<<前のページ1234567次のページ>>

新久喜 2017年11・12月号 13区では野党共闘実現 選挙結果は

新久喜 2017年11・12月号





市民のみなさん、日本共産党へのご支援に心から感謝を申しあげます。



残念ながら、日本共産党は現有21議席から12議席に後退する結果となりました。「比例北関東ブロック」では、塩川てつや氏の議席は確保しましたが、残念ながら梅村さえこ氏の議席は失いました。


選挙区では前回と同様の支持をいただきました。が比例区では減らしました。その結果が議席減となりました。捲土重来を期してがんばります。


2017.11.22 09:49:53

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

新久喜2017年11月 国保税来年度どうなる 学校給食は自校方式が優れている

新久喜 2017年11・12月号 2面 

来年度から広域化となる国民健康保険。埼玉県は3回目の試算を公表しました。久喜市が県に支払う納付金は約43億円(国保税のもとに なる額)一人あたりにすると102,395円。久喜市の平成28年度の実績は99,965(調定額)ですから、2,430円高い金額です。

一般会計からの繰り入れや基金の活用を



しかし、久喜市が国保会計に、県平均ぐらいの「その他繰り入れ」を実施すれば、引き上げすることなく、引き下げも十分可能です。基金も9億円あります。高すぎて払いきれない世帯が多い中、引き上げは絶対許されません。



県は市町村の収支を均衡させる期間を「6年」と目標を立てましたが、困難な場合「市の実態を踏まえた設定」と柔軟な考え方も示しています。



国保滞納者が全国で312万世帯15.9%に達しています。国の負担を元に戻し増額すること。市は市民のくらしを守る姿勢が求められます。




2017.11.22 09:40:52

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議団ニユースno.137 市民アンケートの結果報告 暮らしの大変さが見えた

市議団ニュース no.137 市民アンケート報告

日本共産党久喜市議団は、9月~11月にかけて市民アンケートを実施しました。

多くの皆さんにご協力いただき感謝申し上げます。



 その結果の概要を報告致します。



なお、皆さんから寄せていただいた、ご要望やご意見は、今後の市政に反映させていきます。


アンケートの結果からのご意見お寄せ下さい


2017.11.22 09:22:37

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議団ニュースno.138 11月議会が始まります。 傍聴是非いらしてください

団ニュースno.138


11月議会が27日から始まります。提出される議案は、市長提出12議案。議員提出3議案(意見書)請願が2件、陳情が1件です。
◆重要な議案としては、久喜市総合振興計画(平成34年度までの基本構想・後期基本計画)が提出されています。この「総合新興計画」は、全議員参加の特別委員会で審査されることになっています。

一般質問も取組ます。


2017.11.22 09:05:37

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議団ニユースno.137  2018年度予算要望提出 学校給食、子ども第一に請願出される

団ニュースno.137 一面 予算要望書提出



11月6日、議員団は、日本共産党久喜市委員会のメンバーとともに田中市長に2018年度の予算要望書を手渡しました。
 杉野団長は「国政での安倍暴走治によって、医療・福祉のさらなる後退と国民負担増が進められる中、久喜市政が荒波から市民を守る防波堤になっていただきたい。そのための提案です。」と説明。田中市長は「しっかり受け止め、検討させていただきます」との表明。その後、懇談し、参加者から「保育の待機児解消」の要望などが出されました。

子ども達のことを第一に考えた学校給食
自校方式による学校給食を求める請願が出されました。






2017.11.22 08:59:27

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲