<<前のページ1314151617181920212223次のページ>>

石田としはる活動ニュース 済生会栗橋病院移転は 皆さんからの声届けます

石田としはる活動ニュース


済生会栗橋病院と加須市の間で、加須市へ移転するとの覚書が取り交わされました。
「埼玉新聞」などでこのことが報道され、「移転はもう決まっているんでしよう」と諦めに似たお話がきかれます。
しかし、しかし、まだ決定したわけではありません。
 埼玉県の済生会支部でも了解は得られていません。皆さんから署名もいただいて「陳情」を提出するよていです。
私も地元の議員として、現地存続をもとめ全力をつくします。

済生会栗橋病院と加須市で「移転」の覚書を締結したことに対して、地元栗橋では衝撃を持って受け止められ、不安の声が上がっています。



済生会栗橋病院は、栗橋町が久喜市と合併する以前の平成元年に、栗橋町・医師会・地元住民が一体となって誘致した病院で、地域医療の要を担ってきた病院です。特に地域の医療連携では、検査機器や入院病床を持ち、重篤な病気・手術などを担う「急性期病院」としての役割を果たして来ました。この部門が移転するとなれば、地元住民の「いのち」に直結すると考えられます。


2016.06.05 09:14:18

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

あの人はどんな人か知りたいと思ったら、直接お話するのが一番では

あの人のこと誤解していた! という経験ないですか。
どなたでも きっと あると思います。

 

思い込んでいたことが、実は違っていた! そんなことないですか

多くの皆さんとお話していると、日本共産党のことを誤解している方が沢山います。日本共産党が発信していることを直接聞いていただきたいなーと思うことが、たびたびあります。


https://twitter.com/jcpkyoto_staff/status/730376527158743040/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw


5/12日 本日 午後8時15分 スタート
 日本共産党 とことん共産党がはじまります。

検索「日本共産党」一度訪問して見て下さい お待ちしています。


また、5月28日 土曜日 午後2時から 久喜市文化会館にて
日本共産党演説会があります。 どなたでも参加できます。
是非いらしてください。 お待ちしています。

 石田としはる 記

2016.05.12 09:02:54

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

無関心でいることはできるが、無関係ではいられない!それは なーーんだ。

2016年夏 参議院選挙から高校生18歳から選挙権が付与されます。



若い人の投票率が低いことが、統計から示されています。

何故かなー と 考えてみると、高齢者の方に比べて、人生経験の中で、自分の生活に対して政治が果たしている役割、政治の影響を肌で感じた経験が少ないからかなーと思います。

学校を卒業して、働くようになり、結婚して子どもができ、年齢を重ねるごとに病気になる経験や、介護をしなければならない立場にたったり。そのような実生活の変化が起き経験すると、自分のくらしの中で「政治」の関わりに気づくことが多くなり、「やっぱり選挙は大事だー!」
必ず選挙にいくぞー。  どうでしょうか。皆さんのお考えは。

そこで、今日目にした新聞記事でこんな文言が。
 無関心でいることはできるが、無関係ではいられないのが 政治 

このブログを見ていただいた皆さん どう 思いますか。

今年の夏の選挙、あなたの生活と無関係ではない問題ばかりです。
 ちょっと関心持ってみようかな 自分の感性から思った問題を入口にして、各政党の考え方など比べて見てください。

http://www.jcp.or.jp/web1/syomei/   ←日本共産党の政策 検索を


記 石田としはる




2016.05.12 08:52:00

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

戦争はイヤダー 憲法フォークジャンボリー 感動して来ました

2016年5月4日 憲法を学び平和を守る
さまざまなジャンルから、さまざまな表現者が登場し、平和の尊さを語られました

 

 

途中で帰る予定が、フォークソングのみでなく、弾き語りなど多彩な表現で、とうとう最後までいることに、最後は、表現者の皆さんが壇上にあがり「戦争はいやだー」と歌いあげました。

 表現者のみなさんが、観客席の人とともに表現する姿は、とても感動的でした。

 ありがとうございました。

石田としはる 記



2016.05.04 20:44:39

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

憲法記念日 5万人がつどう 世界に誇る憲法に見合うように日本の政治を!

集会には、立憲主義を守ろう 憲法を生かした日本の政治を実現しよう。
憲法9条が壊されている今、来るべき参議院選挙で、撤回させよう。

  5万人が集まりました。 





集会には、民進党の岡田代表 日本共産党の志位委員長 社民党の吉田党首 生活の党の小沢代表と、野党の党首4人が集結。参議院選挙、ともにたたかうとの決意が語られました。

 政治は変えられる ともにがんばりたいと思いました。


安保法制=戦争法廃止の署名は1200万筆が集まったと報告がありました。引き続きがんばることも確認されました。久喜市でも10000筆以上の署名が集まっています。

安保法制=戦争法廃止の署名を訴えると、「日本の防衛を強化することは必要」との声が聞かれます。日本の国を守ることは当然です。現在の憲法でも、直接日本が攻撃された時に反撃することは否定していません。日本を守る「個別的自衛権」はあるのです。

安倍政権が強行した「安保法制」は、この個別的自衛権とは違い、日本の自衛隊が、日本に直接攻撃されていないのに、海外に出かけていき、同盟国(アメリカ)とともに、戦争することができるようにした法律なのです。(集団的自衛権)

戦後70年間、海外の人を戦争によって一人も殺さず貫いて来た、平和憲法を守ることは、「今ある幸せを守ることでもある」と思います。

これほど、身近な問題はありません「よくわからない」と、横におかないで、正面から見つめてほしいと思います。

人間と人間が殺し合いをするなんて、ばかげたことは21世紀には、さようならしましょう。

話し合えば、かならず道は開けます。世界に誇る 平和憲法は、これまで幾度となく壊されようとして来ました。しかし、平和を守る声が、これを押しとどめて来たのです。

3月29日 安保法制=戦争法が施行されたことで、今平和憲法は壊されています。放置するわけにはいきません。

参議院選挙では、「戦争法廃止」のこの1点で、ちからを合わせましょう。

 あなとも ともに声をあげるときではないでしょうか。

 石田としはる 記












2016.05.03 21:23:36

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲