<<前のページ56789101112131415次のページ>>

二度と起こしてはならない


日米安保の壁を越えて解決を

17日未明、静岡県下田市沖で米海軍イージス艦フイッツジェラルド号とフィリッピン船籍・日本郵船のコンテナ船とが「衝突」した。私は即座に「またか!」と思った。もう、何度も、何度も繰り返されてきた事件である。これまで、多くの米潜水艦が日本の漁船に、そして、自衛艦がつり船に、「ぶつかって」いる。
 とくに、第一富士丸と潜水艦「なだしお」の事件は、忘れようがない。海上衝突予防法では、2隻の船舶が接近した時、「相手船を右舷に見る船に回避義務」があり「左舷に見る船に航路保持義務」があるとされている。あの時、回避義務は明らかに潜水艦側にあった。小さな釣り船は、衝突してわずか1分で沈んだ。乗客48人中、30人が命を落とした。
 この事件には、あらゆる罪悪があった。まず、回避義務があるのにもかかわらず潜水艦は避けなかったこと。そして、衝突後、「助けてくれーっ」と叫ぶおおぜいの人を救助せず、見殺しにしたこと。事故後、自衛隊は、警察の聴取に7時間応じなかった。つじつま合わせを必死にやっていたのだろう。(杉野推測)事実、航泊日誌を改ざんしていたことも審判の中で明らかになった。   翌日になって、海上幕僚長は「第一富士丸がぶつかってきた」とする声明を出した。同じ日本人である自衛隊で、こうである。  今回は、アメリカのイージス艦である。事故後、当然のように「公務中のアメリカ艦船の事故調査は、アメリカ合衆国に捜査権がある」日本の警察は、当面、立ち入り禁止とされた。
 日米安保条約・行政協定では、アメリカの基地はもちろん、艦船、航空機、戦車、車両、その存在自身がアメリカ合衆国なので、日本国内、領空、領海、すべてを自由に移動ができることになっている。コンテナ船が接近していることを早くから把握していたのに、なぜ衝突を回避しなかったのか、疑問が湧く。自衛隊員の話では、どこかに、しかも普通に「民間人が避けるべき」という気持ちがあるという。
 今回ぶつかったフィッツジェラルド号は、j東日本大震災でのアメリカの「トモダチ作戦」に参加した艦船だ。あの時、アメリカもたまには良いことするのか、と思ったが、後になって、作戦の費用を90億円くらい日本政府に請求してきたという。
 真相究明が大事になるが、アメリカは「死者数も明らかにできない」という。今後のこともある。アメリカ軍はすべてを公表して、2度とこういう悲しい事故が起こらないようしてほしい、と願うだけである。   杉野 記

2017.06.20 15:23:27

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

自民党と公明党が共謀して共謀罪法案を決めた! 内心の自由を侵す共謀罪は許せない!

共謀罪を廃案にと 良識ある弁護団体 国民が声をあげた
2017年6月13日 日比谷野外音楽堂



雨が降り、肌寒いくらいの状況ではあったが、共謀罪法案をゆるしてはいけない。と5300人が声を上げた。

安倍自公政権は、このような国民の声に押されて、6月16日、委員会を飛び越す裏技を使い強行採決した。暴走政治そのもの

「テロ等準備罪」は、心の中まで捜査するもの、携帯電話、メール、ラインなど捜査し、プライベートが犯されることになる。一般の人は関係ないとしたが、参議院では環境団体なども、怪しいと警察が判断すれば捜査、逮捕できる法案であることが示された。
国民の暮らしを丸裸にし、のぞき見し、国民の内心を監視する法案を「共謀」して国会で凶暴決議した。罪を犯したかどうかの判断は警察が判断、国が進める政策に異議を申し立てたら共謀罪の適用になりかねない。。自由にものが言えなくなる社会は暗黒社会につながる と 私は思う。

この法案これまで、「共謀罪」という法案名で3度廃案となったもの。安倍政権は、「共謀罪」で提出すればまたダメになるだろうと、公明党と相談し、そうだ オリンピックも開催されることになった、オリンピックとテロを結びつけ「テロ等準備罪」とネーミングすれば、みんな反対はできないだろうと考えた。 すごい悪知恵

公明党の説明は、このテロを防止するためには必要な法案と最後まで言っていた。

これは うそ! 

テロを取り締まるためには、特別この「テロ等準備罪」の法律がなくても十分対応することができる。このことは、国会の審議をとおして、法律に詳しい弁護士などの指摘などから明らかになって来ていた。テロ等準備罪に賛成だとの見解を明らかにしていた「識者」は、どう応えるのか聞きたい。

次第に追い詰められた、安倍自公政権、 こまったなー どうするか 共謀が凶暴となり、最後は狂暴してしまった。議会で審議する手順、ルールを踏み倒してまで、狂暴採決してしまった。

この審判は、普段自民党や公明党を支持している方も含め、「本当にこれで いいの」と自分の胸に手を当てて、考えてほしい。

共謀罪が日本の歴史の中で、現実に使われたことがある。それが戦時中の「治安維持法」です。
「戦争は人間と人間が殺し合うもの、戦争は反対」 と 訴えた日本共産党の仲間たちが牢獄につながれ、拷問で命を落とした歴史があります。その一人に小林多喜二の名前をあげることができるでしょう。

公明党さん 平和の党 という看板を掲げるのであれば、本当に「共謀罪」いいのですかと問たいと思います。

これだけ、多くの人達が心配の声を上げた法案です。現実に使うことを許してはならない。
「この法案が自分に適用されたらどうしょう」と考える人もいるかもしれません。

しかし、恐ることはないありません! 平和を願う、民主主義を願うひとが一緒に共謀すればいいのです。何百万人の人達が共謀して、民主主義、立憲主義を守れの声を上げ、立ち向かえばどうなるでしょう。答えは い希となるのではないでしょうか。みんなで共謀すれば怖くない 

私は平和を守る為に「共謀」することを、本日ここに宣言します。安倍政権に宣言します。

一緒に「共謀」しましょう。

 
記  日本共産党市議会議員 石田としはる




6月23日告示 7月2日投票で 都議会議員選挙があります。
皆さん、平和暮らしをまもるために「共謀」しましょう。













2017.06.17 08:38:33

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

済生会栗橋病院移転はいかに 地域医療をテーマにシンポ 栗橋文化会館イリスにて

栗橋文化会館 イリス にて 地域医療をテーマにシンポ開催!
2017年6月18日 栗橋文化会館 イリスにて 13時受付
  利根地域の医療・介護・福祉を良くする会主催

久喜市の地域医療が揺らいでいます。
JA農協が経営していた久喜総合病院が破綻し、一般社団方針「巨樹の会」、民間病院に譲渡されたニュースに驚いたのは、2016年の1月、そして4月には、この動くに呼応するかのように、「済生会栗橋病院が、加須市に一部機能を移転する方向で検討する覚え書き」との報道がされました。
 医師不足が背景にあり、病院の経営にも影響を及ぼしています。このような久喜市の中核病院の動きの中で、市民のいのちと健康を守るために、久喜市の対応はどうあるべきか。議会の対応はどのような動きをしているのか。市民はなにをすべきか。
市民の思いを語り合う、シンポジュウムが開催されます。是非いらしてください。

 パネリストに済生会栗橋病院の存置存続を求める市民会議の事務局長  梅澤佳一さんが登壇していただきます。その他議会や医師会の方など参加を要請中です。

是非多くの皆さんがお出かけください。

石田としはる 記

2017.06.06 10:20:10

テーマ:石田としはる よりそい日記/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

団ニュースno.130 久喜地域デマンド交通実証実験 一般質問8日・12~14日

団ニユースno.130  デマンドバス 久喜地区の実証実験はどんなもの


これまでのデマンド交通とは大違い 新たな交通システム

5月15日、第1回目の久喜市地域公共交通会議が開かれました。これまで日本共産党久喜市議団では議会で、「エリアを越えての運行」や「市境を超えての運行」などデマンドバスをもっと便利な交通手段にと提案をしてきました。
しかし、
今回の会議では「久喜地区内でのデマンドバスの実証実験」案の内容は「タクシー料金の半額補助」というもので、従来のデマンドバスとは制度が異なるものでした。

あなたはどのように受け止めますか

一般質問 8日から始まり12日~14日まで 24人が質問します。

傍聴お待ちしています。

2017.06.04 21:50:46

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

安倍暴走政治ストップ!!

          埼玉から政治を変えよう!

     北浦和公園へ13200人!!!

      6・4オール埼玉総行動!!    

 
      
      (埼玉うたごえ協議会・埼玉のうたごえ9条の会の皆さん)

 今日6月4日安保関連法廃止!立憲主義を取り戻す!
6・4オール埼玉総行動が北浦和公園で開催されました。

 私もスタッフとして現地に7時40分に到着。参加者を迎えました。

天候にも恵まれ、午前11時過ぎには13200人の参加者です。
        小池書記局長連帯あいさつ!!  

 
進む野党共闘を受け、民進党枝野議員、社民党福島議員、
そして共産党からは小池書記局長が参加し、皆さん力強い連帯のあいさつです。           

       
       (小池書記局長13000人の参加者に連帯のあいさつ)

吉岡実紀さんにより読み上げられたアピール文が採択されました。

アピール概要
 本日6月4日、私たちは「安保関連法の阻止」と「立憲主義を取り戻そう」との
県民の声と運動を結集し、オール埼玉総行動を開催しました。
 安倍暴走政治に対して、新しい政治を求める市民と野党の共同のたたかいは、
県内各地で、また全国で広がり、総選挙で安倍政権を退陣に追い込むことをめざす
大きな流れになろうとしています。
埼玉から流れを変えることを宣言します。

                 
           (コールにあわせて意思表示です)

 白田真希さんのコールに合わせてみなさん「戦争をさせない」「9条こわすな」の大合唱です。その後は浦和駅コースと与野駅コースに分かれてのデモ行進が出発しました。今日の集会を力にして、総選挙勝利、安倍自公政権退陣を実現させましょう。
                
                 へいま益美記

2017.06.04 18:54:05

テーマ:へいま益美 元気じるし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲