<<前のページ1234567891011次のページ>>

後援会の皆さんと!!

小雨の中、後援会の皆さんと国会を見学し、築地市場、本願寺散策の後、巣鴨地蔵と、六義園を散策してきました。国会案内は、塩川議員の秘書の方にしていただきました。ありがとうございました。
  
       (写真を撮る頃は雨も上がっていました。皆さん笑顔です)
 
 (今、時の人田村議員と) (衆議院本会議場の様子です)

 偶然にも田村議員と国会わきの道で会いました。
明日、桜問題で質問するので、これから準備に行くという事でした。
記念写真をパチリです。

築地市場での昼食ですが、時間が早かったので、本願寺を見学です。
中では結婚式が行われていました。昼食後は六義園と、巣鴨地蔵です。
それぞれ希望のコースに行きます。私は六義園散策に行きました。
    
   (築地本願寺をパチリ)       (六義園の入り口です)


         (ところどころ紅葉をしていました)

 以前10数年駒込の駅前に住んでいましたので、よく行ったところです。
お土産に駒込駅前の洋菓子屋さん「アルプス」のシュークリームを買って帰る予定でしたが、残念ながら閉店していました。

皆さん今日は楽しい一日をありがとうございました。

明日から11月議会が始まりますが、皆さんから力を頂きました。

          へいま益美記

2019.11.24 18:22:01

テーマ:へいま益美 元気じるし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

団ニュース164号 台風19号の経験を生かすことが・・ アンケート実施中

団ニユース NO.164  アンケート実施中


台風19号によって出された「避難勧告」は深夜の2時、暴風雨が吹き荒れる最悪の条件の中で出されたと言えます。水害による犠牲者を出さない、実効性のある対策を準備することが求められています。
アンケート実施中 ご協力を


議員団は、皆さんが体験された生の声をいただき、「犠牲者ゼロ」の水害対策を構築するためアンケートを実施しています。皆さんのご協力をお願い致します。

1026日、久喜市女性議会が開かれました。久喜市では、「子ども議会」と毎年隔年で開催しています。議会を身近に感じ、行政に関心を持って貰う良い機会になっています。




2019.11.17 09:04:22

テーマ:市議団ニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

台風19号 避難勧告を受け 緊急市民アンケート実施 

緊急市民アンケート あなたは・・ ここをクリックして開いてください・




台風19号によって出された「避難勧告」は深夜の2時、暴風雨が吹き荒れる最悪の条件の中でで出されたと言えます。多くの問題と課題が明らかになりつつあります。
地球温暖化が進む中、台風19号のような規模を持った台風が、近いうちにまた襲って来る可能性が高いと、多くの方が語っています。


水害による犠牲者を出さない、実効性のある対策を準備することが求められています。議員団は、皆さんが体験された生の声をいただき、「犠牲者ゼロ」の水害対策を構築するためアンケートを実施しています。皆さんのご協力をお願い致します。

日本共産党久喜市議団


2019.11.10 21:05:24

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

悲しんでばかりいられないが

首里城炎上!なぜ?
 私は、勝手に沖縄を「第2の故郷」と思っている。以前勤めていた会社にウチナンチューが大勢いて、いま、友達は20人くらいいる。当時、気の良い人が多く、警戒心が不足している感じがして
「玄関の鍵くらいしたほうがいいよ」とよく言ったものだ。(カギをしないウチナンチュが多い)
沖縄に帰省すると3日3晩飲み明かすと言っていた。 今でも本土に来るときは何人かで泊まりに来てくれる。石垣の友人(ビギンの友達)などは「台湾が見えるんだよ」という。ウチナンチュやアイヌの人には縄文の血が流れているという。自分は先住民を追いやった好戦的な弥生系の末裔かなと、若い時は、恥ずかしかった。


 私の学生時代は「沖縄返還運動」の真ん中にいた。当時のスローガンは「核も基地もない沖縄を」であった。それは達成できたのか、いや、逆である。核兵器を搭載した戦闘機、艦船が我が物顔に今も日本を、沖縄を「占領している」。辺野古が造られ、普天間は永久に残るのではないか、と私は心配する。日本中の在日米軍基地の維持のため、毎年、7800億円が使われている。

 翁長さんを始め、沖縄の保守も革新も「もうだまされないぞ」と頑張ってきた。
 そんな沖縄、いつも本土の犠牲にされてきた沖縄の「心のシンボル」であった首里城が燃えてしまった。悲しくて沖縄のみんなに電話もできなかった。(次回に) 杉野 記

2019.11.10 18:03:37

テーマ:杉野 おさむ かけあし日記/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

自衛官募集で自治体へのアンケートを実施 久喜市の対応は 日本平和委員会

2019年11月6日 日本平和委員会と日本共産党議員団で、自衛官の募集に伴う情報提供について懇談させていただきました。



埼玉県では63自治体中、60自治体からアンケートの回答が寄せられ、58の自治体が住民基本台帳の閲覧を認めています。
久喜市は、閲覧のみの対応をしているとのことでした。

自衛隊が自衛官募集にあたっては、「災害救助」「各種資格が取得できる」など自衛隊の本質は伏せたまま、良いこといっぱいの自衛隊として、募集しています。

自衛隊は、安保法制が出来た今、海外の戦闘にも出かけ、命を落とす危険な任務です。
「かっこいい」という誤解を与え、誤解のまま、自衛官となり、戦闘地域に行く機会を久喜市がつくるとなれば、悲しいことです。 慎重に進めてほしい。

 情報提供にあたっては、個人情報の保護の観点も大切です。

久喜市の職員のみなさんと、現状について懇談できたことは、とてもよかったと思います。

21世紀は、もめごとがあっても「武力」でなく、「話し合い」によって解決する。人間と人間が、武器をもって殺し合う時代は、終わりにすべきです。

なんの武装もしない国が、世界では沢山あります。そんな国が、武力によって侵略されているでしょうか。
何千億、いや、何兆円ものお金が軍事費に使われています。この財源が、人間を救うために使われれば 「ユニセフ」にまわされれば、どんなに良いか。

 日本は自衛官になる人がいません。 戦争放棄した憲法9条を持っ国だから。・・
日本が今、つくるべきは「災害救助隊」ではないでしょうか。

石田としはる 記







2019.11.06 15:53:01

テーマ:議会の動き・久喜市のホットニュース/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲