<<前のページ345678910111213次のページ>>

団ニュースno.126 2017年2月議会代表質問 渡辺議員市政を質す!

団ニュースno.126




渡辺議員、市長の政治姿勢を質す!

1      アベノミクスは大企業と富裕層に巨額の富をもたらし貧困と格差が広がった。すでに行き詰まり破綻している。転換すべきことを指摘し正すべきでは。



答 国の一億総活躍社会実現や分配の好循環の強化など、景気回復と安倍首相のリーダーシップを期待する。



2      国保加入者は退職後の無職の方、非正規の方、など所得の低い方が多い現状は改善されていない。法定外一般会計繰入をこれまで同様行い、国保税の補填をすべきだが。



答 国保会計の健全な運営のため必要最小限にすべきと考える。総合的に検討する。



3      後期高齢者医療制度の特例措置が廃止される。かなりの負担増が予想される。国に特定措置の継続を要望すべきと考えるが。


2017.03.18 21:57:39

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

虎にまたがっている人は食べられることを恐れて降りられない・・・


核なき世界へ
核兵器禁止条約交渉会議 27日から始まる

アイルランド政府の代表の言葉に感動しました。

「虎にまたがっている人は食べられることを恐れて降りられない。しかし、彼は降りなければならない」この「有害兵器」に依存する者たち(核兵器保有国)に対して、この兵器が非人道的で「合法性はまったくない」ことを理解させるのが、核兵器禁止条約交渉会議の目的であり、今こそ核兵器を廃絶するという「変革の時だ」と訴えました。

2017.03.18 21:34:50

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

もう春なんですね!!

        見事な紅白の花です!

                                     

 今日、午前中に赤旗日曜版の配達をしている途中に、見事に咲いている木を見つけました。
写真で見る以上にきれいでした。
 これは1本の木です。庭にいたおばあちゃんに聞いたら、「つぎ木」をしたそうです。つい最近まで寒いと感じていましたが、春はすぐそこまで来ていたんですね。

 今、2月議会が開催されています。3月2日(木)に一般質問をしました。

①アリオ鷲宮と香取公園そばに信号機の設置を2年前の一般質問で要望しました。
 いろいろな方の働きかけで、今月中に設置されることが決まったとのことです。 この場所は2年前に、死亡事故が起こった場所で、本当に危険な場所でした。皆さんの要望がまた一つ実現しました。

②はなみずき会館のトイレを様式化にし、暗い照明を明るくしてほしい。
 照明はすぐに対応してもらいましたが、トイレの様式化は考えていないとの事でした。
近くにある太田集会所、栗原記念会館はすでに様式化になっています。高齢者の方々には和式トイレは使い勝手がよくありません。高齢者の利用が多いはなみずき会館も様式化にするべきです。

③準要保護者の就学援助金。入学準備金だけでも、入学前に支給すべき。
 中学校入学に要する制服だけでも、6万円以上かかります。現在のように、入学後に支給される制度は、準要保護世帯にとっては大きな負担になっています。教育委員会も市長も全く要望に応えようとしません。生活保護世帯と同じように入学前に支給すべきです。

議会は3月17日が最終日です。閉会した後、活動報告「へいま益美元気じるし」で詳しく報告します。

              へいま益美記

2017.03.04 18:18:13

テーマ:へいま益美 元気じるし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

済生会栗橋病院様 地元の市民に説明を あり方は地元の人との合意を得るもの  

日本共産党栗橋後援会ニユース


済生会栗橋病院あり方検討委員会は、地元市民との合意を得るために開かれて来たのではないでしょうか。

地元で 是非 移転に関する説明会を開催してほしい。

済生会栗橋病院あり方検討委員会
済生会からの案は「B」案が
「済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議」が作成した「済生会栗橋病院移転反対」のポスターが栗橋の全地域に、あっと言う間に貼り出されました。
「済生会病院が残ってほしい」との強い思いが溢れたのだと思います。

この声が、この思いが済生会に届いてほしい。そんな気持ちでいっぱいです。

2月15日には第6回目の会議が開催され、済生会栗橋病院から「B案、すなわち移転新築を実施する」との意向が示されました。理由は「本館が老朽化し、利根医療圏の医療、急性期、回復期、療養などの医療提供できない。B案は用地が確保され財政支援がある」というものです。
これに対して久喜市からは賛成できない。久喜市としては現在地に残る「A」案であれば必要な支援をすると表明しています。

最終的な結論は3月の会議に持ち越されました。

B案の、新病棟を移転させ、栗橋には「外来センター」との計画案は、分院体制となり経営的には非効率で赤字は必至です。済生会病院自らも経験しているものです。

合併前の栗橋町が誘致し、市民と済生会栗橋病院が協力しながら存続して来ました。
済生会栗橋病院には、お金に替えられない貴重な財産が積み上がっているのです。
存続を求める市民の願いを脇に追いやり、このまま加須市に移転していいのか。


最終結論をまとめる前に「済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議」との話し合いの場を設けること。少なくとも「必要な支援をする」としている久喜市と、率直な意見交換をし、今一度考えてから「結論」を出してほしい。

このまま、5月に予定される埼玉県の済生会理事会に図られ決定となれば悔いが残ります。


石田としはる 記


2017.03.03 21:17:19

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

くりの木まつり 訪問 コーヒーを入れてもらって手作りケーキを賞味

2017.02.24 朝はまだ寒いなー という感じでしたが、日中は温かい春の陽射しを感じました。
くりの木のみんなで、手作りの「まつり」を開催。私もおじゃましました。




どうぞ どうぞ いらしていただいてありがとうございます。
何か、「招待」を受けた感じで、楽しませていただきました。

10時ぐらいでしが、バザーもやっており、自分のほしいものが
手に入り「ラッキー」でした。

日頃から、真摯な話しをされるMさんもいらしていたので、久しぶりに
話し込んでしまいました。


11時30分から、みんなで演奏もあり、びっくりしました。

くりの木の定員は20名、施設が狭くなってしまいました。

市長も来られて挨拶されていました。
 早期に増設など検討してほしいですね。

おいしい ケーキ ありがとうございました。
「くりの木」で作る 石鹸も評判です。

石田としはる 木


http://www.city.kuki.lg.jp/shisetsu/syakai_syogai/kurinoki.html
くりの木の紹介 上をクリック



2017.03.03 20:54:29

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲