<<前のページ1234567891011次のページ>>

新久喜 2019年5月号 no.31 消費税増税ストップ 安倍9条改憲ノー

2019年 5・6月号 no.31  

こんにちは
 私たちのくらしがかかった大切な選挙が間近に迫っています。
 日本共産党久喜市委員会が発行する地域新聞 是非お読みください。
 2ページあります。

消費税増税ストップ 安倍9条改憲ノー  
間近に迫った参議院選挙 くらしに希望を
野党と市民団体の共闘 日本共産党の躍進で 政治の転換を 

 ご意見や 日本共産党に対する疑問など およせください。



2019.05.15 15:50:28

テーマ:新久喜・地域新聞/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

市議団ニュースno.157 2019年度予算の前進面 市民の願い掲げてのとりくみは

団ニュースno.157    市民の願いかかげて粘り強く

◆新生児の聴覚検査に市の助成
◆給食費第3子無償化始まる

意見書提出
国民健康保険に対する国庫負担の拡充を求める意見書
提出者 日本共産党久喜市議団

沖縄県名護市辺野古における米軍新基地建設の中止を求める意見書
提出者 川 辺 美 信・石 田 利 春  共同提案

 ご意見お待ちしています。






 



 


 

2019.05.09 20:51:36

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

稲作は、縄文時代からやっていた!


田植えは順調!だが・・
 連休前から、市内各所で田植えが行われている。この時期は、一般車よりもトラクターや田植え機の方が優先して道路を走る。そして 苗を植え終わった田んぼの上をツバメが飛び交い、鴨が泳ぎ回っている。

 長い間、見慣れた光景ではあるが、農家の方に話をに聞いてみると、決して穏やかではない。曰く、「いままでは、苗床を自分で作ってきたが、今年は農協から高い苗を買って植えている。1枚が千円から1800円もする苗が、1反あたり20枚は必要。米が7俵とれても10万円にはならない。
そこから払う肥料代や、手間暇考えると、儲けにはならないよ。俺の代でもう終わりだよ。」(去年もたしか、同じことを言っていた)

 どこでも聞く話ではなかろうか。農家は「1俵4~5万ならないと誰もやらない。」という。

 農業を続けるには、稲作農家に最低額の保障と、買い支えを国がしっかりやるしかない。世界の先進国は、どこも農業を大事にしているというのに、この国はどうなっているのか。  杉野 記(先祖は小作)


2019.05.09 16:38:54

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

5月3日 憲法記念日 安倍改憲ノー 9条守れ 憲法を生かすことこそ

2019年 5月3日 憲法記念日です。 
東京では「平和といのちと人権を! 許すな 安倍改憲発議 5.3憲法集会」が、有明防災公園で開催されました。


平和を願う思いで多くの方が参加し、会場は人の波で埋まりました。

地元栗橋地域で、憲法守ろうと街頭宣伝もさせていただきました。

今日は5月3日 憲法記念日です。施工されてから72年目を迎えました。



広島・長崎に原爆が投下され、310万人以上の日本人、2000万人以上の命が奪われた反省の上に、こんな人間同士が争う戦争だけは二度と起こさないという思いの中で施工された憲法です。この誓いを、戦争体験した人も、戦争を体験しない世代も、改めて心にきざむ日だと思います。



 



安倍総理は、今の平和憲法をなし崩しにする、安保法制を強行し、憲法に「自衛隊」を書き加えたいと表明し、憲法を変える日程まで発言しています。



しかも、安倍総理が憲法に書き込もうとしている自衛隊の姿は、災害救助で頑張っている自衛隊、専守防衛の自衛隊ではありません。 



集団的自衛権を行使する自衛隊、海外の戦争にいつでも、どこへでも出かけて戦争できる自衛隊にしたいのです。今年度予算では、とうとう、海外の攻め込む戦闘機、F35 や、それを載せる 空母を作る予算まで決定してしまいました。



 若い自衛隊員の皆さんを海外の戦場に送り出すわけにはいきません。



戦後、ベトナム戦争やイラク戦争など、アメリカが起こした戦争に巻き込まれようとした時、それを防ぎ、戦後72年間 一度も海外で一人の外国人も殺さず、一人の自衛隊員も殺されませんでした。それは、憲法があったからこそです。憲法が 平和を守って来たと言えるのではないでしょうか。



 



戦争放棄を唱えた憲法9条は、ますます、輝きを増し、世界のお手本、世界の宝と言われています。こんないいもの、捨てることはありません。変えることありません。大事に 大切に ますます活かすときです。立場の違いを超えて ごいっしょに平和な日本、平和な世界をつくりましょう。



石田 記

 



 



 


2019.05.03 21:30:26

テーマ:戦争法案・原発・消費税増税・TPP / コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニユースno.156 3月議会 2019年度予算審議・ごみ処理場広域化断念 など 

団ニユース no.156 2019年3月議会 


2019年度予算 梅田市長2年目を迎え、梅田市長が掲げた公約の本格的予算。日本共産党久喜市議団は市民くらし優先の市政をめざし、質疑にのぞみました。

 主な内容について報告しています。

◆代表質問 質問・答弁
◆ごみ処理施設の広域化 断念を決断
◆市が売却した土地から、産業廃棄物などが出て来たことから、賠償金を支払うことに。
◆消費税増税を見込んで、条例改正が提出され市民の負担増に

市民のくらし優先の市政運営を進める視点から、予算の修正案を提出
 ◆国保税・介護保険料の引き下げ
 ◆水道使用料、基本料の引き下げ
 ◆子育て支援 学校給食費の無料化 18歳までの医療費無料化など

これまで提案して来た、学校給食の無料化で、第3子の給食費無料化が2019年4月から実施されることになりました。日本共産党久喜市議団が、子育て支援を積極的に進めることが重要との立場から一貫して提起して来た、学校給食費の無料化、一歩前進です。

 皆さんのご意見およせください。

2019.04.26 08:45:16

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲