 バリアフリー対策が進みました。
タイル部分と雨水路のあいだが、段差があり、つまずく人が多く、バリアフリーの改善が求められていました。少し時間がかかったけれど、綺麗になり。よかったよかった。 これで ひとまず安心。
郵便局の局長さんありがとうございます。 みんな喜んでいますよ。




雨がふると道路が消え、川のようになる道 どーこだ。
ここだーーー。

ボートピア栗橋から2百メートルぐらい離れている道路がある地域 小右衛門付近の道路。交通量は少ないものの近隣の皆さんからなんとかならないのかね。との声が聞かれていました。
今年度、平成28年度予算がついて道路ができます。よかった 完成が待ち遠しい。



ありがとうございます。
これからも、市民の皆さんから寄せられた声届けて、住みよい久喜市になるよう、共にがんばりましょう。

あなたが、困っていることは、けっこう多くの方が困っていると思います。

小さなことでも良いです。お知らせください。

 石田としはる 記



2016.03.24 21:22:34

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

久喜市の中学校 一斉に卒業式 未来に向かって頑張って!

2016年3月15日 久喜市の中学校では一斉に卒業式が行われました。
私は、栗橋西中学校に出席させていただきました。

    栗橋西中学校の校舎                 


    
卒業生80名 卒業証書を受け取る姿は凛々しく、どの子も緊張感と達成感に満ちていてとてもりっぱでした。

私は祝辞で、人間は未熟児で生まれて来るがゆえに、限りない可能性をもって成長すること。そして皆さんは、義務教育が終了するこの時期、身体的にも精神的にも大きな可能性に向かって一段と飛躍するとき、がんばってほしいとエールを送りました。

送辞に答える、答辞では、楽しいかったあっと言う間の3年間。思い出に順番などつける必要はないと語る中、全員での合唱は、とても感動的でした。

卒業おめでとう どんなことがあっても、ひたむきな努力と勇気を持てば、自分自身の成長への道につなげることができると思います。頑張ってください

中学校で築かれた絆は、一生続くものではないでしょうか。
去る3月10に私の母が99歳で逝きました。母を看取り、治療し続けて医師は、中学校時代の同級生でした。どんなに心強かったか、頼りになる存在でした。

これから歩んでいく道は、それぞれ異り進んで行く道は違っても、3年間同じ学校で学んだ者同士長い人生の中で、お互いに助け合い励まし合える仲間です。強い絆でつながっているものだと思います。

「仰げば尊し」別れの時、涙する卒業生の姿を見て、53年前の自分の中学校卒業式とが重なり私も涙してしまいました。

 石田としはる 記




2016.03.15 21:34:31

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

「西高東低」小児医療の配置状況です。県立小児医療センターの移転て県に要望

2016年2月18日 県立小児医療センターの移転に伴う要望を、埼玉県の保険医療建設課へ提出して来ました。



当日は、埼玉県東部地域春日部から選出されている、秋山文和県議も同席し要望しました。

主な要望内容は
①県東部地域の小児医療救急体制を早急に充実してほしい。
医療型入所施設の併設病院に医療型入所施設と連携でき、小児救急に対応できる小児科を設置してほしい。

②新都心の県立小児医療センターの駐車場は、現在と同様に無料にしてほしい。
感染症対策に万全を期して、コンビニは不特定多数が出たり入ったり出来ないようにしてほしいる。などです。


県立小児医療センターこれまでの経過と現在は
蓮田駅に近い、岩槻にある県立小児医療センターが、さいたま市に移転します。跡地はどうなるのか。県は一部存続するようにするとして来ました。そして現在跡地に、医療法人「医凰会」(いおうかい)が来ることになりました。障がい児の入所施設のほかに、在宅医療支援のための外来診療を充実、当面週2日のみ開設予定です。そのほかに併設施設として90床の病院を設置し「医療型障がい児入所施設との連携」をはかるとしています。2018年4月予定。併設される病院は60床。回復期のリハビリテーション、30床は在宅医療の計画です。こちらは高齢者が中心になるのではないかと考えられます。

西高東低 冬型の気圧配置?
そもそも、現在地に現在の県立小児医療センターが建設されたのは、県東部地域の乳幼児の死亡率が高い、なんとかしなくてはとの思いから建設されたものです。30年経過しましたが、東部地域の小児医療の遅れは、大きく変わっていません。
病院長も小児医療の現状を「西高東低」と東部地域の遅れを認めています。

土屋小児病院の輪番制は
東部地域の小児救急医療は、久喜市の土屋小児病院が大きな役割を担い、輪番制で救急医療を支えていますが、土屋小児病院は週6日担当しています。あと一日を栗橋済生会病院で見ています。
最近の情報では、土屋小児病院の先生が辞職され、輪番体制が危うい状況にあると聞きます。
今日の、要望の懇談の際、状況を聞きました。
土屋小児病院を中心に埼玉県としても人的支援もしながら、東部地域の小児医療を支えていきたい。当面土屋小児病院さんは週5日間できるようにしていきたい。近隣の先生方にも声をかけ支援をもとめていきたい。とのことでした。

子どもは体調が急変する場合が少なくありません。小児医療の救急体制をしっかり確保してほしいとお願いして来ました。

トピックス

sinbyoin


小児医療センターとさいたま赤十字病院が、子どもから大人まで高度な医療を提供する安心安全の拠点とするため、さいたま新都心に一体的に移転・整備します。(県立小児医療センターホームページから)

立派な施設ができても、治療をする先生方がいなければ。。。
よろしくお願いします。

患者さんは駐車場を無料にできる
駐車場の利用料金も、駐車場が小児医療センター用だとすれば、現在と同様「無料」にしてほしいと願うのは当然の願いです。小児医療の為に来た方は「無料」とするシステムは、やろうと思えばできると思います。現に患者さんに限っては「無料」としているところもあります。


石田としはる 記





2016.02.18 19:02:51

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲