<<前のページ123456789次のページ>>

政治に対する信頼回復がいまこそ必要だ

政治の信頼回復を

 この写真は、お馴染みの国会の議場風景である。言わずと知れた「国権の最高機関」である。しかし、いま国民からの国政に対する信頼は、あると言えるだろうか。むしろ大きく揺らいでいると多くの国民が思っているのではなかろうか。

 イラクに派兵した自衛隊の「日報隠し」、「森加計(もりかけ)事件」での「公文書改ざん(偽造)」をめぐり、「言った覚えはない」が(実は言っていたことが判明)、「記憶にはない」が(地方自治体の公文書には明記されていた)、「破棄したので存在しない」が(後になって出てきた)。過去の自民党ならば、1件であっても内閣総辞職になっていた。それが、もうキリがないほど続出している。しかも、安倍首相をはじめ、関係者のだれもが、責任を取ろうとはせず、政権にしがみついている。国民は、辟易とし、ほとほと嫌になっている。  これが、いまの日本社会の閉塞感を醸成している所以ではないか。

 その昔、といっても40数年前、警視総監から法務大臣にまでなった『秦野 章』氏が言ったことがある。それは「政治家に徳目を求めるのは、八百屋で魚をくれというのに等しい」と。
 彼は、「政治家に道徳性を求めること自体、無理な話であって、求める方が悪い」と言わんばかりであったと私は記憶している。
 翻って、今の自民・公明の安倍政権はどうだろうか。彼らに徳目を求める方が悪いのだろうか。私は、そうではないと思う。野党は結束して、この腐敗、堕落した政治を変えようとしている。一部に「安倍政治も悪いが、それを変えられない野党もだらしない」という自称・有識者がいる。そうだろうか? 国民をこれほどまでに騙し、真実を隠し、どんなに不祥事が続こうとお構いなしの政治を許して良いわけがない。

 国税庁長官まで上り詰めた佐川氏が「これ以上は、刑事訴追の恐れがあるので、証言を控える」と逃げたことは、国民の記憶にまだ新しい。黙秘権を保障するものではあるが、「逃げ得」とのそしりを免れない。 
 では、逃げられないようにできないのか、となる。それについては、この6月に施行される改正刑事訴訟法で、導入される刑事裁判での「刑事免責」を国会での証人喚問に取り入れることが、「悪を逃がさない制度」論として有効である。

 これを導入すれば、証人は、証言したことをもって訴訟手続きの中で承認に不利益な証拠として使用されることはない」というもので、「司法取引」とは違うもの。証人は、「刑事免責」を認めることで、証言拒否ができなくなり、証言拒絶や偽証をすれば「刑事制裁」が科せられる。
佐川氏に当てはめれば、前回のように逃げることはもうできなくなる。
 
 これは、国会は誰のために存在し、何をなすべきか、を優先して考えるべきで、与野党の共同した検討が必要であると思う。「政治の信頼回復」はすべての政党、議員に課せられているのではないだろうか。わたしはそう思いたい。  杉野 記

2018.05.24 14:11:26

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

第一コース 石田としはる君 青空のもと運動会に参加

2018年5月19日 雨も上がり青空のもとで
栗橋西小学校 平成30年度 春季大運動会が開催されました。



朝6時ごろには、どしゃ降りの雨でしたが、雨もあがり、青空のもとでの運動会となりました。グランドも乾いていただけに雨がふったおかげで、絶好のコンディションとなりました。 

運動会、最初の種目は徒競走 一年生から6年生まで全ての子がグランドを走りました。

第一コース ○○○○君 フルネームでの名前を一人ひとり呼ばれて、「 よーい ドン 」緊張感が高まり、フライングも。

私も来賓参加の種目で、走りました。短い距離でしたが、それでも緊張が・・・

 少人数の学校ならではの取り組みがあり、子どもたちの成長にとってもすばらしい運動会だと感じました。

石田としはる 記





2018.05.21 08:40:07

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

朝6時~ 安倍改憲ノー 憲法9条守れ 3000万署名の訴え! 

2018年5月21日 朝6時~ 栗橋駅ホーム前にて
安倍改憲ノー 憲法9条守れ 3000万署名の取り組みとして
スタンディングによる宣伝行動




栗橋駅ご利用の皆さん おはようございます。
 私たちは戦争法廃棄栗橋の会です。今日は安倍改憲ノー 憲法9条守ろう 全国統一3000万人署名の訴えをしています。
全国で進めて来た3000万署名は、5月3日の憲法記念日の集約で1350万人まで到達しました。ひきつづき署名運動を進めていくことを確認しています。皆さんの署名をよろしくお願い致します。

災害救助でがんばり、日本の国を守るのが自衛隊です。ところが、安倍政権は、安保法制という戦争法をつくり、自衛隊が海外に出かけ戦争できる しくみができています。多くの憲法学者のみなさんがこれは憲法違反だと指摘しています。日本の自衛隊を殺し殺される、海外の戦争におくりだすようなことはゆるせません。



北朝鮮による軍事的緊張も、韓国と北朝鮮の対話から「平壌宣言」の採択や、北朝鮮とアメリカとの直接対話の実現が目の前のものとなりました。

明日にでも戦争になるのではと心配していた方もいたのではないでしょうか。

憲法9条は世界のお手本です。 日本は今こそ 憲法9条を生かした 平和外交の道をすすむことが求められています。 ごいっしょに平和な日本をつくりましょう。 



安倍改憲は ノー 憲法9条守り生かそうと、全国で同じ署名 3000万署名を沢山の団体、個人が訴えています。様々な宗教団体の皆さんも訴えています。 立場の違いを越えて手をつなぐときです。ご一緒にがんばりましょう。


2018.05.21 08:27:40

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

公約実現へ!!

元気じるし臨時号 ☜クリックして下さい。

     公約実現へ!!

4月の市議選で、地域の皆さんの要望を受けました。
その中のひとつである、道合地域の道路の整備について、
ご報告をいたします。

引き続き皆さんとの公約実現に向けて取り組んでいきます。

    へいま益美記

2018.05.17 12:39:12

テーマ:へいま益美 元気じるし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

安倍総理は何故「憲法9条を変えたい」というのか

2018年5月3日 憲法記念日 
東京江東区 有明で 憲法9条守り生かそう と6万人の人たちが集まりました。私も参加して来ました。雨が心配されましたが、風が強かったものの地面も乾いてさわやかでした。

 

安倍総理は現在の憲法 とりわけ憲法9条を変えたいとしている。
しかし、私たちは、この70年間、憲法9条がある中で暮らして来ました。憲法9条を変える必要があると考える人は少数です。

憲法9条は 「戦争はしない 武器は持たない 平和な世の中を」つくるべきと時の政権に求めている。誰もが願っていることではないでしょうか。

なのに安倍総理は、この憲法を変えたいというのか。
これまで、特定秘密保護法を作り 共謀罪をつくり 安保法制をつくり そして憲法9条を変えるという。これらを進めて来た背景には、国民の願いを踏みにじってでもアメリカの言うことを一番に聞かなければいけない。アメリカファースト政治が根っこにある。アメリカと喧嘩するべきというのではない。平和な日本であってはいけないのか。と言いたい。

安倍総理は「日本をとりまく世界情勢の変化」とりわけ「北朝鮮」のミサイル発射などを事例に「変える必要性」を訴えて来た。

先の太平洋戦争の反省の上にできた憲法9条は、今、世界からも認められ、「世界の宝」とまで言われている。
世界情勢の変化に対して、今こそ、憲法9条がその生命力を発揮するときだと思います。憲法9条をまもり生かしましょう。

北朝鮮の情勢が変化している 憲法9条を生かした外交力が求められている。
2018年4月27日 日本共産党幹部会委員長 志位和夫

一、韓国(大韓民国)の文在寅大統領と、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が本日、板門店の韓国側施設で南北首脳会談を行った。
 金委員長が北朝鮮指導者として歴史上初めて韓国側に足を踏み入れ、文大統領は、そのことによって「板門店は分断の象徴ではなく、平和の象徴になった」と述べた。今回の南北首脳会談は、文字通りの歴史的会談となった。


一、両首脳は、「板門店宣言」に署名し、その中で「完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現する」「(朝鮮戦争の)終戦を宣言し、停戦協定を平和協定に転換し、恒久的で堅固な平和体制構築のための南北米3者または南北米中4者会談の開催を積極的に推進していく」「民族的和解と平和繁栄の新たな時代を立ち起こし、南北関係をいっそう積極的に改善し発展させていく」ことなどに合意した。
 「板門店宣言」は、朝鮮半島の非核化と、北東アジアの平和体制の構築に向けた大きな前進である。日本共産党はそれを心から歓迎する。


一、今回の合意が履行され、73年間に及ぶ南北分断と対立が解消に向かい、南北の人々が平和と繁栄のなかで暮らせるようになり、統一に向かうことを心より願う。
 文大統領自身が、今回の首脳会談を米朝首脳会談への「道案内」と位置づけているように、南北、米朝の二つの首脳会談は密接につながっている。南北首脳会談の成果を踏まえ、米朝首脳会談が大きな成功をおさめることを、強く期待する。

憲法9条守り 生かしましょう
うそとごまかしの政治、あなたは認めますか。

記 石田としはる

2018.05.07 11:04:20

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲